RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

ここ最近、毎週のペースでヒット映画のレヴューしてますね。しかもわりといいのが多いという。今年の夏は映画、当たりかもな。

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(1)Mission Impossible Fallout

2(-)Disney's Christopher Robin

3(-)The Spy Who Dumped Me

4(2)Mama Mia! He We Go Again!

5(3)The Equalizer 2

6(4)Hotel Transylvania 3 Summer Vacation

7(6)Ant Man And The WASP

8(-)The Darkest Minds

9(7)Incredibles 2

10(5)Teen Titans Go! to The Movie

 

 

先週に引き続いて「ミッション・インポッシブル フォールアウト」が1位です。これ、本当にいいですもんね。

 

 

初登場2位は、「Disney's Christopher Robin」。これは「クマのプーさん」ですね。そのお友達のクリストファー・ロビンの側から描いたディズニー映画です。しかも、子供のはずのクリストファーが疲れた大人になった姿を演じていまして、その役をユワン・マクレガーが演じています。

 

数字はよく2400万ドルですが、批評はまあまあといった感じですね。Metacriticで59点、Rottentomatoesで69点。僕のとこでは再来週公開されます。

 

8位初登場は「The Darkest Minds」。これはYAのディストピアものですね。ウィルスの感染の結果、生き残った少年少女の物語で、主演は今、黒人の青春スターでは人気ですね。アマンドラ・ステンバーグが演じています。あの「ハンガーゲーム」の1作目で子供だった子ですが、今年の10月で20歳なんですね!

 

これですが、「ちょっと、この路線も賞味期限切れかな」とも思ったのですが、やはりそのようでしてMetacriticで38点、Rottentomatoesで18点と、ラジーのノミネートに手が届きそうな結果になってしまいました。

 

 

 

3位はコメディ「The Spy Who Dumped Me」。これは女性版のバディ・コメディですね。これは仲良し2人組のミラ・クニスとケイト・マッキノンの2人が、かつての恋人がCIAのエージェントになったことから巻き込まれるドタバタ劇。ミラも最近コメディ専門で、ケイトはSNLのエースですからいつか実現しそうな組み合わせだとは思ってはいましたけどね。

 

ただ評判は今ひとつです。Metacriticで51点、Rottentomatoesで39点。これも3週間くらいしたらこっちでは公開です。ちょっと中身薄そうなのが気になりますね。2人とも好きな女優さんなんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:49
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3553