RSS | ATOM | SEARCH
BTSのMステ問題に関しての個人的見解

どうも。

 

 

もしかして、日本では「もう済んだこと」扱いかもしれないんですが

 

 

 

BTS のこの原爆Tシャツ問題での「ミュージック・ステーション」出演見送り問題に、僕なりの個人的な見解をしておきたいと思います。

 

やはり、毎週全米チャートを紹介している立場上、ちょっと、何も語らずにいるのは良くないだろうと判断してのことです。

 

 

で、もう皆さんの方が詳しいかと思うので、先に結論から言います。

 

 

そのTシャツの件って、1年半前のことなんだけど、許されないものなの??

 

という感じですかね。

 

 

 知らなかったんですけど、ジミンがその、光復節の原爆Tシャツを着ていたのは17年3月のブラジルとアメリカのツアーの時だったんですってね。そんなことは、こちらに住んでて全く話題にもなっていなかったので知らなかったんですが、その時にインスタ上の写真でそれを見たファンの人から「そんな物を着てひどい」という苦情が起こっていたらしいですね。それで着るのをやめていたとか。

 

 

 これが仮に本当なのだとしたら、「今回のテレ朝はちょっと神経質な対応かな」とも思いますけどね。

 

 

 もし、これが仮に、例えば先月にそのTシャツを着たとするならば、それは僕とて、「出演見送りでもしょうがないかな」と思いますけどね。最初は起こった時期を知らなかったので、実際そう思いました。これ、このTシャツそのものが、別に右翼の人たちのみならず、「反戦反核の平和主義者」みたいな人を傷つける可能性もあるわけで。僕も、出身が八幡って言って、本当は長崎じゃなくて、そこに2つ目の原爆が落ちる予定だったところの出身で、かなり厳しく反戦教育受けていたりするので他人ごとではありません。「国の独立を語るのに、そんなもの、使うのよしてくれよ」くらいは思います。そして、いくら「日本人にとって、そんな傷になっていることだとは知らなかった」とは言っても、それを不用意に着るという行動も褒められたものではないですからね。

 

 

 ただ、それが過去のことであるのならば、まあ、写真映像的にはショッキングなことではあるけれど、そこまで尾を引かなくても・・というのはありますね。あと、「着まわしていた」とならば、そのTシャツを特に「アピールしたいから」着ていたのではなく、ただ単にそれを持っていて、部屋着感覚で着ていたのかもしれないですからね。

 

 

 一点、彼らに落ち度があったとするならば、ワールドワイドな展開を行い始めた時の、守るべき最低限のマナーの徹底ができてなかったことですかね。そのTシャツを着たのがワールドツアーの時というのは、よくないですね。いくら、該当の国に着て行かなかったにせよ、他の国である国を挑発するようなTシャツ着てたわけでしょ?それは本当なら、スタッフが止めさせないといけなかったんだけど、そういう感覚がなかったのかなあ。聞いた話だと、別のメンバーも日本デビューする際に「歴史をしっかりと学ばなければならない」と言って、かなり挑発的な印象与えていたと聞いてますからね。そういう「自分たちの音楽を聴いて欲しい国」を挑発するような行為は、インターナショナルなスターになりたいなら、やるべきではないでしょう。その対策が、国際デビュー時に甘かったツケが来てるのかな。

 

 

 でも、なんかもったいないですよね。BTSって、親LGBT的なイメージで売っていていたり、儒教の国の韓国で上の世代に反抗する感じのことを歌ったり、「強い女の子」を支持するフェミニスティックな曲があったりと、かなりリベラルなイメージで国際的には売ってるタイプなのに、それとは真逆の「偏狭な愛国主義が生む排他主義」みたいに捉えられてそれで嫌われるのだとしたら、すごい矛盾ですからね。

 

 

 まあ、そうしたある種のジレンマみたいなものが、「韓国から国際的スターになる」といった際の、今後も必要となってくる、K-Pop全体の課題なのかもしれないですけどね。

 

author:沢田太陽, category:評論, 13:25
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
コリアンとか中国人のことになると、異常な反応をするのが今の日本ですね。。。
81 til I die, 2018/11/11 9:53 PM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3655