RSS | ATOM | SEARCH
最新全米チャート

どうも。

 

では全米チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)In My Feelings/Drake

2(2)Girls Like You/Maroon 5 feat Cardi B

3(3)I Like It/Cardi B,Bad Bunny&J Balvin

4(5)FeFe/6îx9ine feat Nicki Minaj&Murda Beatz

5(6)Better Now/Post Malone

6(7)Lucid Dreams/Juice WRLD

7(4)Sicko Mode/Travis Scott
8(9)Taste/Tyga feat Offset

9(10)Boo'd Up/Ella Mai

10(11)No Brainer/DJ Khaled feat Justin Bieber,Quavo&Chance The Rapper

 

今数も動きはないですね。相変わらずドレイクが強い状態です。

 

 

では、54位に上昇中のこの曲で。

 

 

こないだのアメリカのロック系ラジオのとこで話していた曲です。着実に上がって、ここまで上がってきました。先週はトラヴィス・スコットの曲が大量に入った週だったので一時的に落ちたのですが、今週は20ランクアップ。このままいくと、トップ40には入りそうです。

 

 

ではアルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)Astroworld/Travis Scott

2(-)Queen/Nicki Minaj

3(2)Scorpion/Drake

4(-)Life's A Trip/Trippie Red

5(4)beerbongs&bentleys/Post Malone

6(6)Goodbye&Good Riddance/Juice WRLD

7(Re)30 Greatest Hits/Aretha Franklin

8(7)Invasion Of Privacy/Cardi B

9(-)Know./Jason Mraz

10(8)?/XXXTentacion

 

ニッキ・ミナージュでもトラヴィス・スコットは抜けませんでした。聞いてみましょう。

 

 

 

今回のアルバム、前作よりおちゃらけた要素が減り、真面目に作ったのはわかるんですが、ちょっと方向性の定まりが弱く中途半端な感じに映っちゃいましたね。彼女自身、トラップが嫌いだと言っているのに、中途半端にそれ風の曲をやってたりね。その辺りの生半可なことやらなければ、かなり良いアルバムになったはずなんですけどね。

 

4位初登場はオハイオの10代のラッパーです。トリッピー・レッド。聞いてみましょう。

 

 

 

正直、これだとつまんないですね。とこかで聞いた感じのことしかやってない。流行りに乗っただけにしか聞こえないですね。

 

このタイプ、まだまだたくさん出てきそうな気がしますが、そろそろ自然淘汰の状態になるんじゃないかな。

 

 

9位はジェイソン・ムラーズのニュー・アルバム。これも聞いてみましょう。

 

 

 

もうすっかり「I'm Yours」の人になっちゃってますけど、これもそのまんまのイメージですね。元々彼の場合、「ジョン・メイヤーのあからさまな対抗馬」みたいに言われてた人なので、ハッキリと分かる路線ができたことそのものはよかったんじゃないかと思いますけどね。

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 09:36
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3571