RSS | ATOM | SEARCH
映画「ボヘミアン・ラプソディ」公開記念 今週、当ブログはクイーン・ウィーク!

どうも。

 

 

昨日の極右大統領のことで、たくさん激励いただきました。本当にありがとうございます。あれ、結構ショックだった人、多かったようですね。実際、地球上でああいうことは進んでいるのです。気をつけたいですよね。

 

 

 で、昨日も言いましたが、今週は当ブログ、大きな特集をやります。それは

 

 

 

クイーン!!

 

ちょうど

 

 

彼らの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」が今週から公開がはじまります。したがって、このブログでは、いつもやってるアルバムのfromワーストtoベスト、さらにワン・モア何か企画をやって、それから映画のレヴューをやろうかと思ってます。アルバムに関して言えば、15枚しか該当作品がないので、1日でやり切っちゃおうかと思ってます。ちょうど、8月にマドンナ・ウィークをやった時と似た様な感じになると思ってください。

 

 

 前にも言いましたけど、僕、クイーンはかなり深い思い入れがあるんですよ。人生で初めてみたライブがクイーンですからね。なので、アルバム全曲試聴なんて何回もやってたりもするんですけど、今回もそうですけど、その都度発見があり、つくづく偉大なバンドだと見直しているところです。

 

クイーンは出会いそのものは小学3年でしたね。最初は

 

 

 

最初は「なんで自転車の歌なんて歌っているのだろう」と思っていたものです。まだ、洋楽本格的に聞く前で、ビージーズとかビリー・ジョエルを曲によっては知ってるみたいな時期でしたね。ちょうど今、うちの息子のトムが6歳でそんな感じで、クイーンだと、「We Will Rock You」と、これなら知ってるみたいな感じですね。

 

そして、

 

 

人生で最初に買った洋楽雑誌が、まさにこの表紙のミュージック・ライフ。1982年1月号。小学校6年生でしたね。

 

で、これ買った1年以内に、福岡でクイーンのライブを体験するわけですけど、今考えてもすごかったのは、福岡くんだりであの時、2公演もやってるんですよね。あの時、気がつかなかったけど、福岡で2公演も連日でやってくれるバンドなんて、今の国内でも珍しいですよ。よっぽど人気あったんだなあと思う次第です。

 

 

 

 

 で、こうやって、僕が行った、まさにその日の公演がyoutubeにあったりするから、すごい時代です。これを、まだ椅子駅だったんですけど、前から9列目で見てます。プレイガイドの前で寝袋の中で徹夜して買いましたから。あの時は、それが普通の売り方だったものです。

 

 

 では、明日の全米チャートの後からはじめますので、お楽しみに。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:音楽ニュース, 12:40
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3643