RSS | ATOM | SEARCH
最近の意外なフェイヴァリット(2)ロザリア 世界的に流行るかも!?モダン・フラメンコの新星

どうも。

 

 

昨日はサンパウロではワン・デイ・フェスがあってLordeなど、結構豪華なライヴを見てきて、そのまま帰ってソファーに突っ伏して寝てました。その報告は日本時間での日曜のポストで。

 

 

今日は、昨日に続いて、「最近発見した意外なフェイヴァリット・アルバム」二つ目行きましょう。これです。

 

 

 

この、ロザリアという女性アーティスト。アルバムは「El Mal Querer」。タイトルがスペイン語であることからもわかるように、スペインのアーティストなんですが、ジャンル、なんとフラメンコです!

 

 

このようにパッと見はアイドルっぽい雰囲気もあったりするんですが、まずは聞いてみましょう。

 

 

これが一番キャッチーですかね。今回のアルバムは彼女のセカンド・アルバムなんですが、かなり斬新なアルバムです。フラメンコをヒップホップやEDMを通して表現した、かなり実験的な作品です!

 

 

 この曲なんて、フラメンコのハンドクラップのリズムを、これ、多分ループで繋げてグルーヴにしてるんだと思うんですが、これをバックトラックにしてR&Bのように聞かせています。

 

 

このトラックそのものでも、かなり技ありで、路線的にはカミーラ・カベーロあたりが次のアルバムのヒントにしそうな感じもあるんですが

 

 

 

 この子、彼女は25歳なんですが、彼女の場合、ヒップホップやEDMの取り入れ方があまりポップでなく、それこそLordeみたいに、音数をかなり絞って、ちょっとオルタナティヴな雰囲気も漂わせているのも特徴です。

 

 

 彼女は最近、このアルバムがピッチフォークで8.8ポイントを獲得してベスト・ニュー・ミュージックに選ばれたのでそれで知った方ももしかしたらいらっしゃるかもしれないんですが、僕に関して言えば、半年くらい前から知っていました。それは同じくスペインのガールズ・バンド、ハインズが「最近のお気に入り」としてロザリアの名前を挙げていたからなんですね。その時に「えっ、フRタメンコなの!?」と驚きましたからね。

 

 実際、スペインだと

 

 

老舗のロック・メディアがアルバム前に大プロモーションを行うほど、「ロックファン、インディ・ファンでも評価するフラメンコ・アーティスト」として認知されている人です。

 

彼女、今、スペインでは大ブームで、今回の上のアルバムがアルバム初登場で2位になったのに伴って

 

 

去年の2月に出た、このデビュー・アルバムもトップ10返り咲き、9位まで再浮上する事態になっていますが

 

このデビュー作が、路線がぜんぜん違う!

 

これも驚きなんですよね。

 

 

 

 

こっちはかなりストレートに、トラディショナルなフラメンコです。この曲のように全編アコースティックで、彼女の”声”そのものがかなり強調されています。ロザリアは声にすごく特徴があって、声質はすごく今時の女の子みたいな感じで、トーンで言えばアリアナ・グランデを思わせるような感じではあるんですが、それでいて、ちゃんとジプシー・キングスのような「♩アアアアアアアアア」みたいなビブラートきかせて延々と伸ばすような、スペイン伝統音楽の基本はかなり抑えてる雰囲気があるんですよね。基礎がありながら、しっかり、今っぽく聴かせることができている。デビューの時の評価は多分、そんな感じだったのかな。

 

 

 で、今回のセカンドで、「フラメンゴ以外のリスナー」に、その実力を知ってもらうべく、モダン・アレンジで作ったんだと思うんですが、プロデュースについたエル・ギンチョと云う人がどうやらかなりの才人でして、今時のクラブ的なテイストで聞かせながらも、彼女の”生歌”を強調すべく、下手にシュガー・コーティングしてないんですよね。実際、2曲くらい、ほとんどバックトラック無しで、声だけ聞かせているような瞬間さえありますからね。

 

 

 あと、彼女の場合、全ての曲でソングライティングやってます。ほとんどの場合がプロデューサーと2人の名義なので、ベーシックな部分は彼女が書いてるかと思われます。

 

 

 彼女、もうすでに英語圏への進出、本格的に始まってもいまして

 

 

 

このようにイギリスで、BBC定番の音楽プログラム「Later With Jools」でも先月にパフォーマンスを行っています。

 

 

最近、アメリカのマーケットでも、コロンビア産のレゲトンが売れたり、カミラ・カベーロの「ハヴァナ」とかカーディBの「I Like It Like That」みたいなラテン・フレーヴァーの曲が大ヒットしているし、ロザリアが受容される土壌、かなりできてるような気がしてます。ぶっちゃけ、最初からポップ向けにコーティングされていたシャキーラより、音楽的バックボーンがはっきりしていて、エッジがある点でも、僕個人的にはすごく好感持てます。

 

 

 僕の年間でもかなりいいとこ行く気がしています。昨日のバーブラだと「トップ50のどこかに」という感じでもあったんですけど、このロザリアに関しては、25位より下回ることはないですね。10位台かなあ。さらにハマれば逆転でトップ10もありえてしまうような感じでもあります。ワールドカップの頃に「非英語圏のロック・アルバム101」という企画をやりましたけど、その「102」に加えたい気持ちが強い作品でもあります。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:アルバム・レヴュー, 17:07
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3660