RSS | ATOM | SEARCH
最新全米チャート

どうも。

 

 

前日のアークティックの記事、すごくツイッターでツイートされたみたいですね。なんか特別なことを書いたつもりもなかったので驚いてますが、日本だとアークティック好きな人、やはり多いのですね。

 

では、全米チャート、行きましょう。

 

 

 

SINGLES

1(-)This Is America/Childish Gambino

2(1)Nice For What/Drake

3(2)God's Plan/Drake

4(2)Psycho/Post Malone

5(4)Meant To Be/Bebe Rexha&Florida Georgia Line

6(5)The Middle/Zedd feat Marren Morris&Grey

7(9)Look Alive/BlocBoy JB feat Drake

8(6)Never Be The Same/Camila Cabello

9(12)Perfect/Ed Sheeran

10(10)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

 

こないだ、ここでも紹介しましたドナルド・グローヴァー、もう世界中で話題沸騰ですね。「This Is America」、初登場で1位です。話題の鳴り方が凄まじかったですからね。彼に関しては、また特集を考えています。

 

では圏外を見てみましょう。17位に急上昇中のこの曲で。

 

 

エラ・マルというのでしょうか。プロフィールがよくわからないのですが、R&Bの新星のようですね。

 

今のモダンでソフィスティケイトされたR&Bの流れを感じさせますね。洒落ていると思います。若干、後発組な感じは否めなくはあるのですが、これはいいと思うし、このほかの曲が気になります。

 

では、アルバム、行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)beerbongs&bentleys/Post Malone

2(3)KOD/J Cole

3(-)Good Thing/Leon Bridges

4(4)Invasion Of Privacy/Cardi B

5(-)Attention Attention/Shinedown

6(-)SR3MM/Rae Sremurd

7(5)The Greatest Showman/Soundtrack

8(-)Free Yourself Up/Lake Street Dive

9(13)Black Panther/Soundtrack

10(12)Culture II/Migos

 

ポスト・マローンが2週連続で1位です。

 

3位初登場は男性R&Bシンガーのレオン・ブリッジズ。前作に引き続いてのヒットです。オーガニック系の正統派って感じですけど、このアルバムはちょっとフツーすぎたかなあ、個人的には。

 

では、5位初登場のシャインダウン、聞いてみましょう。

 

 

なんかこれも「イマジン・ドラゴンズの時代のニュー・メタル」という雰囲気はなきにしもあらずですが、ただ、「時代に歩調を合わせたラウド・ロック」としてのクオリティはいいと思います。今回、アメリカだけじゃなくてイギリスでもトップ10入りし、ドイツでもブレイク直前くらいまで言っているのはなんとなくわかる気がします。ちょっとエレクトロで、やたら曲の途中で止まるのはすごく最近っぽいですね。この楽曲のトレントがいつまで続くかはわからないですが、キッズに興味を持たせる上ではよくできてるとは思います。

 

6位はレイ・シュリマーのアルバムですね。ミーゴスと同じ時期にブレイクしていますが、ミーゴスの2枚組に対してこちらは3枚組(笑)。ちょっと、それだけで聴く気が萎えちゃってますけど(笑)、どっちかというと、スウェイ・リーのソロ作の方に期待してます。

 

8位は、これ聞いたことがなかったのですが、レイク・ストリート・ダイヴ。聞いてみましょう。

 

 

 

どうやら、R&Bの白人主体のバンドのようですね。存在としては面白いと思いますが、ただ、白人がブラック・ミュージックに接近したことやろうとすると、なんで60sのアプローチになるのかは不思議ですけどね。この流れって、エイミー・ワインハウスの時からなんか固定されてる気がしますけどね。アレンジでもう少し冒険しようとしたら、さらに良くなると思います。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米チャート, 19:17
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3468