RSS | ATOM | SEARCH
極右政治家がブラジルの大統領に当選したことに関して

どうも。

 

 

前からここで何回か触れていた、ブラジルの極右大統領候補のジャイール・ボウソナロが大統領になってしまいました。

 

 

 いや〜、もう、本当に最悪ですよ。コイツの言動の酷さね。過去に

 

 

「(女性議員に向かって)お前なんてレイプする値打ちもない」

「先住民の保護区なんて1センチたりとも作らせない」

「自分の息子を黒人の女性とはデートさせない」

「自分の息子がゲイになったら死を望む」

 

 と言って問題になってます。

 

 

 また、彼は銃の所持の自由化を求める人なんですが

 

 

 

 キャンペーンで、カメラの三脚を銃に見立てて撃つ、すげえ子供っぽい行動は取るは。

 

 

 こんな小さな女の子の手を握って、銃のポーズをとらせたりね。

 

そんなことばかりしてたから、9月上旬に暴漢に刺されました。この話は前にしましたね。

 

 で、退院した時に、前述の発言で女性に不人気だったんですが、そこで「Ele Nao(彼じゃダメ)」というハッシュタグの運動起こされて、これが9月末にかなり盛り上がったんですが、皮肉にも、ここから彼の支持率が上がってしまいました。

 

 

 ただ、それには理由があって。それは彼が同じ時期に

 

親しい企業使って、対立候補のフェイクニュースを億単位の数でバラ撒いたから!

 

 この件で、実はまだ調査中なんですが、それに加えて

 

フェイスブック上の彼の支援サイトが68個も廃止にされた。

 

 それくらい、異常なレベルでヘイトやらフェイクやらバラ撒いてたんですよね。

 

 ただ、そういうことが判明したのが、投票の前の週で、世間は彼のことを、「前政権の汚職を追及する、軍隊出身の正義の政治家」と思い込んでるんですよね。なんか、ノリとしては「教祖様」に近いノリで、信者が彼のことを「ミット(伝説)」とか「デウス」とか、平気で呼ぶんですよ。

 

 

 

 信者がこんな創作ダンス、踊りますからね。もう、ほとんどノリとしてオウムです。

 

 こんな感じだから

 

 

 この世界的経済誌の「エコノミスト」を始め、世界中のメディアから「ブラジルに危ないヤツが現れた」って、連日のように、世界のどこかで必ず記事が組まれていました。

 

 

 最近でもですね、上の信者とやらがですね、「ボウソナロを支持するか否か」を巡って、黒人や女性、LGBTの人に傷害、ひどい時には殺害事件を起こしたりとか、彼の息子で議員やってるやつが「最高裁なんて軍を介入させればすぐ潰せる」と言ったりとか、本人自身が「当選したら、この国から左翼を追い出し、反対者は逮捕する」とか、完全に言動が独裁者なんですよ。

 

 

 で、有能なヤツだったら、まだいいんですよ。彼の場合、28年も議員やってて、通した議案が3つしかないし、所属政党も、今回彼の人気で第2党になるまで、議員数が10人前後の小さい政党にいたんですよね。日本の議会政治だとまず選ばれてないんですよ。議員の間ではキワモノ扱いされて窓際でしたからね。それが過激発言だけで、ネットで人気に火がついて伝説化するという、ワケのわからない道のりで大統領になりました。

 

 

 まあ、この背景には、その前に13年間、かなりリベラルな左翼政党がずっと高い支持率を誇ってて、それである時期、すごく好景気でBRICS諸国とか言って中国とかインド、ロシアと共に持ち上げられもしましたけども、それに対しての一部国民のルサンチマンが強かった、というのがあるんですけどね。それは白人の保守的な金持ちだったりとか、保守系エヴァンジェリストとか、このボウソナロみたいに、30数年前までブラジル政治を支配していた軍の人たちとかですね。そういう人たちが、その左翼政権に汚職が見つかり始めた時に寄ってたかって潰しにかかったからなんですけどね。

 

 

 それで、このボウソナロ、やたら「汚職撲滅」を叫んでそれで支持を得ていたんですけど、でも、汚職を追及して独裁政治になるんじゃよほどタチ悪いでしょ?だから、国民の半分くらいは猛反対して、国際世論まで見方についていたんですけど、信者の方が「いや、アイツは口が悪いだけで、まともな政治をするに決まってる」と信じて疑ってないんですよね。皮肉にも、前政権が問題になった2つの大型汚職事件があるんですけど、それの担当だった最高裁元長官と検察庁元長官は2人とも、ボウソナロじゃなくて、この前政権の党からの候補の支持をしていました。それで何かを察して欲しかったんですけどね。もう、盲目的になって気付かないのと、ボウソナロが大統領になることによって権益を得る人の欲が強くなってしまったんですよねえ。困ったものです。

 

 

 で、この話なんですが、基本的にこの投稿でしばらくやるのやめようかと思ってます。というのは、

 

 

 この件で悩みすぎて、このブログのこの数ヶ月の内容が個人的に気に入っていないから!

 

 

 基本的にこの話は別の仕事でのことなので、そこで発展させようかとは思っているのですが、ここでも、よほど何か問題があればあげることもあるかもしれませんが、ただ、それを考えすぎる事で、僕が本来一番したい「世界のエンタメの今を伝える」ができなくなるんだったら本末転倒だなと思ってですね。

 

 そう思ったので、ちょうど先週くらいから、ちょっとペースを上げて、濃いめのヴォリュームでやり始めているわけです。なるべく「ネタ準備」とか「時間がなくなった」とかではなしにね。モヤモヤする事を逆に発展的な方向で解消せねば、と思ったわけです。

 

 

 というわけで、今週も大きな特集、やりますよ。お楽しみに。

 

 

 で、僕の今後ですが、大丈夫です。まだ、すぐに政変があるわけじゃないので、当面はサンパウロに住みます。ただ、いざ何かあったら住居環境は変える可能性はあるので、その時はお話ししますね。まあ、そう簡単にはないとは思うんですけどね。

 

 

 

author:沢田太陽, category:ブラジル, 11:54
comments(3), trackbacks(0), - -
Comment
なんだか大変なことになっちゃってるみたいですね。
沢田さんの記事は今回の政治に関するもの、いつもの音楽・映画に関するもの、どれも率直で大胆でわかりやすくてとても好きです。
万一のことがあって何か不測の事態が起こらないよう、心から祈っております。
一読者, 2018/10/29 1:08 PM
こんにちは。神経すり減っちゃいますね。
トランプ当選後もそうでしたが、
沢田さんのブログをチェックしてなんとか心が落ち着きました。
お互い心を強くして踏ん張りましょう。
これからもブログの更新を楽しみにしています。心から。
fab, 2018/10/29 4:51 PM
トランプの時と同じくらいの衝撃ですね。残念です。
お辛いと思いますが、そんな中でも真摯にお仕事に向き合う沢田さんを応援します!
ブログ、これからも楽しみにしていますね。
haru, 2018/10/30 8:19 AM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3641