RSS | ATOM | SEARCH
グラミー賞2019 授賞式速報生ブログ

どうも。もうすぐ始まります。

 

 

始まりました。カミーラ・カベーロの「Havana」からスタートです。

 

リッキー・マーティンでてきましたね。そういや「Livin La Vida Loca」のヒットから今年20年だったんだ。

 

 

司会のアリシア・キーズ出てきました。グリーンのドレスにスカーフ姿ですね。

 

真摯な音楽賛歌のスピーチはいいと思います。

 

 

壇上に4人出てきました。ガガ、J-Lo、ジェイダ・ピンケット、ミシェル・オバマ(!)、歓声ひときわデカイ!、

 

 

2人目のパフォーマンスはショーン・メンデス。途中からマイリー出てきました。本当に「 更生後」って感じになちゃったね。

 

 

ポップ・デュオorグループ

Shallow/Lady Gaga&Bradley Cooper

 

「メンタル・ヘルスの問題を抱えていた直後だっただけに嬉しい」と壇上でガガ。

 

 

ケイシー・マスグレイヴス、出てきました。曲は「Rainbow」。なんか、今回のアルバムで大きく変わったところをアピールして欲しかったんだけどなあ。

 

続いてジャネール・モネエのパフォーマンス。「Make Me Feel’。エレキギター抱えてます。バックダンサー女性8人組のシンクロ率高いダンス、いい感じ。

 

ダンス本当にうまいよね、この人。このパフォーマンス見れただけで、得した気分。

 

アリシアがジョン・メイヤーと受賞を位争って負けたけど、グラミ譲ってもらった話をして、メイヤー登場。

 

Song Of The Year

This Is America/Childish Gambino

 

 

ポスティ、いきなりアコースティックの弾き語り。そして、「ロックスター」に行き、そこでレッチリ登場。ポスティ、絡まないものだから、なんか「ファンです」って感じにしかなってないな。

 

 

ドリー・パートン・トリビュートでケイシー・マスグレイヴスとケイティ・ペリーが「Here You Come Again」。後からドリー本人が登場。

 

続いて、マイリーがドリーと「ジョリーン」をデュエット。そのままニール・ヤングの「After The Goldrush」になだれ込みました。

 

そして、リトル・ビッグ・タウンとの「Red Ahoes」のあと、最後はみんなで「9 To 5」で大団円。

 

続いてHER 。彼女は生で歌った方が魅せるね。アルバムだと、むしろまだ本領出せてない気もするな。ギターソロ、ちゃんと弾いてるな!

 

続いてカーディBのパフォーマンス。

これはちゃんとやってる?カメラずっと引きの絵で生っぽさを感じないんだけど。

 

Best Country Album 

Golden Hour/Kacey Musgraves

 

 

まあ、妥当ですね。

 

アリシア自身が「Killing Me Softly With His Song」やら「Shape Of My Heart」「Unforgettable 」「Use Somebody 」「In My Feelings」「Doo Wop」ときて「NewYork StateOf Mind」弾き語りしました。

 

続いてダン&シェイ。カントリーの新しいデュオですね。

 

Best Rap Song

God’s Plan/Drake

 

会場来てたんだな!

 

ダイアナ・ロスだけど、観客にベリー・ゴーディ・ジュニアが!

 

正直、歌、キツイな・・。

 

ガガの「Shallow 」。今日はブラッドリーいないので一人ですが、後ろにマーク・ロンソンいます。かなりロックしょーになってるな。そっちに向かいたい気持ちはありそうだけど。

 

今日一番の驚きはジェイムス・ブレイクがトラヴィス・スコットのイントロ部分を担当!

 

スモーキー・ロビンソン、出てきたのは嬉しいんだけど、結局、なんか「番宣」って感じ。で、モータウン・メドレーをなんでJ-.Loが?

 

「Another Star」でスティーヴィー登場か?!と思ったら、違うし・・。

 

 

BTSがプレゼンター。

 

Best R&B Album

H.E.R/H.E.R

 

これだけ主要部門にノミネートされてるからね。

 

 

続いてブランディ・カーライルのパフォーマンス。歌はうまいけどね、この人。

 

ドニー・ハザウェイの「Where Is Love」のトリビュート・パフォーマンスの後に

 

Best Rap Album

Invasion Of Privacy/Cardi B

 

 

セイント・ヴィンセント、やっと出てきた!「Masseduction」、歌ってます!そこからドゥア・リパとの共演のつなぎ。去年までによくあったコラボのパターンだな。ヴィンセント、この曲、好きでやってるのかは極めて微妙ではあるけれど。

 

 

新人賞

ドゥア・リパ

 

その直前に歌披露させて受賞というのも、予想つきすぎ。

 

 

アレサ・フランクリンのトリビュートがあった後

 

 

Record Of The Year

This Is America/Childish Gambino

 

少なくとも、彼が会場に来てパフォーマンスしてたらだいぶ違ったんだけどね。

 

 

Album Of The Year

Golden Hour/Kacey Musgraves

 

やっと受賞すべきアルバムはとったんだけれどね。

 

なんか全体に締まりがなくて、刺激がないグラミーだったなあ。来年もこれだと、ちょっとイヤだなあ。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:アワード, 09:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。