RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績

どうも。

 

とうとうワールドカップが終わってしまいましたね。僕もこの1ヶ月はサッカーにかなりドップリだっただけに寂しくなります。

 

 

だけど気分はもう早速4年後ですよ(笑)。もう今のうちから、ケータイのサッカー・アプリで4年後にセレソンで出れそうな選手のデータ集めて勝手に想像してたりしてますからね。今回チャンピオンになったフランスはまだかなり若いし、この後、毎回優勝候補になると思うんですけど、どうやったらいいチームが組めて一泡吹かすことができるか。それを考えただけでも楽しかったりしますね。後、今回のW杯で、日本代表にもかなり興味持ちましたね。これまでは肝心な試合が見れないのでちょっと距離も感じていたりもしたんですけど、今や本当に便利なアプリもあるので、情報もかなり得やすくなりました。

 

 そして、「非英語圏の101枚の重要なロック・アルバム」、先ほど完成しました。やったーーー!!!ああ、もう、これで一安心。このブログ史上に残る大型企画だけに喜びもひとしおです。これ書いたら、すぐにあげますね。

 

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(-)Hotel Transylvania 3 Summer Vacation

2(1)Ant Man And The WASP

3(-)Skyscraper

4(3)Incredibles 2

5(2)Jurassic World Fallen Kingdom

6(4)The First Purge

7(16)Sorry To Bother You

8(5)Sicario  Day Of The Soldado

9(6)Uncle Drew

10(7)Oceans 8

 

 

初登場で1位は、これ、今知ったんですけど、日本だと「モンスター・ホテル」ってタイトルなんですって?「Hotel Transylvania」の第3弾です。これはアダム・サンドラーが吹き替えで主役を務めるドラキュラが、娘メイヴィスの生後にすぐに亡くなった妻の後、恋愛を一切していなかったことを心配され、娘からのプレゼントで豪華船でクルーズに出かけたところ、その主催者の女性に恋をする・・という内容です。

 

 

これ、今まで「面白くない」とか散々言われながらも続いてきたシリーズですが人気はあり、今回、4400万ドルとかなり高い数字になっています。そして評判も、これまでで一番いいんです。Metacriticで54点、Rottentomatoesで60点。これ、我が家でも実は子供に人気でして、僕も既に見ています。レビューするかもしれません。

 

 

3位初登場は「Skyscraper」。これは、今年本当に主演が多いですね。”ザ・ロック”ことデュエイン・ジョンソン主演の最新アクション・ムーヴィー。これは香港の1000メートルを超える超高層ビルを舞台に、ロック扮する元FBI隊員が家族救出のために戦うという、「ダイ・ハード」みたいな映画です。

 

 ロックにとっては「ジュマンジ」「ランペイジ」と、ここ半年強で3本目の主演作ですが、評判はまあまあ、という感じですね。Metacritic、Rottenともに52点でした。

 

  拡大公開で7位に入ってきたのは「Sorry To Bother You」。これはインディ系のブラック・ムーヴィーで、テレマーケッティングの仕事で白人の喋り方を覚えた黒人男性が引き起こす騒動をコメディ・タッチに描いたものだそう。

 

 

 これが実はかなり評判がいいんです。Metacriticで80点、Rotten Tomatoesで95点。これ、規模は小さいけど、脚本賞ならオスカーのノミネートある気がするので、ちょっと気になっています。

 

 

 では、すぐに「非英語圏の101枚の重要なロック・アルバム」の最終回、すぐにあげますね。

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 08:37
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3532