RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

どうも。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

SINGLES

1(-)Thank You Next/Ariana Grande

2(1)Shallow/Lady Gaga feat Bradley Cooper

3(2)Woman Like Me/Little Mix feat Nicki Minaj

4(3)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

5(6)Let You love Me/Rita Ora

6(4)Funky Friday/Dave feat Fredo

7(18)Thursday/Jess Glynne

8(10)Ze Ze/Kodak Black feat Travis Scott&Offset

9(22)Without Halsey

10(9)Electricity/Slick City feat Dua Lipa

 

1位初登場は、これ話題ですね。アリアナ・グランデのニュー・シングル。これ、もう、次のアルバムに入る曲なんですってね。アルバム、夏に出たばかりなんですけどね。

 

これは文字どおり、彼女のかつての恋人たちに捧げた曲で、つい最近別れたばかりの「サタディ・ナイト・ライヴ」の若手コメディアンのピート・デイヴィッドソンにも、その前に亡くなってドラッグのオーヴァードーズで亡くなったばかりのマック・ミラー(マルコムって名前で出てきます)にも捧げられています。

 

これ、曲調もすごくいいんですよね。全盛期後期のマライア・キャリーのいい部分を発展させたみたいなところがあって。来年にかけて楽しみになってきました。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)No Tourists/The Prodigy

2(1)A Star Is Born/Soundtrack

3(3)Bohemian Rhapsody/Soundtrack

4(2)Si/Andrea Bocelli

5(4)The Greatest Showman/Soundtrack

6(-)Walls/Barbra Streisand

7(7)The Platinum Collection/Queen

8(6)Always In Between/Jess Glynne

9(-)More Blood More Bricks/Bob Dylan

10(15)Sweetner/Ariana Grande

 

 

初登場で1位はプロディジー。聞いてみましょう。

 

 

全盛期は20年前なんですけど、こうやってまだ1位取るってのはなんかすごいですね。良くも悪くも全然変わってなく、新鮮味は全くないんですけどね。なんかハッとするような何かが加わればなあ〜とは思うんですけどね。

 

6位初登場はバーブラ・ストライザントの、これは反トランプのプロテスト・アルバムです。9位はボブ・ディランの1975年の名作「血の轍」のアウトトラック集ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 11:34
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3654