RSS | ATOM | SEARCH
ゴールデン・グローブ2019 ノミネート(映画編)

どうも。

 

 

では、お待ちかね、ゴールデン・グローブの映画、見てみましょう。

 

作品賞(ドラマ)

Roma

If Beales Street Could Talk

A Star Is Born

Black Panther

Bohemian Rhapsody

 

今年は「スター誕生」、そして「ボヘミアン・ラプソディ」が音楽映画なのにドラマ部門なんですよね。ちょっと意外です。

 

一般的には「ブラック・パンサー」、そして「ボヘミアン・ラプソディ」が驚きのノミネートを果たしたことで話題でしょうけど、賞レース的には「Roma」が勝つか「スター誕生」が勝つか、でしょうね。

 

 

作品賞(コメディ)

Green Book

The Favourite

Mary Poppins Returns

Crazy Rich Asians

Vice

 

こちらは本命の「グリーン・ブック」に、有力作の「女王陛下のお気に入り」「VICE」は絡んできました。「VICE」、出遅れていたんですが、GGでは見事、最多ノミネートを獲得して、強力コンテンダーであることを示しました。

 

 

監督賞

ブラッドリー・クーパー(A Star Is Born)

アルフォンソ・キュアロン(Roma)

スパイク・リー(BlacKKKlansman)

アダム・マッケイ(VICE)

ピーター・ファレリー(Green Book)

 

こちらはビッグな顔が並びました。

 

個人的にはスパイク・リーが入ったのがすごく嬉しいんですが、ここも「スター誕生」対「Roma」でしょうね。「グリーン・ブック」のピーター・ファレリーの可能性もありますけど。

 

 

主演男優賞(ドラマ)

ラミ・マレク(Bohemian Rhapsody)

ブラッドリー・クーパー(A Star Is Born)

ルーカス・ヘッジス(Boy Erased)

ウィレム・デフォー(At Eternity's Gate)

ジョン・デヴィッド・ワシントン(BlacKKKlansman)

 

 

ラミ・マレク、ノミネート、きました!

 

チャンスですよ。今回、映画賞で賞をとりまくってるイーサン・ホークがノミネート外れたんでね。混戦になると思います。

 

 

主演男優賞(コメディ)

ヴィゴ・モーテンセン(Green Book)

クリスチャン・ベール(VICE)

リン・マニュエル・ミランダ(Mary Poppins Returns)

ジョンCライリー(Stan And Ollie)

ロバート・レッドフォード(The Old Man And The Gun)

 

 

激太りでチェイニー副大統領になりきったクリスチャン・ベール、チャンスです。

 

ただ、「メアリー・ポピンズ・リターンズ」のリン・マニュエル・ミランダが案外強敵だと見てます。

 

 

主演女優賞(ドラマ)

レディ・ガガ(A Star Is Born)

ロザムンド・パイク(A Private War)

メリッサ・マッカーシー(Can You Ever Gogive Me)

二コール・キッドマン(Destroyer)

グレン・クロース(The WIfe)

 

 

間違いなくガガさんでしょう。

 

主演女優賞(コメディ)

エミリー・ブラント(Mary Poppins Returns)

コンスタンス・ウー(Crazy Rich Asians)

オリヴィア・コールマン(The Favourite)

エルシー・フィッシャー(Eighth Grade)

シャーリーズ・セロン(Tully)

 

 

ここ、個人的に好きな人、揃ってるんだよなあ。

 

順当にいけばオリヴィア・コールマンだと思うんですけど、個人的にはエミリー・ブラントのメアリー・ポピンズ推しです。あと、「Eighth Grade」のティーンの女の子、15歳のエルシーがノミネートされました。

 

 

助演男優賞

マハーシャラ・アリ(Green Book)

ティモシー・シャラメ(Boy Erased)

リチャードEグラント(Can You Ever Forgive Me)

アダム・ドライヴァー(BlacKKKlansman)

サム・ロックウェル(Vice)

 

ここは混戦ですね。本命のサム・エリオット(スター誕生)がなぜか漏れたんで。

 

去年のオスカー助演男優受賞者のサム・ロックウェルのジョージ・ブッシュが妙にソックリです。

 

 

助演女優賞

レジーナ・キング(If Beale Street Could Talk)

エマ・ストーン(The Favourite)

レイチェル・ワイス(The Favourite)

エイミー・アダムス(Vice)

クレア・フォイ(First Man)

 

 

 

ここは、もうすべての映画賞で勝っているレジーナ・キング、一択でしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:アワード, 12:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3683