RSS | ATOM | SEARCH
最新全米チャート

どうも。

 

 

そろそろ、6月の企画の発表の頃ですが、あと2日したら、なんか訃報とか、大事件とか、飛び込まない限り、リスト発表します。その前に全米チャート。

 

 

SINGLES

1(1)This Is America/Childish Gambino

2(2)Nice For What/Drake

3(3)God's Plan/Drake

4(4)Psycho/Post Malone

5(5)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

6(6)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

7(10)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

8(7)Look Alive/BlocBoy JB feat Drake

9(8)Never Be The Same/Camila Cabello

10(9)Perfect/Ed Sheeran
 

先週、ものすごい勢いで「This Is America」が入ってきたわけですけど、その後は早速膠着状態でチャート動いてません。

 

では圏外に行きましょう。15位に上昇中のこの曲で。

 

 

 

ケイン・ブラウンという人です。

 

彼、見てもお分かりの通り、黒人とのミクスト(ハーフ)なんですが、カントリー・シンガーです。

 

最近、ロックのアメリカのチャートでの疎外ぶりってハンパないんですけど、どうやらそれ、カントリーにも及んで、そっちもかなり苦戦してますね。「どんだけ子供向きすぎるチャート改正なんだよ」、とビルボードのストリームの反映の仕方の酷さに憤り覚えてるんですけど、カントリーでもこういう、もう完全なる産業ポップス状態にまで落とし込まないと売れなくなってるのは正直キツいものを感じますね。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)beerbongs&bentleys/Post Malone

2(83)Beatiful Trauma/P!NK

3(-)Die Lit/Playboi Carti

4(-)Voicenotes/Charlie Puth

5(7)The Greatest Showman/Soundtrack

6(2)KOD/J Cole

7(4)Invasion Of Privacy/Cardi B

8(-)Tranquility Base Hotel&Casino/Arctic Monkeys

9(9)Black Panther/Soundtrack

10(-)Activated/Tee Grizzley

 

 

ポスト・マローンが3週目の1位です。

 

2位のピンクは、全米ツアーのチケットにCDつけたからです。この売り方もそろそろチャートの対象外にすべきです。

 

3位初登場はラッパーのプレイボーイ・カルティ。聞いてみましょう。

 

 

彼も、「エモ・ラップ」「エモ・トラップ」と呼ばれている系のラッパーではあるんですけど、その中ではリル・ウージと並んで僕はウェルカムなタイプです。楽曲もラップもちゃんとしてると思います。

 

 

ただ、カルティがいいというよりは、アルバム全編をプロデュースしているピエール・ボーンという人にかなりの才能を感じますね。ここ最近のR&Bでクールになっている、ちょっと印象派っぽいアンビエントな感じのトラックがいいですね。

 

 

4位はチャーリー・プースの新作、アークティックの新作はここでは8位でした。ぶっちゃけ、どの国と比べても一番順位低いですね。前作(5位)よりも低い。売り方がまずかったかなあ。アメリカの場合、ラジオの先行シングル、絶対必要ですからね。音源解禁だけだとこれではキツかった上に、リリース数日後に続いたあの過剰な炎上騒ぎでしょう。ツイてなかったですね。ただ、フランスで2位、スペインで1位と、ヨーロッパでの実績は本当に盤石です。その辺りはさすがですね。

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 11:03
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3475