RSS | ATOM | SEARCH
この際、一気に覚えよう!こんなにある「有名なクリスマス・ポップソング」

どうも。

 

 

実は今週のビルボードで面白いことが起きてます。それは

 

クリスマス・ソングの一気のシングル・チャート入り。

 

1曲は、もう誰でも知っている曲ですが、それは後述するとして、すごい古い曲も含めて一気に入ってきました。こんなこと、極めて珍しいので、この際、全部覚えてプレイリストに組み込むのも悪くありません。

 

 

そんなわけで、駆け足で紹介したいと思います。

 

 

まず13位に入ってきたのが、定番ですね。アンディ・ウィリアムスの「It's The Most Wonderful Time Of The Year」。これは1963年に発表され大ヒットした、彼のクリスマス・アルバムに入ってる曲です。

 

 

 

 

続いてシングル・チャート15位に入ってきた、「ジングル・ベル・ロック」。これは非常に有名な曲で、カバーも多く、最近では映画「ミーン・ガールズ」でリンジー・ローハンが歌うことでかなり有名(アリアナ・グランデの「Thank You Next」のMVでもパロディで出てきます)ですが、これはボビー・ヘルムスと言って、1950年代後半に一瞬だけ人気のあったカントリー・シンガーの曲で、彼自身はこの曲の発表された1957年から3年くらい人気だっただけです。

 

 

 

これもオールディーズ関連では非常に有名です。ブレンダ・リーの「Rockin Around The Christmas Tree」。これが18位に入ってきています。これも当時のカントリー系のアイドルですね。ブレンダ・リーが1958年に発表した曲です。彼女は1960年代初頭までアイドルとして人気がありましたが、これもパニチの効いたロッキン・カントリー調ですね。

 

 

 

続いて21位に入ってきたアーヴ・バールズの「A Holly Jolly Christmas」。僕、これ、その声から歌ってたの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」におビル・ヘイリーだと思い込んでいたんですけど、バール・アイヴスという、ミュージカルの大物シンガーですね。この曲は1964年に発表されていますね。これもクリスマス・コンピにはよく入ってる曲です。

 

 

 

続いて大御所ですね。ナット・キング・コール。僕も大好きなシンガーですけど、彼が1961年に発表した「The Christmas Song」が24位に入ってます。

 

 

 

続いて27位に入った「赤鼻のトナカイ」。ジーン・オートゥリーはカントリー・シンガーで、これは1957年リリースということになってますね。曲そのものは1930年代からあるようで。アメリカでは60年代に赤鼻のルドルフを主人公にしたアニメで知られたようですね。

 

 

 

そして31位に日本でもおなじみ、ワム!の1984年の大ヒット曲「ラスト・クリスマス」。これ、長らく、「アメリカ人が知らないワム!のヒット曲j」だったんですけど、どうやらアメリカでもジョージ・マイケルの死以降に発見されたようですね。

 

 

これもおなじみの曲ですね。ディーン・マーティンの「Let It Snow Let It Snow Let It Snow」。32位に入りました。曲は1945年からあって別のシンガーでヒットしてるようですが、これは1966年にディーン・マーティンが出したクリスマス・アルバムで有名になったようですね。

 

 

 

ジーン・オートゥリー、2曲めです。「Here Comes Santa Claus」。これが40位。これは彼自身の曲で、1947年に発表して大ヒットしています。どうやら、この曲で「クリスマス男」のイメージが付いていたようですね。

 

 

 

続いてザ・ロネッツの「Sleigh Ride」。どうも殺人犯になって語られるのが避けられる傾向のあるフィル・スペクターですが、彼のプロデューサーとしての傑作は、このクリスマス・アルバム。そして最も有名なのがロネッツのこの曲。これが41位でした。

 

 

 

そして42位に「Feliz Navidad」。プエルトリコの盲目のシンガー、ホセ・フェリシアーノが1970年に出したクリスマス・アルバムの曲です。スペイン語住民には非常に重要ということでしょう。

 

そして一番高かったのはやはり

 

 

 

マライアのこれでした。これが6位だったかな。

 

で、今、イギリスのチャート見たら、同様の動き、起こってたたようですね。これも、メチャクチャ数が多い!これも後で作っておこうかな。

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:エンタメ・ニュース, 13:04
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3701