RSS | ATOM | SEARCH
最新全米チャート

どうも。

 

では全米チャート、行きましょう。

 

SINGLES

1(1)Girls Like You/Maroon 5 feat Cardi B

2(2)Sicko Mode/Travis Scott

3(4)Happier/Marshmello&Bastille

4(3)Lucid Dreams/Juice WRLD

5(5)Better Now/Post Malone

6(6)Ze Ze/Kodak Black feat Travis Scott &Offset

7(7)Youngblood/5 Seconds Of Summer

8(8)Drip Too Hard/Lil Baby feat Gunna

9(12)Without Me/Halsey

10(16) Mo Bamba/Sheck Wes

 

上位変わりませんがトップ10に2曲。

 

ホールジー、コンスタントにシングル・ヒット、出るようになりましたね。これは10月に配信が始まったニュー・シングル。アルバム、去年出てるんですけど、次はこの分だと早いかな。

 

10位の「モ・バンバ」、これ、耳にかなり強烈ですね(笑)。トラック自体は遅いトラップって感じなんですが、このシェク・ウェスって人のフロウがなかなか笑えます。

 

では圏外に行きましょう。31位に上がってきたこの曲で。

 

 

 

 

はい(笑)。今の音楽チャートというのはダウンロード中心の世の中なので、こういうことが起こるんです。先週ハロウィンだったので、ベタに「スリラー」が聴きたくなった人というのが、アメリカでこれだけいた、というわけです。これから毎年、この年に入ってくるのかな。

 

あと、このMVのヒロインって今どうしてるのかな?

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Si/Andrea Bocelli

2(1)A Star Is Born/Lady Gaga

3(-)Ballads/Joji

4(-)Love Me Now/Tony Lanez

5(5)The Carter V/Lil Wayne

6(6)Drip Harder/Lil Baby&Gunna

7(7)Scorpion/Drake

8(2)WRLD On Drugs/Future&Juice WRLD
9(9)Astroworld/Travis Scott

10(10)beerbongs&bentleys/Post Malone

 

イギリスに続いてこちらでもボッチェリさんが1位です。

 

3位初登場はジョージ。聞いてみましょう。

 

 

 

彼は大阪出身のハーフなのかな。本名はジョージ・ミラーなので、そこだけだと分かりにくいんですけどね。

 

アルバム、まだ聞いてないんですけど、これもそうだし、他の曲もなんですけど、曲を聴く限り、面白いなと思いましたね。ヴォーカルの加工した感じはそんなに好みじゃないんですけど、トラックはフランク・オーシャン以降な感じがして。なんか「印象派」な感じがしてそそるんですよね。

 

 

 圏外だと、僕がすごく期待したRobynは40位。やっぱりカルト受けなのかなあ。

 

 低いんですけど、102位に入ったこのバンド聞いてください。

 

 

 

これは今週のオルタナティヴ・トラックでも12位に上がってきている曲です。ザ・ストラッツ。ヴォーカルが若い時のフレディ・マーキュリーとジュリアン・カサブランカスを足して2で割ったようだと話題なんですが、このバンドの新作、僕、好きなんですよ。いわゆるクラシック・ロック・リバイバリストなんですけど、こっちの方がグレタ・ヴァン・フリートより今日のポップ・ミュージックのリアリティに合わせる器用さがあるし、曲調のパターンも多いし。イギリスのバンドなんですけど、アメリカで時間かけて売ってくれないかなあと思ってます。このケシャとの共演もこれ、うまくいってます。

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 11:34
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3651