RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

どうも。

 

元気、戻ってきてるので行きましょう。全英チャート。

 

SINGLES

1(2)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

2(1)Eastside/Benny Blanco feat Halsey&Khalid

3(3)Shotgun/George Ezra

4(-)The Ringer/Eminem

5(5)Body/Loud Luxury feat Brand

6(-)Lucky You/Eminem feat Joynor Lucas

7(4)In My Feelings/Drake

8(9)Taste/Tyga feat Offset

9(-)Fall/Eminem

10(7)Girls Like You /Maroon 5 feat Cardi B

 

キャルヴィン・ハリスのサム・スミス・フィーチャーのニュー・シングルが1位です。

 

今週は、土曜日だったかな、突然出たエミネムの新作のダウンロードの影響が強いですね。

 

では、その中から9位の「Fall」を聴きましょうか。

 

 

 

エミネムの今回のアルバムですが、前作から9ヶ月の早いペースでのものです。前作を批判されたことに対するリアクションみたいなアルバムですね。こないだのヤツはやたらメランコリックな、フィーチャリング・シンガーとの共演に走ってそれがかなりトゥー・マッチだったんですけど、今回のはサウンドこそ今時流行りの感じにはしてあるんですけど、それが逆にオジサン臭いというかですね。あと、リリックもタイラー・ザ・クリエイターをゲイ・ネタでディスってたりしてますが、それは今のご時世でのBいーフの売り方としてどうなのかな、というとこもあります。

 

なんか60年代の歴史的¥ロック・アーティストが80sの時に対応できずに苦しんだのを思い出します。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Kamikaze/Eminem

2(1)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

3(2)The Greatest Showman/Soundtrack

4(3)Sweetner/Ariana Grande

5(-)Joy Of An Act For Resistance

6(-)Runaway/Passengers

7(4)Staying At Tamara's/George Ezra

8(5)Scorpion/Drake

9(-)Let's Go Sunshine/Kooks

10(-)Bloom/Troye Sivan

 

 

そのエミネムが初登場で1位です。

 

5位初登場はイギリス期待のバンド、アイドルズ。聞いてみましょう。

 

 

このむき出しの出しの初期のパンクっぽさがカッコいいですよね。この一つ前はハードコアっぽかったんですけど、このアルバムでいい意味で曲の幅も広がってますしね。

 

 

歌詞もかなり政治的、社会的と、パンクの原点に立脚しててそれが求心力を高める結果になっていますね。今、気に入り始めています。

 

6位はイギリスでは人気ありますね。シンガーソングライターのパッセジャーズ、9位はクークスのアルバム。まだトップ10には入るんですね。10位はこれも話題ですね。オーストラリアのエレクトロ・シンガーソングライターのトロイ・シヴァンが入ってきています。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 13:21
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

SINGLES

1(2)Shotgun/George Ezra

2(1)In My Feelings/Drake

3(3)No Brainer/DJ Khaled feat Justin Bieber,Quavo&Chance The Rapper

4(12)Eastside/Benny Blanco feat Halsey&Khalid

5(4)Rise/Jonas Blue feat Jack&Jack

6(8)Body/Loud Luxury feat Brando

7(5)Youngblood/5 Seconds Of Summer

8(6)Jackie Chan/Tiesto feat Dzeko&Post Malone

9(7)Girls Like You/Maroon 5 feat Cardi B

10(10)Taste/Tyga feat Offset

 

 

 

 

 

ALBUMS

1(1)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

2(2)The Greatest Showman/Soundtrack

3(4)Scorpion/Drake

4(5)Staying At Tamara's/George Ezra

5(-)Queen/Nicki Minaj

6(3)Astroworld/Travis Scott

7(7)Mamma Mia/Soundtrack

8(-)Coup De Grace/Miles Kane

9(-)Where No One Stands Alone/Elvis Presley 

10(10)÷/Ed Sheeran

author:沢田太陽, category:全英チャート, 06:42
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)In My Feelings/Drake

2(2)Shotgun/George Ezra

3(3)Rise/Jonas Blue feat Jack&Jack

4(-)No Brainer/DJ Khaled feat Justin Bieber,Quavo&Chance The Rapper

5(4)Youngblood/5 Seconds Of Summer

6(5)Jackie Chan/Tiesto feat Dzeko&Post Malone

7(6)If You're Over Me/Years&Years

8(9)Girls Like You/Maroon 5 feat Cardi B

9(8)I Like It/Cardi B feat Bad Bunny&J Balvin

10(10)God Is A Woman/Ariana Grande


ドレイクが変わらず1位ですけど、ジョージ・エズラが息の長いヒットになってますね。

 

4位にDJキャリドとチャンス・ザ・ラッパーとビーバー、クエイヴォ、チャンス・ザ・ラッパーの、去年の「I'm The One」に続くシングル入ってきました。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

2(2)The Greatest Showman/Soundtrack

3(3)Scorpion/Drake

4(4)Staying At Tamara's/George Ezra

5(5)Mamma Mia/Soundtrack

6(7)Gold/ABBA

7(8)÷/Ed Sheeran

8(-)Vicious/Halestorm

9(6)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

10(11)High As Hope/Florence&The Machine

 

 

先週に引き続き、今週も「マンマ・ミーア」旋風です。今作、前作のサントラにABBAのベスト盤。ベストに関しては今週で848週めのチャートインです。

 

8位には女性ハードロッカー、リジー・ヘイルのバンド、ヘイルストームが入ってきました。これ、全米のとこまでとっておきましょうかね。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 20:47
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

SINGLES

1(1)In My Feelings/Drake

2(2)Shotgun/George Ezra

3(6)Rise/Jonas Blue feat Jack&Jack

4(8)Youngblood/5 Seconds Of Summer

5(9)Jackie Chan/Tiesto feat Dzeko&Post Malone

6(10)If You're Over Me/Years&Years

7(5)Don't Matter To Me/Drake feat Michael Jackson

8(11)I Like It/Cardi B feat Bad Bunny&J Balvin

9(7)Girls Like You/Maroon 5 feat Cardi B

10(4)God Is A Woman/Ariana Grande


 

 

 

 

 

 

ALBUMS

1(4)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

2(3)The Greatest Showman/Soundtrack

3(1)Scorpion/Drake

4(5)Staying At Tamara's/George Ezra

5(13)Mamma Mia/Soundtrack

6(7)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

7(19)Gold/ABBA

8(8)÷/Ed Sheeran

9(6)Beautiful Life/Rick Astley

10(11)?/XXX Tentacion

author:沢田太陽, category:全英チャート, 20:50
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

昨日のブログでも書いたんですけど、イギリスでは「NOW」の第100号が出ました。チャートには反映されませんが、ニュースではかなり流れてましたね。イギリス人はあのコンピが本当に好きですからね。

 

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(4)In My Feelings/Drake

2(2)Shotgun/George Ezra

3(3)Solo/Clean Bandits feat Demi Lovato

4(-)God Is A Woman/Ariana Grande

5(5)Don't Matter To Me/Drake feat Michael Jackson

6(7)Rise/Jonas Blue feat Jack&Jack

7(8)Girls Like You/Maroon 5 feat Cardi B

8(11)Youngblood/5 Seconds Of Summer

9(12)Jackie Chan/Tiesto feat Dzeko&Post Malone

10(6)If You're Over Me/Years&Years

 

ドレイクが「In My Feelings」で1位ですね。

 

4位にアリアナ・グランデのニュー・シングルが入ってますね。これ、いい曲だと思います。本格的にトラップやるの、初めてじゃないかな。ソングライティング・チームは「Problem」の時から同じ人ですけど、うまく対応していると思います。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)Scorpion/Drake

2(Re)Night And Day/Vamps

3(2)The Greatest Showman/Soundtrack

4(-)Mama Mia  Here We Go Again/Soundtrack

5(4)Staying At Tamara's/George Ezra

6(-)Beautiful Life/Rick Astley

7(7)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

8(8)÷/Ed Sheeran

9(3)Palo Santo/Years&Years

10(6)High As Hope/Florence&The Machine

 

ドレイクが依然アルバムもナンバーワンですね。

 

2位のヴァンプスはこれ、いわゆる追加曲を入れた拡大ヴァージョンでの再登場ですね。

 

4位は、まもなく公開されます、あのアバの「マンマ・ミーア」の映画第2弾のサントラですね。

 

6位初登場はリック・アストリー。聞いてみましょう。

 

 

一昨年に初登場1位になった時はコンテンポラリー・ゴスペルの路線だったんですが、今回はポップに若々しく行ってます。50超えたんですが見かけもすごく若いし、改めて歌の上手い人(というか、若き日の全盛期よりも歌、むしろ上手い)ということがわかられて、今、すごくいい感じなのではないでしょうか。
 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:36
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

サッカーのW杯期間中の最後の全英チャートになります。

 

 

SINGLES

1(24)Three Lions/Baddiel&Skinner&Lightning Seeds

2(1)Shotgun/George Ezra

3(3)Solo/Clean Bandits feat Demi Lovato

4(-)In My Feelings/Drake

5(2)Don't Matter To Me/Drake feat Michael Jackson

6(9)If You're Over Me/Years&Years

7(11)Rise/Jonas Blue feat Jack&Jack

8(10)Girls Like You/Maroon 5 feat Cardi B

9(8)I Like It/Cardi B feat Bad Bunny&J Balvin

10(6)2002/Anne Marie

 

1位獲得はイングランド・サッカーの、もうお約束の応援歌と言っておきましょう。「スリー・ライオンズ」が20年ぶりに復活です。この曲は96年のユーロだったかな。その時に初めて紹介され、98年のワールドカップでも大人気でした。今回は残念ながら4位でしたが、準決勝進出自体が28年ぶりで、しかも準決勝、かなりいい試合でしたからね。今回出場のメンバーも若い上に、イングランドって、ユース世代、今、メチャクチャ強いんですよ。これから、まだまだこの曲、需要あると思いますね。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)Scorpion/Drake

2(3)The Greatest Showman/Soundtrack

3(-)Palo Santo/Years&Years

4(4)Staying At Tamara's/George Ezra

5(-)Lightning Matches/Tom Grennan

6(2)High As Hope/Florence&The Machine

7(10)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

8(7)÷/Ed Sheeran

9(8)Cruising With/Jane McDonald

10(11)?/XXXTentacion

 

 

ドレイクが2週連続1位です。この先のリリース考えても、しばらく1位でしょう。

 

3位初登場はイヤーズ&イヤーズ。聞いてみましょう。

 


 このアルバム。評判いいですよね。確かに曲はいいの揃ってる印象です。ただ、そこまで「すごい」アルバムでもなかったですけど、前作よりは確実に成長はあるとは思います。もうひとのび欲しいですけどね。

 

5位初登場はトム・グレナンのデビュー・アルバム。これも聞いてみましょう。

 

 

彼はソロシンガーですけど、ロックです。ハスキーな声はカッコいいですけどね。今時、ソロの方が、ポップに転がしやすくそのあとの方向性でリスク回避しやすいのか人気になってますけど、そこが逆につまんないんですけどね。彼の場合はどっちに転がるでしょうか。

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:23
comments(0), trackbacks(0), - -