RSS | ATOM | SEARCH
オスカー2019 前哨戦前半終了の時点での状況

どうも。

 

 

オスカーの前哨戦は、最初の大きなところのノミネーションが終わりました。ゴールデン・グローブ、ブロードキャスト・クリティック・チョイス・アワード、そしてSAGアワード。これらの結果から、作品賞のノミネートを大胆予想してみましょう!

 

 

今年の場合、ゴールデン・グローブでいうところの、ドラマ部門とコメディ部門に有力作画割と均等に行ったので、かなり予想しやすいし、もうそれでだいぶ固まってますね。

 

 

 

 

ゴールデン・グローブの基準でドラマ部門のカテゴライズされたものだと、左から順に「スター誕生」「ROMA」「ブラックパンサー」「ブラック・クランズマン」「ビール・ストリートの恋人たち」ですね。

 

 

 

そしてコメディ部門でのカテゴライズで見ると「グリーン・ブック」「VICE」「女王陛下のお気に入り」「メアリー・ポピンズ・ルターンズ」

 

 

この計9作品で作品賞のノミネート、だいぶ固いような気がしています。この9作品がクリティック・チョイスにも作品賞でノミネートされていますからね。

 

ただ!

 

波乱の要素がないわけではない。それは

 

SAGのノミネーションがちょっと変だったから!

 

 

SAGというのは、俳優の協会(ギルド)に入っている人たちが選ぶ演技の賞なんですが、このギルド系のアワードがオスカーのノミネ−トに一番直結しやすいんです。そこではどうやら「スター誕生」が圧勝しそうな勢いで、5作あった作品賞ノミネートには「ブラック・パンサー」と「ブラック・クランズマン」がノミネートされたんです

 

が!

 

 

残りの2つが「ボヘミアン・ラプソディ」と「クレイジー・リッチ・アジアンズ」だった!

 

これは驚きでしたね。SAGがエンタメ性が強いのは前からあることでしたけど、ここまでそれが振り切れた感じなのは、過去に記憶にないですね。

 

やっぱり、ギルド系のチョイスがこれということは

 

今年のオスカーはエンタメ性が強いのでは。

 

という、推論が成り立ちます。

 

それは、ここ数年のオスカーが、あまりにも「インディペンデント厚遇」で人気がないんですよね。映画通にはいいラインナップかもしれないけど、一般の人がついていけていない。そういうこともあって、視聴率が低下してるんですよね。僕自身は、「いい映画が評価されればそれでいいじゃないか」と思うクチなんですが、確かに昔のオスカーの歴史紐解いてみれば、昔はメジャー配給会社の忖度でノミネート決まってたんですね。それで、昔の方が確かに「エンタメ性もあって真面目そうな映画」というのが多くノミネートされる傾向があった。それを懐かしがっている人は確かに多いんですよね。

 

とはいえ「グリーン・ブック」「女王陛下のお気に入り」「メアリー・ポピンズ・リターンズ」「VICE」は複数の役者がノミネートされていたので大丈夫かなとは思うんですけどね。

 

ただ、そこで「ビール・ストリート」から助演女優の受賞が絶対とされていたレジーナ・キングがまさかの落選をしたり、さらに

 

 

 

「Roma」が落選したのが気になるんですよねえ。

 

 

「Roma」って、現在、批評家協会系のアワード、ほぼ作品賞総なめ受賞していて、ガチ勝負だと間違いなく一番強いんです。ただ、ゴールデン・グローブは監督賞のみのノミネートに終わり、さらにSAGでノミネート・ゼロでしょ。これはやっぱり「選定委員にネットフリックス配給を快く思わない人が多い」ということなんだと思います。

 

 

この映画、全世界的に12月14日にネットフリックスで先行公開なんです。僕も本当はそれを待ってからこの記事書くつもりだったんですが、ネットフリックスって、解禁日でもスタートが夕方になるのが多いみたいで、僕のとこ、まだ見れてないんですよ。多分、今晩見るような気がしていますが、ただ、こういうやり方が、「映画は映画館で見るもの」と考える一部映画人の猛反発を買ってるんですね。それ、カンヌとかヴェネツィアとか、他の映画祭でもすでに同様の反応起きていますので、ちょっと気になってるところです。

 

 

さて、どうなるか。

 

author:沢田太陽, category:アワード, 18:55
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3692