RSS | ATOM | SEARCH
全英チャート

(現在、noteでも当ブログは展開中です。そちらの方が見易いです。アドレスはnote.mu/themainstream)

 

どうも。

マリーナ&ザ・ダイアモンズ改めマリーナ、4年ぶりの新作の先行シングルです。

彼女、日本では気が付かれにくいんですけど、欧米圏では、ルーザーたちにとってのちょっとしたカリスマになってますね。彼女はラナ・デル・レイの一番の親友だったり、ビリー・アイリッシュが音楽で生きていくことを決めさせたアーティストだったりします。

では、全英チャート、生きましょう。

SINGLES

1(1)7 Rings/Ariana Grande
2(2)Sweet But Psycho/Ava Max
3(3)Dancing With A Stranger/Sam Smith feat Normani

4(4)Giant/Calvin Harris feat Rags N Bone Man
5(7)Dont Call Me Up/Mabel
6(5)Wow/Post Malone
7(-)Bury A friend/Billie Eilish
8(6)Nothing Breaks Like A Heart/Mark Ronson feat Miley Cyrus
9(10)Someone You Loved/Lewis Capaldi
10(8)Sunflower/Post Malone feat Swae Lee

アリアナ強いですね。昨日アルバムが出たばかりなので、もちろん来週も続くでしょう。

ビリー・アイリッシュの「Bury A Friend」、7位に初登場です。さすがですね。

この曲、国際的なリアクションがすごいんですよ。スウェーデンではもう1位!ニュージーランドとノルウェーで2位、オーストラリア3位、ドイツ14位、イタリア27位ですからね。すごいことです。

では、アルバムに行きましょう。

ALBUMS
1(-)Encore/The Specials
2(-)Half Way There/Busted
3(2)The Greatest Showman/Soundtrack
4(-)Ripples/Ian Brown
5(-)Third Avenue/Fredo
6(3)Bohemian Rhapsody/Queen
7(4)Staying At Tamara's/George Ezra
8(6)A Star Is Born/Soundtrack
9(-)My Wildest Dream/Claire Richards
10(1)Amo/Bring Me The Horizon

初登場1位、なんとスペシャルズですよ!聞いてみましょう。

1979年のスカ・ムーヴメントの立役者、ザ・スペシャルズ。これ、何年ぶりのアルバムなんだろう。とにかく1位です。

これ、アルバム聞いたんですけど、正直な話、やってること自体は面白くなかったです。ただ、政治的なリリックは相変わらずな感じでしたけど。

ただ、ディスク2についていたライブ盤、これは素晴らしかったです!

初登場で2位は、復活したアイドルBUSTED。これも聞いてみますか。

メンバー一人、判別不能になってますね(笑)。昔、ギター持って飛んでましたけど、今はどうするんでしょう。曲はこれ・・、う〜ん・・。先週のBSBもそうでしたけど、アイドルのアダルト・コンテンポラリー化ってどうなんでしょう。

4位初登場はイアン・ブラウン。これも聞いてみましょう。

「ストーン・ローゼズはどうした?」という声も聞こえてきそうですが、イアン、とにかくソロです。

これ、悪い評判から先に聞いてたので怖くて聞いてなかったのですが、曲は相変わらずですけど、「えっ、そんなに言うほどダメ?」って感じですけどね。少なくとも僕はこの曲はいいと思いますよ。ただ、ローゼズで聞いてみたいというのはありますけどね。

5位にはブリティッシュ・ラッパーのフレド、9位は元ステップスのクレア・リチャーズのソロ・アルバム。ホワイト・ライズは14位、女性シンガーがフロントのメタル・バンド、ウィズイン・テンプテーションが15位でした。

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 01:22
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3754