RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

どうも。

 

今日は、僕の今やってるSpotifyのプレイリストの効果的な説明ができる週です。全英チャート。

 

 

SINGLES

1(2)River/Eminem feat Ed Sheeran

2(4)Barking/Ramz

3(1)Perfect/Ed Sheeran

4(5)I Miss You/Clean Bandits feat Julia Michaels

5(7)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

6(3)Anywhere/Rita Ora

7(29)Never Be The Same/Camila Cabello

8(12)Tip Toe/Jason Derulo feat French Montana

9(6)Let You Know/NF

10(10)I Know You /Craig David featuring Bastille

 

 

エド・シーランの曲を、エミネムがエドをフィーチャーした曲で抜きましたね。

 

トップ10入りはカミーラ・カベーロのアルバムからの直前の先行シングルになった曲です。ここであちょっと置いといて、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman

2(-)Camila/Camila Cabello

3(2)÷/Ed Sheeran

4(5)Revival?Eminemu

5(3)The Thrill Of It All/Sam Smith

6(4)Human/Rag N Bone Man

7(8)Reputation/Taylor Swift

8(7)Beautiful Trauma/P!NK

9(10)Glory Days/Little Mix

10(20)Dua Kipa/Dua Lipa

 

 

カミーラのアルバム、ここで2位初登場です。では、先ほどの曲、聴いてみましょう。

 

 

 

 アルバム、この曲を除けば、すごくいいアルバムなんですよね(苦笑)。いや、すごく評価していて、去年のケシャやらデミ・ロバートよりは格段にいいアルバムだし、アイドルのアルバムとしてはかなり秀逸です。ただ、アルバムが全編、大ヒットした「ハヴァナ」を基調としたラテン・コンテンポラリーで統一されてるのに、アルバムの冒頭を飾るこの曲だけが、割とありきたりなエレクトロ・アレンジなんですよねえ。歌詞は人生を振り返っていて思い入れはあるんだとは思うんですけど、なんか聴いててこれだけが浮いてるんですよねえ。

 

 そういうこともあり、彼女の曲、僕のSpotifyの現在なら頭から数えて3曲めに置いてあるんですけど、違う曲を入れています。

 

 

 ただ、カミーラ、ラテン・フレーバーの活かした個性は他のアイドルと一線を画した確かなキャラを確立しているし、後、The 1975の熱烈なるファンなんですって!これは是非マット・ヒーリーにも前向きにプロデュースを検討していただきたいものです。

 

 

 そして、僕のSpotifyの最新曲プレイリスト「Songs You Should Listen To By Now 」で冒頭を飾っているバンドが初登場32位で入っています。Shameです。聴いてみましょう。

 

 

 

 

この曲なんかは、初期のオアシスのいい時の感じがなんとなく感じられる曲ですよね。これなんかは去年の年末から今もそうですけど、BBCでかなりのヘヴィ・ローテーションなんですよね。

 

 

 ただ、全体聞くともっとダークでアグレッシヴです。特にこれなんてそうですね。

 

 

 これなんてエコー&ザ・バニーメンの曲のスピード上げてジョー・ストラマーが歌ったみたいですごくカッコいいんですよね。

 

 ただ、ここまでの力がありながら、注目されたのが遅れてしまったがために、アルバムは32位でしたけどね。ただ、レビューは絶賛続きでNMEで5つ星、ガーディアンで表紙になったことから、それで知名度が一気に上がっています。ピッチフォークでさえ7.5点付けて、メタクリティックで88点。すごいでしょ!

 

 

この感じだと、フェスのシーズンで注目されて、マーキュリー・プライズにノミネートの頃に改めてプロモーションかける感じになると思いますよ。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:22
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3348