RSS | ATOM | SEARCH
ブリット・アワード2019ノミネート

どうも。

note版の新ブログの使いかってがいいので、プロモーションも兼ねてもう一つ。
そちらの方で書いたものをコピーしてるので、「みにくいな」と思われた方は、note.mu/themainstreamに飛んで見てください。

イギリスものが続きますが

毎年2月恒例のブリット・アワードのノミネートが発表されました。こんな感じです。

British Male

Sam Smith
Craig David
Aphex Twin
Giggs
George Ezra

これ見ると思い出すんですけど、ブリットって、未だに「男性歌手」、「女性歌手」という、もうグラミーでさえロック部門だと廃止してしまった部門が残ってるんですよね。で、もう、その「男性ソロ」での人材の少なさを思うわせるノミネートですよね。エイフェックス・ツインって、そもそも歌、歌わないだろ(笑)。

British Female
Florence + the Machine
Jorja Smith
Anne-Marie
Lily Allen
Jess Glynne

イギリスらしい顔ぶれですね。本当にクリーン・バンディッツの歌姫はこの国では強くて、アン・マリーとジェス・グリンが揃ってノミネートですね。

British single
One Kiss/Calvin Harris & Dua Lipa –
Shotgun/George Ezra 
These Days (feat. Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplen)/Rudimental 
IDGAF/Dua Lipa
2002/Annie-Marie 
Solo/Clean Bandit
Lullaby/Sigala & Paloma Faith
Barking/Ramz
I’ll Be There/Jess Glynne –
Leave the Light On/Tom Walker

British Video
2002/Anne-Marie
One Kiss/Calvin Harris & Dua Lipa
Solo (feat. Demi Lovato)/Clean Bandit
IDGAF/Dua Lipa
Breathe (feat. Ina Wroldsen)/Jax Jones
Rise (feat. Jack & Jack)/Jonas Blue
For You (Fifty Shades Freed)/Liam Payne & Rita Ora
Woman Like Me/Little Mix
Let You Love Me/Rita Ora
These Days (feat. Jess Glynne, Macklemore & Dan Caplen)/Rudimental 

ここでも、アン・マリー、ジェス・グリンに加えて、ドゥア・リパとかリタ・オラ強いですね。ただ、どれも「フィーチャリングに強い」という印象だけで、本人自身の個性が今ひとつ強くない人ばかりですけどね。個人的にはそこが物足りないかな。

British Breakthrough
Mabel
Idles
Ella Mai
Tom Walker
Jorja Smith

R&Bの女の子たちが並ぶ中で、いきなりアイドルズみたいな熱い野郎のバンドが受賞とかだったらウケますけどね。そんなことあったら、ブリット、見直しますけど(笑)。

British Group
Arctic Monkeys
Gorillaz
The 1975
Little Mix
Years & Years

バンドとアイドル・グループ、混ぜても平気な感じがブリットっぽいですけど、ここをアークティックが取るかThe 1975が取るか。見ものだと思ってます。どっちが今のイギリスのトップ・バンドかってことで。

International Group
The Carters
First Aid Kit
Brockhampton
Chic & Nile Rodgers
Twenty-One Pilots

なんか思い切り統一感がないですね。カーターズというのはジェイZとビヨンセのコンビです。それはわかるんだけど、シック&ナイル・ロジャースという、かなり大胆なものもノミネートされてますね。

International Male
Drake
Eminem
Kamasi Washington
Shawn Mendes
Travis Scott

カマシも歌、歌わないけど、いいのかな?

International Female
Cardi B
Camila Cabello
Christine and the Queens
Ariana Grande
Janelle Monáe

いい並びなんですけど、クリスティーンだけがいい意味浮いてますね。やっぱりイギリス人、目線ゆえに、アメリカ人の方がいいのかな、この部門は。

British Album
Lost & Found/Jorja Smith 
A Brief History of Online Relationships/The 1975
High as Hope/Florence + the Machine
Speak Your Mind/Anne-Marie 
Staying at Tamara’s/George Ezra

ここでTHE 1975が取れば非常に嬉しいんですけど、ジョージ・エズラあたりに行っちゃうのかなあ。

ブリットの場合、すごく「今のイギリスの大衆ポップ」に賞が行き過ぎるきらいがあるのと、授賞式が水曜と、「そんな日、見れねえ!」な感じになるのが好きじゃないんですけど、ただ、僕の普段の観点とは違う感じではあるので、学ぶところはありますね。

 

授賞式は2/20(水)です。

author:沢田太陽, category:アワード, 20:42
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3724