RSS | ATOM | SEARCH
オスカーの今年の作品賞ノミニーに順番つけてみた

どうも。

 

 

先ほどもチラッと書いたんですけど、オスカーの今年の作品賞、ノミネート作品、全部見終わりました。

 

 

 まだ1作品、レヴュー書いてないんですけど、その前に、ノミネート9作品で、僕の順番つけると、こうなりました。

 

 

1.君の名前で僕を呼んで

2.ファントム・スレッド

3.シェイプ・オブ・ウォーター

4.レディ・バード

 

---------------------------------------------

5.スリー・ビルボード

 

---------------------------------------------

6.ゲット・アウト

7.ペンタゴン・ペーパーズ

8.ダンケルク

 

---------------------------------------------

9.ウィンストン・チャーチル

 

 

こんな感じですかね。

 

 

もう、膝叩いて「好き!」と言えるのは、今年は上位4つですね。これだと胸張ってオススメという感じになります。「スリー・ビルボード」はレヴューにも書きましたがコーエン兄弟にあそこまで似てなかったらなあ。

 

 

6-8位は全く差が無いですね。どれもいいポイントはあるんですけど、僕個人的には何かがもう一押し欲しかった映画でしたね。

 

 

9位はゲイリー・オールドマンのノミネートだけでよかったんじゃ無いかなあ。正直、映画としてはそんなに面白いものでは無いですからね。

 

 

僕の中では、やっぱり「ビッグ・シック」は上位4つに近い評価(若干、落ちるけど)だし、「ウィンストン・チャーチル」をノミネートするんだったら、アニメの「リメンバー・ミー」だったり、「ディズアスター・アーティスト」「アイ、トーニャ」の方が断然いい映画だったと思いますね。

 

 

 まあ、いずれにせよ、残すとこ1週間です。ギリギリで「スリー・ビルボード」までの作品だったら作品賞受賞しても「いいんじゃない」と個人的にはなりますけど、さて、どうなるか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:オスカー, 15:46
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3386