RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

どうも。

 

ハロウィン、近づいてきましたね。そろそろ、「ストレンジャー・シングス」、見なきゃいけないタイミングですけどね。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Rockstar/Post Mallone feat 21 Savage

2(2)Havana/Camilo Cabello feat Young Thug

3(9)Silence/Marshmello feat Khalid

4(4)Lonely Together/AVIICI feat Rita Ora

5(3)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

6(6)Dusk Till Dawn/Zayn feat Sia

7(11)Perfect/Ed Sheeran

8(10)Finders Keepers/Mabel feat Kojo Fun

9(5)Reggaeton Lento/CNCO feat Little Mix

10(8)Mi Gente/J Balvin feat Willy William

 

あんまり大きな動き、ないですね。トップ10入りはエド・シーランのみ。もうイギリスだと、彼がアルバム発売時に作ったような独占記録はもう生まれません。対象、アルバムから3曲に限定されましたのでね。

 

では、早いですが、アルバムに行きましょう。

 

ALBUMS

1(Re)Listen Without Prejudice/George Michael

2(1)Beautiful Trauma/Pink

3(-)Flicker/Niall Horan

4(2)As You Were/Liam Gallagher

5(4)÷/Ed Sheeran

6(-)7 Days/Krept&Konan

7(-)Glasshouse/Jessie Ware

8(-)7 Nights/Krept&Konan

9(3)Carry Fire/Robert Plant

10(Re)The Queen Is Dead/The Smiths

 

1位はジョージ・マイケル、1990年のアルバム「Listen Without Prejudice」。これは、彼の最新ドキュメンタリーはリリースされるに伴っての動きみたいですね。ちょと、聞いてみましょうか。

 

 

アルバムからの先行シングルはこれでした。全米1位になったんじゃなかったかな。一般には「Freedom90」の方が有名ですけどね。ちょっと久々にアルバム全般、聞いてみたくなりました。いい声だなあ。つくづく思いますよ、ホント。

 

 

 そしてジョージに敗れて3位初登場はワン・ダイレクションのナイル・ホーランのソロ・アルバム。ここからも聞いてみましょう。

 

 

 

 彼はアコースティックのポップ路線・・という風に言われてましたね。

 

 なんか、毒気のないアダルト方面のシンガーソングライター路線、って感じかな。10数年前にアメリカで一発ヒットで売ったようなタイプというかな。1Dという看板名がないと難しいタイプですね。

 

6位と8位にはUKヒップホップのデュオ、クレプト&コナンが2枚のアルバムでランクイン。そして7位初登場はイギリスのR&Bの女性シンガーのジェシー・ウェア。彼女にとっては3枚連続でのアルバム・トップ10になります。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 19:39
comments(1), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

あと3時間ほどしたらU2を見に出かけます。前座はノエル・ギャラガーで、もちろん彼から見ます。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Rockstar/Post Mallone feat 21 Savage

2(2)Havana/Camilo Cabello feat Young Thug

3(3)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

5(7)Reggaeton Lento/CNCO feat Little Mix

6(6)Dusk Till Dawn/Zayn feat Sia

7(9)Hurtin Me/Stefflon Don&French Montana

8(8)Mi Gente/J Balvin feat Willy William

9(17)Silence/Marshmello feat Khalid

10(19)Finders Keepers/Mabel feat Kojo Funds

 

ポスト・マローンが引き続き1位です。

 

9位に入ってきたのはフューチャーベースのDjですね。マーシュメロウ。カリードのフィーチャリングですね。

 

で、10位の人がよくわかっていません。ただ、今週、この9、10位の2曲とも割と好きです。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Beautiful Trauma/Pink

2(1)As You Were/Liam Gallagher

3(-)Carry Fire/Robert Plant

4(3)÷/Ed Sheeran

5(-)Colors/Beck

6(-)Masseducation/St.Vincent

7(5)Concrete And Gold/Foo Fighters

8(4)Wonderful Wonderful/The Killers

9(Re)Ladies And Gentlemen The Best Of/George Michael

10(12)Stoney/Post Malone

 

 

今週大激戦を制したのはピンクでした。彼女に関しては全米チャートで語りましょう。

 

3位初登場はロバート・プラント。こちらを聞いてみましょう。

 

 

 今回のアルバム聞きましたけど、今回も非常に素晴らしいアルバムですね!ここ10数年、彼より一回り若いギタリストのジャスティン・アダムスとのタッグで作るようになっていますけど、彼のフォーク、ブルース、民族音楽もこなせるシャープな切れ味のギターに乗って、後期ツェッペリンをスマートにした含蓄あるストレートなロック路線ですけど、それでくるとわかっていても、やっぱ深い味わいがあるし、曲もいいんですよね。そして、もちろん、それをプラントの衰え知らずの艶やかなハイトーン・ヴォイスが誘うこのフォーメーション。いつ聞いても素晴らしいです。プラントはソロも含めてちゃんと評価されるべき人です。

 

 

5位初登場はベック。アメリカはどのあたりまで行くでしょうか。

 

そして6位にセイント・ヴィンセントが入ってきていますが、これも聞いてみましょう。

 

 

 

あ〜、これね〜。

 

もう、本当に大好きです!!

 

もう、前作からメロメロなんですけど、今回もこれ、カッコいいなああ。これ、絵的に最高なのと、彼女がギターをグウォオオとかき鳴らす瞬間と、無機質なエレクトロ・ファンクビートが交錯する感じは全盛期のプリンスを彼女なりに表現した感じになっていますね。今回、アルバム全体通じてそんな感じなんですよね。プリンス自身も生きて聞いてたら喜んだんじゃないかな、これは。

 

 

 今回のヴィンセントですが、これがイギリスでの自己最高ヒットで、初のトップ10入り。オーストラリアでもトップ20入り。ドイツ、イタリアでも順位こそ高くないけどトップ100に入り、ようやく国際認知が始まったかな、という感じです。今、一番カッコいいロックを聴かせてくれる人の一人なんで、もう少し一般認知、上がって欲しいんですけどね。あと、本国アメリカではどうなるか。

 

 では、U2に行く支度に入ります。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 18:41
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

今日からブラジル、夏時間で1時間、日本と時差が縮まっています。ちょうど半日ずれだったのが11時間になります。なんかこの違和感がいつも気持ちよくないんですよね。あと、変わりたての日は、11時59分からいきなり1時に飛ぶので、なんかいつも損したような気になりますね。

 

 

では、遅れましたが、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(2)Rockstar/Post Mallone feat 21 Savage

2(3)Havana/Camilo Cabello feat Young Thug

3(2)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

4(4)New Rules/Dua Lipa

5(5)Lonely Together/AVIICI feat Rita Ora

6(7)Dusk Till Dawn/Zayn feat Sia

7(6)Reggaeton Lento/CNCO feat Little Mix

8(14)Mi Gente/J Balvin feat Willy William

9(11)Hurtin Me/Stefflon Don&French Montana

10(9)1-800-273-8255/Logic  feat Alessia Cara and Khalid

 

 

ポスト・マローン、2週連続ですね。世界的なヒット曲になりそうな勢いです。

 

8位にはアメリカに続いてイギリスでもビヨンセ効果ありの「ミ・ヘンテ」。

 

9位の曲は最近BBCでよくかかってましたね。女性ラッパーのステフロン・ドンです。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)As You Were/Liam Gallagher

2(-)Wamp To Dem/Giggs

3(4)÷/Ed Sheeran

4(7)Wonderful Wonderful/The Killers

5(6)Concrete And Gold/Foo Fighters

6(-)MTV Unplugged Summer Solstice/Aha

7(-)Heaven Upside Down/Marilyn Manson

8(-)Pinewood Smile/The Darkness

9(-)Raised Under Grey Skies/JP Cooper

10(-)A Different Stage/Jason Manford

 

初登場1位はリアム・ギャラガーがとりました。聞いてみましょう。

 

 

 これくらい分かりやすくオアシスやってくれると嬉しい人も少なくないでしょうね。この人の場合は、「進歩がない」と言われようが「らしい曲」を歌った方が結果がいいんですよね。

 

 ただ、アルバムはちょっと長かったかな。もう少し短かく、「らしい曲」だけで攻めまくって良かったと思いますけどね。

 

 このソロ・デビュー作、イギリスでは2〜20位の売上を合計したより売れたそうです!こういう話を聞くと、さすがだなと思いますね。

 

  これ、他の国でも調子いいんですよ。かねてからオアシスが熱狂的に人気のあるイタリアでは4位、オーストラリアでは9位、ドイツで14位、スウェーデンで23位ですからね。期待値がかねてから高かったことをうかがわせます。

 

 2位はブリティッシュ・ラッパーのギグス。ドレイクのアルバムなどにも参加してましたよね。やはり人気あります。

 

 6位はahaのMTVアンプラグド・アルバム。シンセ・ポップの人たちのアンプラグドというのもなんかピンとこないものがありますけどね。

 

 7位はマリリン・マンソンのアルバム。これも聞いてみましょう。

 

 

 すみません。オフィシャルの方がyoutubeから規制受けてます(笑)。彼、僕の一つ年上なんですけど、まあ〜、相変わらずですね(笑)。ここまで芸風一貫できるのもすごいですね。

 

 そういえば、ステージの機材が頭上から落ちてきたのは、一応、大丈夫だったらしいんですけど、どうなんでしょう。

 

 8位にはザ・ダークネスの新作。イギリスではまだ人気ありますね。ここのドラマー、今、クイーンのロジャー・テイラーの息子がやってます。

 

 9位にはシンガーソングライターのJPクーパー。聞いてみましょう。

 

 

よくも悪くもエド・シーラン・フォロワーかなと思うんですけどね。今年の「ブレイクしそうな新人」みたいなアンケートで軒並み上位に入っていたのでもっと売れるのかなと思っていたんですけど、もう少しインパクトが欲しかった感じですかね。2作目以降、どうでしょう。

 

 

10位のジェイソン・マンフォードという人はイギリスのコメディアンのようですね。

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:14
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

昨日まで3日続けて書いた記事は、僕の最近書いた中でも気に入ってるものです。面白いもので、自分としてはそこまででもないものがすごく話題になったかと思うと、自分的に手応えのあるものがそうでもなかったり。まあ、それはブログ始めた時から起こってることなんで、全然不思議じゃないですけどね。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

SINGLES

1(2)Rockstar/Post Mallone feat 21 Savage

2(1)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

3(4)Havana/Camilo Cabello feat Young Thug

4(3)New Rules/Dua Lipa

5(8)Lonely Together/AVIICI feat Rita Ora

6(5)Reggaeton Lento/CNCO feat Little Mix

7(7)Dusk Till Dawn/Zayn feat Sia

8(6)What About Us/P!NK

9(12)1-800-273-8255/Logic  feat Alessia Cara and Khalid

10(13)Bestie/Yungen feat Yxng Bane

 

昨日、正に厳しいこと書いた(笑)、ポスト・マローン1位です。すごく流行りそうな気がしてます。

 

9位はアメリカでもヒットしてますね。ロジックの電話番号の曲ですね。

 

10位のユンゲンはUKヒップホップのラッパーですね。ラガ・タッチな曲ですね。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Now/Shania Twain

2(-)Visions Of A Life/Wolf Alice

3(-)Live At The Pompeii/David Gilmour

4(3)÷/Ed Sheeran

5(-)Tell Me You Love Me/Demi Lovato

6(2)Concrete And Gold/Foo Fighters

7(1)Wonderful Wonderful/The Killers

8(-)Younger Now/Miley Cyrus

9(-)Scream/Michael Jackson

10(-)The Best/Feeder

 

1位と2位は大激戦でした。1位はシャナイア・トゥウェインの実に15年ぶりのアルバム。聞いてみましょう。

 

 

 この曲は面白いですね。ちょっと歌ってなかったブランクで声枯れしてますけど、これまでの産業ロッキン・カントリー路線にレゲエ混ぜたりして、よく考えられてると思います。

 

 彼女の元ダンナさんは、デフ・レパードとかブライアン・アダムスで大当たりしたプロデューサーのロバート・ジョン・マット・ラングなんですが、彼が不倫したことで別れちゃったんですね。ところが、非常に悪い意味で彼の操り人形っぽかったのが災いしてアルバムを長期で出せなかったんですけど、ようやくサウンド・プロダクション・チームが確立した、ってことでしょう。カムバックとしては悪くないと思います。

 

 そして、超僅差で2位だったのがウルフ・アリス。こっちも聞いてみましょう。

 

 

 これはいい曲ですね。彼らの曲の中でいちばんいいと思います。エリーはやっぱ華がありますよね。

 

 これでイギリス国内での地位は確立したんじゃないかな。この人たちの課題は、それをどのあたりまで拡大できるか。そこにかかってると思います。

 

 

 あと、欧米圏って面白いと思うのは、シャナイアの方がデミの5位とか、マイリーの8位とかより上なんですね。アメリカでも、それは変わらないような気がするんですが、楽しみに待っていましょう。

 

 9位はマイケル・ジャクソンのハロウィンの企画物。10位はタカ・ヒロセ氏の存在でもおなじみのバンド、フィーダーのベスト盤。これ、僕もちょっと興味あるな。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 19:34
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

今週は静かな週末です。来週からが、出はいり多いので家族サービスも込めて家にずっといる感じですね。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

2(-)Rockstar/Post Mallone feat 21 Savage

3(2)New Rules/Dua Lipa

4(7)Havana/Camilo Cabello feat Young Thug

5(6)Reggaeton Lento/CNCO feat Little Mix

6(3)What About Us/P!NK

7(9)Dusk Till Dawn/Zayn feat Sia

8(10)Lonely Together/AVIICI feat Rita Ora

9(4)Look What You Made Me Do/Taylor Swift

10(11)More Than Friends/James Hype feat Kelli Leigh

 

 

今週もサム・スミスが1位ですね。

 

2位のポスト・マローンの曲、確かにBBCではよくかかってたんですよ。意外と来週は1位かもしれません。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Wonderful Wonderful/The Killers

2(1)Concrete And Gold/Foo Fighters

3(3)÷/Ed Sheeran

4(-)Roll With The Punches/Van Morrison

5(-)The Spark/Enter Shikari

6(5)Human/Rag N Bone Man

7(-)BCCIV/Black Country Communion

8(-)V/Horrors

9(4)Freedom/The Script

10(18)Greatest Hits/Foo Fighters

 

ザ・キラーズ、初t籠城1位です。これでデビュー作の「Hot Fuss」から連続して5枚連続での1位獲得となります。

 

いや〜、それにしてもホント、イギリスでは、アメリカ人なのに、国民的人気バンドになりましたねえ。デビューからずっと贔屓にしてる僕からすれば感慨深いものがあります。ちょっと、聞いてみましょう。

 

 

これはセカンド・シングルの「Run For Cover」ですが、このテのキラーズの曲の中では「スペースマン」以来のいい出来ではと思ってます。なんとなく、ナンバーガールっぽい曲だなあとも思ってます(笑)。なんかリフの感じがね。

 

ただ、今回のアルバムなんですが、まだそこまで強くピンとは来てないかもしれません。シングルになった2曲はかなりいいんですけど、それ以外との差がちょっと大きい感じもしないではありません。前作が好きになれなかったので、それよりはいいんですけどね。

 

あと、木になるのは、今度のアルバムのツアーで、ベースのマークとギターのデイヴがツアー、参加しないんですよね。そんな中途半端な形でバンドに残すの、ぶっちゃけよくないし、作品作りにも影響するから、ちゃんと決断したほうが今後にとってもいいと思うんですけどね。

 

4位初登場はヴァン・モリソンの新作。今回はカバーが3分の2をしめるアルバムになっていますね。彼は、数週間、ストリームを怒らせるやり方なので、まだ聴けてませんが。

 

5位初登場はエンター・シカリ。ちょっと聞いてみましょうか。

 

 

今回、いい感じで楽曲の幅が増えてますね。前はやんちゃ過ぎて、そこが苦手だったんですけど、そういうヤンキーっぽさが年齢とともにちょっとカドが取れてきた感じですね。アルバム全体で聞くと、まだガラの悪さは健在だったりもするんですけど(笑)、それでも、いい意味で勢いだけではなくなってきましたね。

 

 

7位は元ディープ・パープルのグレン・ヒューズ、ソロのブルースシンガーとしても全米トップ10入りするくらいに人気のジョン・ボナマッサ、そして今はなきレッド・ツェッペリンの名ドラマーの息子ジェイソン・ボーナムらで構成されるクラシック・ロックバンド、ブラック・カントリー・コミュニオン。

 

 

そして8位にはホラーズの新作が入ってきてますね。これもちょっと聞いてみましょうか。

 

 

 

これ、アルバムだとラストに入ってる曲ですね。「Something To Remember Me By」。これもBBCの放送では最近、非常によくかかっていましたね。

 

ホラーズですが、今回のアルバム、イギリスのメディアでは絶賛続きですね。確かにいいアルバムですけど、でも僕からしたら、「いつも通りにいい」って感じでキャリアの中で飛び抜けていいとは思わなかったんですけどね。あと、ちょっと彼らの年齢の割にはちょっと若年寄すぎる感じもちょっと気になったりもしました。

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:45
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

今日、これから、ほとんど見てなかったロック・イン・リオをテレビで見ます。

ザ・フーが出るのでね。2013年のスプリングスティーン以来の目玉です。

 

では、遅れましたが、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Too Good At Goodbyes/Sam Smith

2(2)New Rules/Dua Lipa

3(4)What About Us/P!NK

4(3)Look What You Made Me Do/Taylor Swift

5(-)Rockstar/Post Mallone feat 21 Savage

6(7)Reggaeton Lento/CNCO feat Little Mix

7(10)Havana/Camilo Cabello feat Young Thug

8(6)Friends/Justin Bieber&Bloodpop

9(5)Dusk Till Dawn/Zayn feat Sia

10(21)Lonely Together/AVIICI feat Rita Ora

 

 

サム・スミス、2週目の1位です。

 

10位にはアヴィーチーが入ってきましたね。リタ・オラ、シンガーとして戻ってきつつありますが、彼女がフィーチャリングです。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Concrete And Gold/Foo Fighters

2(-)Savage(Songs From A Broken World)/Gary Numan

3(2)÷/Ed Sheeran

4(5)Freedom Child/Script

5(4)Human/Rag N Bone Man

6(-)Prophets Of Rage/Prophets Of Rage

7(Re)Process/Sampha

8(10)Dua Lipa/Dua Lipa

9(1)Sleep Well Beast/The National

10(13)Moana/Soundtrack

 

1位で初登場はフー・ファイターズ。これで4枚目の全英1位です。聞いてみましょう。

 

 

 

 

今まで何やっても同じイメージのあったフー・ファイターズ、今回、9枚目にしてガラリと変わりました。アデルのプロデューサーの一人のグレッグ・カースティンを迎えて、ハーモニーやエフェクター、キーボードを駆使して、今回ずいぶん凝ったサウンドになってます。デイヴ曰く「サージェント・ペパーズをスレイヤーが作ったみたいなものを作りたかった」ようなんですけど、スレイヤーではないとは思いながらも、狙いはわかります。

 

 最初、違和感あったんだけど、今回、曲はすごく練ってますね。聞けば聞くほど、味が出て良くなってきます。サウンド的なアイディアも多いアルバムだし、ターニング・ポイントになりうるアルバムだと思いますね。

 

 ちなみにMVに出てくる女の子2人はデイヴの娘さんです。

 

 そして2位ですが、なんとゲイリー・ニューマンですよ。エレ・ポップの名曲「カーズ」の!最近、OMDとかスパークスとか、エレポップの先駆の復活傾向がありますが、これも35年ぶりの全英トップ10入りですよ。すごい時代だなあ。

 

 6位はレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロとパブリック・エネミー、サイプレス・ヒルが組んだ、怒れる90年代の元若者大集結のプロフェット・オブ・レイジ。

 

7位はマーキュリー・プライズの影響でサンファのアルバムが再登場してきました。

 

 

 あと圏外で14位ですが、韓国のボーイバンド、ブラジルでも結構人気既にあります、BTSが入ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 14:08
comments(0), trackbacks(0), - -