RSS | ATOM | SEARCH
映画「インクレディブル・ファミリー」感想 世の家庭の進化はうまく反映はしているんだけど・・

どうも。

 

では、今日は映画評に行きましょう。これです!

 

 

ピクサー映画の最新作です。「インクレディブル・ファミリー」。これはご存じ、2004年の、ピクサー作品の中でも極めて評価が高い1作「Mr.インクレディブル」の14ねんぶりの続編です。僕も前作が大好きだったので、これは「ついに来たか!」って感じですごく楽しみにしていました。今回は果たして、どんな感じになっているのでしょうか。

 

まずは、あらすじから行きましょう。

 

 

 

Mr.インクレディブルこと、ボブ・パーを家長とするパー一家は、スーパーヒーロー一家として街の平和のために戦います。ただ、街の平和を乱す敵を退治する代償として、街中の公共物に図らずも危害を与えてしまうことも少なくありません。このことを問題視した政府は、パー一家に対して、スーパーヒーロー助成金を出すのを止めてしまいます。もっと言えば、スーパーヒーロー稼業は違法となってしまいます。

 

 

 生活に困ったパー一家ですが、そこに一つの朗報が舞い込みます。それはスーパーヒーローの大ファンの企業家ウィンストン・デヴァーが、再びスーパーヒーローを合法化するべくキャンペーンを張ります。彼はスーパーヒーローに街を助けてもらうことで、いかに彼らの存在が必要かを世間に問いかけようとします。彼はすでに、複数の他のスーパーヒーローたちも集めていました。

 

 

 その話にボブは喜びます。しかし、これには制約がありました。パー家でこのキャンペーンで参加できるスーパーヒーローは一人だけ。しかも、それはボブではなく、ヘレンに白羽の矢が立ってしまいます。

 

 

 これにより、ボブは、ヘレンの代わりに、ハウス・ハズバンドとして、子供3人の面倒をみることになります。女性の社会進出そのものには理解はあるつもりで、さらにウィンストンから与えられた超モダンな住宅にも満足はしていました。ただ、それでも子育ては過酷です。「スーパーヒーローなんかになっていると、好きな男の子に持てない」と拗ねている娘のヴァイオレットの機嫌取りに、わんぱく小僧のダッシュの面倒と宿題、そして、赤ちゃんであるだけでもただでさえ大変なのに、スーパー・パワーまで駆使してしまうジャック・ジャック。この3人の世話で、1日が終わるともうクタクタでした。

 

 

 一方、ヘレンの方は、ウィンストンの共同経営者の妹イヴリンの協力のもと、スーパーヒロイン、「エラスティガール」として大活躍し、評判もあげ、キャンペーンの象徴的存在となっていきます。スーパーヒーローの仲間たちからも高い尊敬も受けます。事態は、スーパーヒーローを合法化する流れに傾きかけますが、同時に不可解なことも起こりはじめます。ヘレンの周囲の人たちが次々と催眠にあい、その間に怪事件が増える、というものでした。そして、危険はパー一家にも及びはじめ・・。

 

 

・・と、ここまでにしておきましょう。

 

 

 今回の「インクレディブル・ファミリーですが」ゲストが豪華です。

 

 

今回の重要なキャラクターであるウィンストンとイヴリンの兄妹を、「ブレイキング・バッド」のソウル役でおなじみのビル・オデンカーク、そして、主にインディ映画での渋い演技で知られる女優、キャスリーン・キーナーが勤めています。声だけでも、こういう人が入ると閉まるものですが、この映画

 

 

非常によくできてはいます!

 

 

特にうまいと思うのは

 

 

やっぱり、ボブの描き方ですね。「家族像」というもの自体が変化しているこの時代のリアリティに沿った、新しい時代の中での「男らしさ」のあり方。この描き方が一貫してうまいんですいね。前作で僕が惹かれたのもそこです。家事を一手に引き受け、時にはそれに手を焼いてオロオロもする。だけど、家の中での「頼れる指数」は確実に上がっている。これからの世の中の良い理想だと思います。

 

が!

 

本音言ってしまうと

 

 

前作を上回るインパクトは、正直な話、なかったんだよなあ〜。

 

 前作というのは、いわゆる「スーパーヒーロー映画」において、「何も、男だけが強くなくていいんだよ。これからの世の中、女でも子供でも、みんながヒーローの時代だ!」というメッセージがやっぱりかなりインパクトがあって新鮮でした。あれは全く新しい次元のものの考え方だったから。

 

 でもなあ、今回の続編も、そのコンセプトはしっかり受け継いでいるし、そこの点では満足できるんですけど、「前作のコンセプトに匹敵するさらなる強力なメッセージ」が今ひとつ感じられなかった。そこが残念ですね。

 

 あと、ストーリーそのものに新鮮味もなかったんだよなあ。デヴァー兄妹が展開する話自体もありがちな話だし、さらに言えば、ストーリーの流れでいい意味でのドンデン返し見たいのがなく、ちょっとスルッと進みすぎるんですよね。

 

それから

 

 

ヴァイオレットとダッシュの「今どきの子どもの実態」の見せ方も、ちょっと今回、型にハマっているというか、ここももう少しなんか欲しかったですね。ここがもう少し深いだけで、ストーリーがさらに良くなった気がします。

 

それがゆえに

 

 

 終始、ジャック・ジャックの「キャー、かわい〜!!」に頼りきった映画になってしまっているのはちょっと残念でしたね。赤ちゃんの使い方が面白い映画って楽しいんですけど、でも、ちょっとそれを武器にしすぎると「ズルい」というか。「赤ちゃんの可愛らしさを出されると思わずデレデレ」してしまうのは世の人情だと思うし、そこをつくのも方法論としてはアリだとは思うんですが、この部分がちょっとクドかったですね。

 

 

そして、あとはやっぱり

 

 

エドナの出番が圧倒的に少ない!!

 

ここが一番、不満ですね(笑)!なんで?ジャックジャック生かすのもいいんだけど、彼女が一番笑えるキャラなのに(笑)。もう少し生きれば、話がいい意味で脱線できて、ちょうどいい閑話休題にもなったんですけどね。次回、あるのかないのかわからないけど、「3」があるんだったら、絶対もう少し出して欲しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:映画レビュー, 13:24
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3535