RSS | ATOM | SEARCH
ひたすら作業中

どうも。

 

 

ここんところ、同じことの繰り返しですね。特集とワールドカップのテレビ観戦、それの繰り返しですね。

 

 

その合間に昨夜は映画も見に行ったんですけど、この

 

 

 

この「Hereditary」という、欧米圏ではすでに話題のホラー映画、見に行ったんですけど、これがなあ、あまりにも気持ち悪い映画でして、ちょっと記憶の毒消しのために、もう少し楽しい映画を見に行こうかと思っています(笑)。

 

音楽では、もっぱらコレですね。

 

 

このカマシ・ワシントンの新作ですね。僕はジャズに関しては人に伝えるような知識もボキャブラリーも持ち合わせていないんですけど、この人の以前のアルバムがそうであるように、ジャズ初心者でも全く大丈夫なくらいのメロディの美しさとリズムのカッコよさがありますね。その昔、僕がエレクトロ・ミュージックを怖がっていた90年代の半ばにエイフェックス・ツインが出てきて、同じような印象抱いて好きになったものでしたけど、そういう包容力がこの人の音楽にはすごくありますね。そういう機能を果たせている時点で、相当優秀なんだと思います。

 

 

前にも言いましたけど、「4〜6月のトップ10アルバム」、来月の第1週にやりますけど、リリース過多の時期だったため、今回は6/15リリースまでを対象とするので、このアルバムは次回の「7〜9月」の扱いにしていますが、まさにここからカウントすすることになります。

 

 

では、明日の全米映画興行成績の翌日に「非英語圏の・・」の4回目を出すべく(間に合うペースで書いてはいますが)原稿書いてますので少々お待ちを。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:-, 20:12
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
「Hereditary」、サムネイルで見かけるトニ・コレットの顔が
いちいち恐ろしすぎて(笑)気になっています。
fab, 2018/06/24 9:21 PM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3508