RSS | ATOM | SEARCH
ビヨンセとジェイZ、競演アルバムを突如リリース

どうも。

 

 今、「非英語圏の101枚の重要なロック・アルバム」と並行して、「4〜6月のトップ10アルバム」も並行して準備中ですが

 

 

僕が6月15日までに聴けたもので締め切ります!

 

 

4月からの新作、良いのが多くてですね、もう、そこまでの出ないと手一杯なんですね。泣く泣くトッPう10から外したものも3〜4枚あるというのに、もう、これ以上は無理です。

 

 

ですので、このアルバム以降、6/29までのリリースに関しては、どんなに良くても「7〜9月のトップ10」に回させていただきます。

 

 

ビヨンセとジェイZが夫婦アルバム「Everything Is Love」をアメリカ時間の16日に突如発表しました。通常のリリース日の1日後に。しかもTIDALの独占ストリーミングで、Apple MusicやSpotifyでは聴けません。

 

 

いや〜、もう、入れるの、とても無理ですね。だって、22にちはカマシ・ワシントン、29にちにドレイク、フローレンス&ザ・マシーン、ゴリラズ。そんなのとても無理ですよ(笑)。なんなんでしょうね。決算でもあるのかな(笑)。

 

夫婦は、これに合わせて、次のMVも公表しています。

 

 

これですね。ジェイZ、髪伸びてオシャレになってます。ちょっと痩せたかな。

 

 

僕はTIDAL利用者でもあるので聴けます。昨夜、ダウンロードはしていて、聞いて寝ようと思ったんですが、強い睡魔で聴けず。今、朝ですが、家族との朝食後で、今日はさらにセレソンのゲームもあるので、聞けるのは早くてもそのあとですね。

 

1曲だけ聞いた限りでは、すごくジェイZっぽい趣味の、激渋な70sソウルでしたけど、さて、どうなっているか。いずれにせよ、「7〜9月のトップ10が対象」ということで。

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:音楽ニュース, 21:01
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3501