RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

では、遅くなりましたが、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(1)The Guardians Of The Galaxy Vol.2

2(-)Snatched

3(-)King Arthur Legend Of The Sword

4(2)The Fate Of The Furious

5(3)The Boss Baby 

6(5)The Beauty And The Beast

7(4)How To Be A Latin Lover

8(-)Lowriders

9(6)The Circle

10(7)Baahubali 2

 

今週も「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」が6000万ドル台と圧倒的に強かったですね。

 

2位初登場はエイミー・シューマー主演のコメディ「Snatched」。エイミーは日本でも「Traniwreck」が「エイミー・エイミー・エイミー」なる謎なタイトルで公開されて多少知名度上がったという話を耳にしてますが、彼女の主演映画2本目は、かの70〜80sの人気コメディ女優ゴールディ・ホーンを母親にした親子の犯罪コメディ。監督は「50・50」を監督したジョナサン・レヴィーンです。

 

 

 僕もエイミー、ゴールディは大好きで、ジョナサン・レヴィーンも期待の監督なんですが、あがってくるトレイラーがタダのドタバタでいや〜な予感がしてたんですが、それはそのままあたりました。評判はハッキリ言ってよくないです。メタクリティックで46点、ロットントマトーズで36点。このところ、評判はずっと良いままだったエイミーですが、ビターな瞬間は来ましたね。

 

 

3位初登場は「キング・アーサー」。イギリスでのアーサー王の話は、必ずファンタジー系のナードがついて人気なものですが、今回それに挑戦したのはガイ・リッチーでした。主演はチャーリー・ハナム。本当は「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のクリスチャン・グレイを演じるはずだったところを拒否した人として知名度があがってますね。

 

 ただ、この映画も評判はよくありません。メタクリティックで41点、ロットンで27点です。

 

 

8位初登場は「Lowriders」。これはローライダーのレースにかけるメシキコ系アメリカ人の親子の話です。オスカーの主演男優賞にもノミネート経験のあるデミアン・ビシルが演じています。

 

批評的にはロットントマトーズの記録しかないのですが、57点とまあまあのところを見せています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:59
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

では全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(-)The Guardians Of The Galaxy Vol.2

2(1)The Fate Of The Furious

3(4)The Boss Baby 

4(2)How To Be A Latin Lover

5(6)The Beauty And The Beast

6(5)The Circle

7(3)Baahubali 2

8(9)Gifted

9(7)Going In Style

10(8)Smurfs The Lost Village


 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 21:38
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー2」、見て来ました。レヴューしますね。

 

では、月曜恒例、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

 

1(1)The Fate Of The Furious

2(-)How To Be A Latin Lover

3(-)Baahubali 2

4(-)The Circle

 

5(2)The Boss Baby 

6(3)The Beauty And The Beast

7(5)Going In Style

8(5)Smurfs The Lost Village

9(8)Gifted

10(7)Unforgettable

 

 

ワイスピ8、相変わらず強いですね。

 

 

初登場2位は、これが意外な作品です。これは、アメリカ制作ではありますが、内容はおもいきりラティーノです。「How To Be A Latino Lover」。これ、主演の男優さんがメキシコですごい有名な人で共演もサルマ・ハエックということでメキシコもののコメディっぽいんですが、ドラマの場所が僕もいまひとつわかっていません。

 

 

だけど、こういう作品が今アメリカで興行2位になるほど、アメリカ合衆国内でのラティーノ人口、多いんだな、とは思いましたけどね。

 

これですが、評価はまあまあです。メタクリティック、ロットントマトーズ共に53点。ただ、インターナショナルな展開はちょっとまだ難しいかもしれませんね。

 

 

3位初登場は、これも非常に意外な作品です。「バアフバリ2」。これは、インドでは前作が興行の記録作った位に大ヒットした、ファンタジー・アソヴェンチャー映画とのことですが、それの続編ですね。この全米映画興行成績でもこの数年、年に何作かボリウッドがトップ10にランクされることが増えて来てましたが、ここまで順位高かったのは記憶にないですね。本当にこの国でのインド移民の増加も顕著だと思わされます。

 

 

 これ、メタクリ、ロットン共にノーマークだったみたいで得点がないんですけど、ウィキペディアによると、インドの新聞ではいいレヴューがついていたようですよ。

 

 

この2つに押されて、トム・ハンクスとエマ・ワトソンの新作が4位に終わると言う、非常に意外な結果に終わりました。この「ザ・サークル」はコンピューター犯罪のスリラーもののようで、このほかに「スター・ウォーズ」のフィンで有名になったジョン・ボエガも出てるようですね。

 

 

ただ、これ、レヴューが非常にしょっぱいんです。メタクリ43点、ロットンに至っては17点。展開によってはラジーのノミネートもありえる、うまくいかなかった映画っぽいですね。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 06:12
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

先週はちょっと忙しかったですね。

 

 

来週から休暇なので、そこまではバタつきそうですが、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(1)The Fate Of The Furious

2(2)The Boss Baby 

3(3)The Beauty And The Beast

4(-)Born In China

5(5)Going In Style

6(4)Smurfs The Lost Village

7(-)Unforgettable

8(6)Gifted

9(-)The Promise

 

10(28)The Lost City Of Z

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 19:27
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

3連休だったんですけど、イースターで家族サービスしてたら結構忙しかったですね。

 

 

では、手短に行きます。月曜恒例、全米映画興行成績。

 

 

 

1(-)The Fate Of The Furious

2(1)The Boss Baby 

3(2)The Beauty And The Beast

4(3)Smurfs The Lost Village

5(4)Going In Style

6(16)Gifted

7(8)Get Out

8(6)Power Rangers

9(10)The Case For Christ

10(7)Kong;Skull Island

 

 

初登場で1位は、”ワイスピ”こと、「ワイルド・スピード」の第8弾です。

 

 

前作が「ブライアン」こと、ポール・ウォーカーの遺作で、興行もグッとあがったことで、正直、これで終わるのかと思いきや、まだ続けて来ましたね。まあ、キャラがまだいると言えばいるんですけどねえ。今回はブライアンを失ったドミニクことヴィン・ディーゼルを中心に問題が起こるような話のようですね。

 

 

今回も前作の勢いを引き継いで、興収が1億ドルを突破しているのは見事です。まあ、バジェットに2億5000万ドルつぎこんでいるわけだから、それくらいは儲けないといけないのかもしれませんが。

 

 

ただ、評判はもうひとつですね。メタクリティックで56点、ロットントマトーズで64点。前2作の評判から考えると、だいぶ落ちましたね。やっぱり、もう、悲劇の要素が使えませんからね。

 

 

そして拡大公開で6位に入って来たのが「Gifted」という映画。これは、7歳の天才少女が主人公の、ちょっとコメディっぽい話なんですが、その父親がわりのおじさんの役を、あの「キャプテン・アメリカ」のクリス・エヴァンスが演じていると言う異色作です。このときに彼がつきあっていた、元「サタディ・ナイト・ライヴ」でも出ていたコメディエンヌ、ジェニー・スレイトも主要な役で出演しています。

 

 

これ、監督も「500日のサマー」のマーク・ウェブで、インディの面白い作品的な期待のされ方もしているのですが、評判はまあまあですね。メタクリティックで60点、ロットントマトーズで65点ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 11:55
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

今週も3本、映画館で映画見てるんですよね。2本はここでレヴューしようと思います。もう1本は「トレインスポッティング2」で、日本でも公開してますよね?まあ、前作と基本線は同じでしたけど,楽しかったですね。

 

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(1)The Boss Baby 

2(2)The Beauty And The Beast

3(-)Smurfs The Lost Village

4(-)Going In Style

5(3)Ghost In The Shell

6(4)Power Rangers

7(5)Kong;Skull Island

8(6)Logan

9(7)Get Out

10(-)The Case For Christ

 

 

上位2作、変わりません。「Boss Baby」が1位です。実はこれ、日曜に見ました。意外に良かったんですよ、これ!

 

 

3位は「スマーフ」の新作が入ってきました。2011、2013と続いてこれが3作目です。これ、いつの間にか声優が変わってて今回、主役、デミ・ロバートなんですってね。しかも、実写キャラのニール・パトリック・ハリスはどこへ?

 

 

レヴューは一貫して悪いシリーズですが、メタクリティック、ロットントマトーズで共に40点。ただ、僕、これ、来週見そうなんですよねえ。小さな子供がいると、こういうこともしなくてはいけません(笑)。

 

 

4位初登場は「Going In Style」。これは、かの「ガーデン・ステート」であてた、ザック・ブラフの久々の監督作ですね。まだ若い監督(というか役者なんだけどね)の彼ですが、この映画はモーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンと、3人の大ベテラン俳優がおじいちゃん強盗になる映画です。

 

 3人ともオスカー受賞経験のある大物ですが、こういう老人コメディではそれがいきないか、評判は今ひとつ。メタクリティックで50点、ロットントマトーズで44点です。

 

 

 10位初登場は「The Case For Christ」。これはクリスチャン映画で有名な人もでていません。妻との関係に悩む男が、キリスト教にこれまでとは違った形でアプローチをして行く話のようですね。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 10:25
comments(0), trackbacks(0), - -