RSS | ATOM | SEARCH
また新たにプレイリストを3つ作りました!

どうも。

 

 

ちょうど休みなので時間があるのでプレイリストを作っているんですけど、こないだ公表したところから新たに3つ、プレイリストを作りました。

 

 

お題はコレです!

 

 

 

 

 僕の音楽に関しての直接的なルーツですね。ライノ・レコーズの名物コンピから3シリーズを、僕の選曲でまとめたプレイリストを作りました。

 

 

 もう最近はあまりやってないようですが、ロサンゼルスのライノといえば、90年代から2000年代までは、再発もののCDのコンピで素晴らしい仕事をするレーベルとして知られていたものです。僕もここから出るコンピを買いあさっては、英語で書かれた楽曲解説のライナーノーツを読んで音楽の歴史や背景について徹底的に学んだものでした。

 

 

 今回は数あるライノの名仕事でも、やはりこの3つこそがライノの最大の名物ではないかと思われる、この3つのコンピを僕自身で新たに作りました。

 

 まず

 

 

 

 これがいちばん有名なヤツです。「Have A Nice Day」。これは70年代の、「名前こそビッグではないけれど、当時のアメリカのシングル・チャートで確実にヒットはした曲」を全25巻300曲で紹介している名コンピです。わかりやすく言うと、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の中の大概の曲がここに収められたもの、といい言い方をすればわかりやすいかな。この中から70曲を選んでプレイリストを作りました。

 

Spotifyのある方は「Tribute To Rhino Records: Best Of "Have A Nice Day" selected by Taiyo Sawada」で検索してみてください。

 

 

続いて

 

 

 これも定番でしたね。70sのソウル・ミュージックの名曲を集めた「Soul Hits Of The 70s」。これも全20巻240曲のコンピでしたけど、90年代、僕はこれでソウル・ミュージックの勉強と、「ブラック・イズ・ビューティフル」が声高に叫ばれた70sのブラック・カルチャー、そしてサンプリングのネタ元を学んだものでした。

 

 ぶっちゃけ、これ、スティーヴィー・ワンダ_やマーヴィン・ゲイ、ジャクソン・ファイヴなどのモータンやアレサ・フランクリンにJBを除けば、この当時の主要なソウル・ミュージックはほとんど入ってるんですよね。なので僕的にはすごくオススメです。

 

 これもSpotifyで僕が68曲に凝縮してまとめたので「Tribute To Rhino Records: Best Of "Soul Hits Of The 70's" selected by Taiyo Sawada」で検索してみてください。

 

 

 そして3つ目ですが

 

 

 

 この「New Wave Hits Of The 80's」ですね。これも全15巻240曲収めた大規模なコンピでしたけどね。

 

 

 こないだ紹介したシンセ・ポップのプレイリストに似てるといえば似てますが、あれと曲のダブりは一切なく作ってあるし、こっちの場合は「ニュー・ウェイヴはシンセだけじゃないよ」とばかりに、パブロック、スカ、ポストパンク、ファンカラティーナ、ジャングル・ビートと色々と70曲を選ばせていただきました。

 

 こちらも「Tribute To Rhino Records: Best Of "New Wave Hits Of The 80's" selected by Taiyo Sawada」で探せば出てきますよ。

 

 

 このSpotifyでのプレイリスト作りはこの後も続きます。ただ、今回は既存のコンピ・シリーズから選んだ形にしたから早く作れたけど、次のは「シンセ・ポップ」みたいに一から作るタイプのものなので多少時間がかかります。

 

 

 ただ、その前に、1月8日には大事なプレイリスト、公開しますけどね。なぜ「1月8日」なのか?それこそが大きなヒントだったりするんですが、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:Spotify, 13:40
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3320