RSS | ATOM | SEARCH
カニエのトランプ愛にビル・コスビーの有罪に

どうも。

 

 

昨日書いたように、原稿と歯科手術で忙しいですが、トピックがあるので語っておきましょう。

 

 

今週、世界のエンタメ界で話題だったといえば

 

 

 

やっぱ、これですね。カニエ・ウェストのトランプ愛表明ですね。カニエに関しては以前からトランプへの興味が語られていましたけど、とうとう「Make America Great Again」キャップをかぶって、それを誓ってますね。このキャップ、MAGAキャップって言われているみたいですけどね。

 

 カニエ曰く、彼とトランプは「ドラゴン・エナジー」なるものに溢れているらしいですけど、なんじゃそりゃ(苦笑)。

 

 

 この発言をめぐり、エンタメ界はかなり賑やかになっていました。もちろん、そのほとんどが批判的なものですが、秀逸なミームもたくさん出てきましたので紹介しましょう。

 

 

この「ゲット・アウト」とか素晴らしいですけどね(笑)。つまり「白人の脳を移植された」という意味ですけど、今回の報道を受け、この映画の監督のジョーダン・ピールは「ゲット・アウト2」の制作を実際に刺激されたようですよ。

 

 

 

あと、これもおかしいですね(笑)。これはケヴィン・ハートとウィル・フェレルのコメディの「Get Hard」って映画のポスターのパロディですね。

 

 

 

あと、全身写ってないですけど、これはカニエのMV「Bound 2」のパロディです。トランプのとこ、キム・カーダシアンなんですけどね、これ(笑)。

 

 

 

あと、ミュージシャン仲間からは、今回の発言、さすがにウケが悪いですね。このメイシー・グレイのように、「Make Kanye Great Again」キャップをかぶる人まで登場しています。

 

 

 

あと、カニエのダブル・スタンダードをからかうものもありますね。これは2005年、ハリケーン・カトリーナのチャリティ番組のもののですね。カニエはマイク・マイヤーズと共に番組に出たんですけど、その時に「ジョージ・ブッシュは黒人のことなんて考えていやしない」と発言しているんですね。これ動画もあるんですが、カニエがその発言したあとに、マイク・マイヤーズが当惑した顔して、画面が突然切り替わってるんですよね。書いていて思い出したんですが、これ、当時物議醸したんですよ。こういうことやった人が、あのトランプ愛宣言なワケです。そりゃ、怒る人もいますよね。

 

 

 と、カニエのこの騒動があった一方で

 

 

 

ビル・コスビーの連続レイプ事件、有罪ですね。この件に関しては、2014年11月22日の当ブログの記事に詳しく書いてますけど、この人、「コスビー・ショー」やってた時代は、黒人エンタメの世界ではチャリティ活動を通じて最も尊敬されていた人ですからね。それだけにこの件はショックが大きいですね。

 

 

この件は、山口メンバーの問題(個人的に、すごく興味あるんですけどね、それ)の最中ではあるんですが、それなりに日本でも報道されているのか、前述のブログの過去記事もだいぶアクセスがあるようですけどね。

 

 

 彼の年齢考えると、死を監獄で迎えることになりそうで、あんな栄誉があった人の末路としては悲しいですけど、ただ、被害者の数も尋常じゃないほど多いわけですしね。やった罪は償わないといけませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:エンタメ・ニュース, 20:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3449