RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(1)Crazy Rich Asians

2(2)The Meg

3(-)The Happytime Murders

4(4)Mission Impossible Fallout

5(6)Disney's Christopher Robin

6(3)Mile 22

7(5)Alpha

8(7)BlacKKKlansman

9(-)A.X.L

10(8)Slender Man

 

 

こないだタイトルのことで話題にした「Crazy Rich Asians」が2週目も1位。来週9月1週目はアメリカで興行が最も渋い日なので、3週目の1位もありえますね、これは。

 

3位初登場は「The Happytime Murders」。これはマペットと人間が共存する世界で、殺人犯を捜索するという、なんともシュールな話です。マペットの相手の探偵がメリッサ・マッカーシーが演じています。

 

 これなんですが、もう評判が最悪です。Metacriticで27点、Rottentomatoesで22点。これはラジー、かなり狙えそうな感じがします。

 

9位初登場は「A.X.L」。これは未来世界における、ティーンエイジの人間の少年と、最新テクノロジーで作られた犬とのアドベンチャーとのこと。・・今週、どうしたの、これ??

 

これも評判は散々です。Metacriticで31点、Rottentomatoesで30点。毎年、この8月下旬から9月1週目のレイバーデイ・ウィークは本当に映画、ダメです。

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 19:14
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

すみません。書き上げる前に爆睡してました。行きましょう。全米映画興行成績です。

 

 

 

1(-)Crazy Rich Asians

2(1)The Meg

3(-)Mile 22

4(-)Alpha

5(2)Mission Impossible Fallout

6(3)Disney's Christopher Robin

7(5)BlacKKKlansman

8(4)Slender Man

9(9)Hotel Transylvania 3 Summer Vacation

10(7)Ant Man And The WASP

 

 

初登場で1位は「Crazy Rich Asians」。これは一つの金字塔ですね。ハリウッド政策による、初のひぼオール・アジア系キャストの出演した映画が、初めて全米映画興行成績で1位になったんですよ!これはすごいことです。

 

 

これ、もともとは有名な小説の映画化なんですが、映画化にあたり「アメリカの白人に設定を変えてみては」という打診まであったところを原作者が突っぱねて頑張った結果、配給側の「売れない」という懸念を覆して、2500万ドルのデビューとなりました。素晴らしいことです。

 

これ、評判もかなりいいですね。Metacriticで74点、Rottentomatoesで93点。これは僕もかなり見たい映画です。ここで、ちょっと今週トピックにしたいと思ってます。ただ、日本の方がブラジルよりも公開早いんだよね、悔しいことに。

 

3位初登場は「Mile 22」。これはリア・カーペンターという女性の作家が書いた小説んぼ映画化で、マーク・ウォールバーグ主演のアクション・スリラーですね。ロシアのシークレット・エージェント絡みの映画だとか。

 

ただ、評判はかなり悪いです。Metacriticで40点、Rottentomatoesで20点。

 

4位初登場は「Alpha」。これは2万年前の原始時代の物語で、少年のヒーローを描いたお話。主演のコディ・スミット・マクフォーですが、彼ももう20歳超えたんですね。

 

これ、評判、なかなかみたいですよ。Metacriticで62点、Rottentomatoesで84点。ちょっと見たくなってきました。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 10:32
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

今週は、今週も、かな、大きな企画、やりますが、その前に全米映画興行成績。

 

 

 

1(1)The Meg

2(1)Mission Impossible Fallout

3(2)Disney's Christopher Robin

4(-)Slender Man

5(-)BlacKKKlansman

6(3)The Spy Who Dumped Me

7(4)Mama Mia! He We Go Again!

8(5)The Equalizer 2

9(6)Hotel Transylvania 3 Summer Vacation

10(7)Ant Man And The WASP

 

 

初登場1位は、「The Meg」。これは、かの「ジョーズ」よりも大きいとされるサメによるディズアスター映画で、主演はジェイソン・ステイタムです。そのサメのデカさが話題になりまして、公開週の数末で4000万ドルを稼ぎました。

 

これ、僕のとこでも始まっているんですが、「なんか、今ひとつ、背中押されないんだよなあ」という予感がしてたら、評判は案の定、よくありません。Metacriticで46点、Rottentomatoesで49点。日本でも9月には「MEG ザ・モンスター」の名前で公開されるようですが、僕のとこでのレヴューは多分ないと思います。

 

 

4位初登場は「Slender Man」。これはスーパーナチュラル・ホラーのようなんですが、なんか、ネットのミームから生まれたキャラクターなんですってね。ウィキ見て知りました。

 

 

これはジョーイ・キングという、今、売り出し中のティーンの可愛い女の子が主演の低予算映画でもありますが、評判はかなり悪いです。Metacriticで28点、Rottentomatoesで13点。ラジーの対象ですね。

 

 

 そして、5位初登場。これは僕はすごく楽しみにしている映画です。「BlacKKKlansman」。監督はかのスパイク・リーで、彼が久々に黒人の人種問題を扱ったことで話題の映画。すでに今年のカンヌの”第2位”に相当するグランプリを獲得した映画です。

 

 

 僕もトレイラーなんかを見たところ、久々に「これぞSPIKE LEE JOINT!」という感じのブラック・ジョーク炸裂な感じがして期待が持てるのですが、評判はすこぶる良いです。Metacriticで82点、Rottentomatoesで97点。僕のとこでは11月まで見れないようなんですが、これはすごく楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 20:37
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

ここ最近、毎週のペースでヒット映画のレヴューしてますね。しかもわりといいのが多いという。今年の夏は映画、当たりかもな。

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(1)Mission Impossible Fallout

2(-)Disney's Christopher Robin

3(-)The Spy Who Dumped Me

4(2)Mama Mia! He We Go Again!

5(3)The Equalizer 2

6(4)Hotel Transylvania 3 Summer Vacation

7(6)Ant Man And The WASP

8(-)The Darkest Minds

9(7)Incredibles 2

10(5)Teen Titans Go! to The Movie

 

 

先週に引き続いて「ミッション・インポッシブル フォールアウト」が1位です。これ、本当にいいですもんね。

 

 

初登場2位は、「Disney's Christopher Robin」。これは「クマのプーさん」ですね。そのお友達のクリストファー・ロビンの側から描いたディズニー映画です。しかも、子供のはずのクリストファーが疲れた大人になった姿を演じていまして、その役をユワン・マクレガーが演じています。

 

数字はよく2400万ドルですが、批評はまあまあといった感じですね。Metacriticで59点、Rottentomatoesで69点。僕のとこでは再来週公開されます。

 

8位初登場は「The Darkest Minds」。これはYAのディストピアものですね。ウィルスの感染の結果、生き残った少年少女の物語で、主演は今、黒人の青春スターでは人気ですね。アマンドラ・ステンバーグが演じています。あの「ハンガーゲーム」の1作目で子供だった子ですが、今年の10月で20歳なんですね!

 

これですが、「ちょっと、この路線も賞味期限切れかな」とも思ったのですが、やはりそのようでしてMetacriticで38点、Rottentomatoesで18点と、ラジーのノミネートに手が届きそうな結果になってしまいました。

 

 

 

3位はコメディ「The Spy Who Dumped Me」。これは女性版のバディ・コメディですね。これは仲良し2人組のミラ・クニスとケイト・マッキノンの2人が、かつての恋人がCIAのエージェントになったことから巻き込まれるドタバタ劇。ミラも最近コメディ専門で、ケイトはSNLのエースですからいつか実現しそうな組み合わせだとは思ってはいましたけどね。

 

ただ評判は今ひとつです。Metacriticで51点、Rottentomatoesで39点。これも3週間くらいしたらこっちでは公開です。ちょっと中身薄そうなのが気になりますね。2人とも好きな女優さんなんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:49
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(-)Mission Impossible Fallout

2(2)Mama Mia! He We Go Again!

3(1)The Equalizer 2

4(3)Hotel Transylvania 3 Summer Vacation

5(-)Teen Titans Go! to The Movie

6(4)Ant Man And The WASP

7(5)Incredibles 2

8(7)Jurassic World Fallen Kingdom

9(6)Skyscraper

10(8)The First Purge

 

初登場で1位は「ミッション・インポッシブル」の第6弾、「フォールアウト」です。

 

このシリーズ、面白いもので、シリーズが始まった当初よりも今の方が人気も評判も断然上でして、今回、これが最初の週末で6000万ドルという、同作史上最高のヒットになっています。

 

 で、評判がこれ、凄まじいんです。Metacriticで86点、Rottentomatoesで97点ですよ!これ、僕ももう見てます。早ければ、この次の投稿でレヴューしようかと思っています。

 

5位の「Teen Titans Go! To The Movie」は、これはですね、カートゥーン・ネットワークという子供向けのチャンネルがありまして、そこで今、すっごい人気のアニメがこれです。それの映画版です。うちのトムが毎日のように見てて、当然、これも「連れてけ」と言われています(笑)。

 

 そして、この映画版、評判がかなりいいんです!Metacriticで70点、Rottentomatoesで90点!こちらでは8月下旬の公開です。こういう映画知れるのは、子供持ってる親の強みでもあります(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:41
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

 昨日、やっと「犬ケ島」、見ましたよ。ウェス・アンダーソンの。

 

 いやあ、すごい映画でしたね。「江戸時代」と「大日本帝国」と黒澤明と「アキラ」の融合(笑)!そこに、いつもの彼らしいほのぼのした、子供でも入りやすい、可愛らしいコミカルな寓話が展開されているのが印象的でしたね。うちの2歳のリーナも「So cute(かわいい)!」を映画の間、連発してましたからね。6歳になるトムも、最近、日本のことに興味を持ってき始めたこともあって、すごく興味津々でしたね。彼らが普段見ているアニメの世界とはまるで違うんだけど(笑)、そのいい意味での違和感が彼らの記憶の中に強いインパクトとともに残るようだと、映画の趣味、すごく良くなる気がします。

 

 

あと、あの近未来的な廃墟のイメージで、クロサワの「どですかでん」、見たくなりましたね。ウェス、あれはかなり意図的にオマージュしたらしいんですけどね。クロサワ映画の中で、あれだけ極端に作風浮いてたので、 他のはほとんど見てるのにあれだけ見てなかったんですよねえ。すごく見たくなりましたね。

 

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

 

1(-)The Equalizer 2

2(-)Mama Mia! He We Go Again!

3(1)Hotel Transylvania 3 Summer Vacation

4(2)Ant Man And The WASP

5(4)Incredibles 2

6(5)Jurassic World Fallen Kingdom

7(3)Skyscraper

8(6)The First Purge

9(-)Unfriended  Dark Web

10(7)Sorry To Bother You

 

 

初登場で1位は「The Equlizer 2」。デンゼル・ワシントン主演のサスペンスで、2014年の1作目に続く第2弾ですね。元CIAの凄腕エージェントなのに今はその素性を隠して平穏な生活を送っているデンゼル扮する初老の男が、怪事件とともに本能が覚醒する、というタイプの映画です。

 

これ、人気あるんですね。1週目で3500万ドル稼いでますからね。

 

ただ、評判の方は微妙ですね。Metacriticで50点、Rottentomatoesで51点。デンゼル、大好きなんですけど、これだとどうかなあ。

 

2位初登場は「マンマ・ミーア」の続編ですね。前作から待つこと10年での復活です。

 

今回はメリル・ストリープ扮するドナが、いかにして、娘ソフィーの父親と思しき男性に70年代に出会ったかをフラッシュバックした内容で、若き日のドナ役をリリー・ジェイムスが演じてます。個人的にこれ、すごく楽しみなんですよね。

 

これも人気で3400万ドルのデビュー。評判もそこそこですね。Metacriticで60点、Rottentomatoesで79点。日本は8/24の公開ですね。僕のとこは再来週のはずなので、見たらレビューしますね。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:05
comments(0), trackbacks(0), - -