RSS | ATOM | SEARCH
エミー賞2018のノミネートから伺えるもの

どうも。

 

 

 

 

エミー賞のノミネート、発表されましたね。今年も見所を見ていこうかと思います。

 

 

 屮押璽燹Εブ・スローンズ」対「ハンドメイズ・テイル」

 

 

 

ドラマ部門はディフェンディング・チャンピオンの「ハンドメイズ・テイル」が、1年のブランクを置いて戻ってきたそれまでのチャンピオン、「ゲーム・オブ・スローンズ」と直接対決することですね。GOTが22部門、ハンドメイズが20部門と、ノミネートの数もほぼ互角。どちらが勝つかはわかりません。ハリウッドの最近のポリティカル・コレクトの空気から行けば「Handmaids」の方が分があるような気もしますが、さあ、どうなるか。

 

 

◆屮▲肇薀鵐拭彗弌屮沺璽凜Д薀后Ε潺札后Ε瓮ぅ璽襦

 

 

 

コメディは、飛ぶ鳥落とす勢いのドナルド・グローヴァーの「アトランタ」なのか、それとも、「ギルモア・ガールズ」以来、鬼才女性クリエイターと目され、これでついに正当な評価がされるのではないかと見られているエイミー・シャーマン・パラディーノの「マーヴェラス・ミセス・メイゼル」の、これも真っ向からの争いですね。

 

 近年の黒人のライフスタイルや日常の問題を、時に突拍子もない独創的なエピソードも交えながら進行する自由な「アトランタ」に対し、「ひょんなことから生まれた、1950年代の女性コメディアンの走り」のヒロインを描いた脚本の力強さ(パラディーノの作品はいつもそう)が際立つ「ミセス・メイゼル」か。両方とも大好きな作品だけに、両方応援したいんですけどねえ。でも、今の気持ちだと、メイゼルかなあ。

 

「This Is Us」からマイロ・ヴェンティミリアがノミネート

 

 

NHKでも放送されている「This Is Us」から、予てから望まれていたお父さん役、ジャックを演じるマイロ・ヴェンティミリアがついにノミネートされました。しかも主演で、黒人の息子、ランドールを演じるスターリングKブラウンとともに受賞を争います。「This Is Us」のキャラクターは全員ノミネートされて欲しいんですが、今年はこの2人のみはちょっと寂しいですけどね。

 

ぅ灰瓮妊I門は、黒人作品が目白押し

 

 

 また、黒人社会をメインに描いたコメディは「アチランタ」だけではありません。エイティーズの黒人一家を底抜けに明るく描いた「現代のコスビー・ショー」こと「Black-ish」、そして、「黒人版ガールズ」ともいうべき、非常に洗練された現代の黒人女性の日常と本音を描いた、主演のイッサ・レイ自らが主演も務める「Insecured」。これも昨今の黒人カルチャーのクリエイティヴィティが評価された結果ですね。

 

 

ズ酩壁床舛うなぎ登りなサタディ・ナイト・ライヴ

 

 そして、ここ数年、トランプを揶揄したコントを始め、ポリティカルで社会的なジョークが冴えを見せて好評の「サタディ・ナイト・ライヴ」のノミネートが今年はすごいですね。

 

 

 まずは女性キャストが3人ノミネートですよ。エース格のケイト・マッキノンを筆頭に、ダミ声で非常にやかましい黒人オバサンのレスリー・ジョーンズ、そして、すごく愛らしいおデブちゃんキャラで、ここ最近、映画露出も増えてきているアイディ・ブライアント。最近の活躍から考えるに妥当な3人である上に、「レズビアン、中年黒人、肥満」という、それぞれにマイノリティな問題を抱えた3人でもあります。

 

 また男性では、もうキャストメンバー最長滞在記録を更新している陽気な黒人キャスト、キーナン・トンプソンと、レギュラーじゃないですけど、トランプ役がすっかり板についたアレック・ボールドウィンがノミネート。ヤツの在任中はアレック、ずっとノミネートされそうな気がします。

 

 

Εスカー争いの女優たちもノミネート

 

 

今年のオスカーで助演女優賞を争った2人、「アイ・トーニャ」のアリソン・ジャニーと「レディバード」でのお母さん役が印象的だったローリー・メトカルフはエミーでもノミネートです。ただ、部門は違っていて、アリソンはコメディの主演部門で「Mom」の演技でノミネート。以前、この賞、取ってますけどね。またローリーは、彼女のかつての当たり役で、今年、復活したものの、主演のロザンヌ・バーの人種発言問題で打ち切りになったコメディ「Roseanne」でのロザンヌの正反対の妹ジャッキー役でノミネートです。総スカンされた印象もあったこのコメディですが、彼女だけはノミネートされましたね。

 

 

Д汽鵐疋蕁Εーがアジア系で初めて主演女優にノミネート

 

 

 あと、ドラマの主演女優で、アジア系のサンドラ・オーがノミネートされましたね。彼女は「グレイズ・アナトミー」でツンデレ女医クリスティーナ・ヤンを演じて一躍有名になった人ですけど、さすがは当時から実力派と見られてましたからね。チャンスを見事に掴んだ感じですね。この「Killing Eve」ってドラマ、かなり評判もいいので、すごく見たいんですよね。

 

 

・・と、こんな感じでしょうか。今年のエミーは9月17日です。

 

author:沢田太陽, category:アワード, 12:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3529