RSS | ATOM | SEARCH
「ストレンジャー・シングス」はないけれど・・ネットフリックスの今年のハロウィン向け作品は?

どうも。

 

いろいろあるんですが、今日はこのネタで行きましょう。

 

 

日本でも、ある時期からずっとハロウィンって盛り上がってますよね?欧米だと、もう長いことそうですが、そこに合わせた企画も充実しています。映画もそうですけど、ネットフリックスでも、ここ数年は「ストレンジャー・シングス」が前2年のハロウィン・ネタとしては格好の存在でした。

 

今年は残念ながら「ストレンジャー・シングス」はないんですが、ネットフリックスで、その代わりとなる青春ドラマが出ています。

 

 

それがこれです。

 

 

この「Chilling Adventure Of Sabrina」、邦題は「サブリナ; ダーク・アドヴェンチャー」というみたいですが、結構話題になってますね、これ。配信はじまったの、26日なんですけどね。

 

 

これなんですが、かいつまでいうと、こんな感じです。

 

 

半分・魔法使い、半分・人間として生まれた主人公サブリナが、16歳の誕生日、それがハロウィンの日なんですが、その日に自分の将来をどちらで生きるかを決めないと行けないんですね。で、魔法使いに決まりかかるんですけど、やはり普通の高校生なんで、どうしても人間の生活や友達に未練があり、決定を先延ばしにするわけなんですが、そこに魔の手が・・という話です。

 

これですね。

 

 

アメコミ界では結構有名らしい、同名のコミック、60年代からあるみたいなんですが、それのドラマ化ですね。これなんですが、実は

 

 

 

90年代にディズニー・チャンネルで「サブリナ ティーンエイジ・ウイッチ」というティーン向け、どっちかというとコメディでしたけどね、ドラマがあって、この主演の女の子が結構人気あったりもしたものですが、これが、この原作の極めてライトなドラマ化でした。今回はそれを、よりオリジナルに忠実に、かなりダークかつ、怖めに作ってあります。

 

 

 ただ、僕がこれに興味を持ったのは、この話の内容ではありません。この

 

 

この主演のキーナン・シプカという女の子。この子がですね

 

 

「マッドメン」のサリーだから!

 

かのジョン・ハム演じたドン・ドレイパーの娘の役だった子ですよ。あれが始まったのが2007年ですから、それから10年くらいたったわけですが、今年で19歳。この子、顔立ちが子供の時と全く同じに、そのまま拡大成長しましたね。

 

 

 

今がこんな感じですからね。大概、「子役から」という過程を経るとガッカリのことの方がほとんど(アビゲイル・ブレスリンなんて特に)なんですが、彼女はエマ・ワトソン並に成長の仕方がいいですね。これ以外の写真とかでもそうなんですけど、ファッション・センスもすごくいい。下品さが一切なく育ったというかね。スレてない感じがすごく個人的に気に入っています。

 

 

 このドラマなんですが、数話見た感じでは、アメリカの青春モノ系のチャンネル「The CW」のドラマみたいなノリで、客層的に、大人のノスタルジー・ファン層もつかんでいた「ストレンジャー・シングス」にはかなわないかもしれませんが、ティーン・ドラマのひとつとして見れば、それなりに楽しめる、固定ファンは着きそうな感じはしましたね。

 

 

 今回、こういう話をしたのは、ちょっと最近、エンタメ情報の入手の仕方を変えてみてですね。そうしたら結構、ネットフリックスとかアマゾン・プライムみたいな、日本でも同じものが共有できるもののドラマって、やっぱり国際的に話題になりやすいし、やっぱりパブリシティを結構見るんですね。やはり、そうした情報は積極的に紹介したほうがいいかなとも思いまして。来週も実はこれ、目玉になる作品があったりするんですよね。音楽の新作アルバムの解禁と同じ、これもほとんどの場合で金曜日。なるべく、このテのお話もしたいなと思ってます。

 

 

author:沢田太陽, category:海外TVドラマ, 14:26
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3640