RSS | ATOM | SEARCH
ゴールデン・グローブ2018 ノミネート(映画編)

どうも。

 

 

では、映画篇、行きましょう。

 

作品賞(ドラマ)

Dunkirk

The Shape Of Water

Call Me By Your Name

Three Billboards Outside Ebbing,Missouri

The Post

 

 

今回、最多ノミネートとなったのは、このギレルモ・デル・トロの「The Shape Of Water」で7部問です。これがいろんな前哨戦批評家映画賞の最多ノミネートになっています。

 

 ただ、これらの映画賞でなかなか作品賞を取れていないことで、今、ものすごく接戦になっていますね。

 

 

作品賞(コメディ)

The Disaster Artist

I,Tonya

Get Out

Lady Bird

The Greatest Showman

 

 

逆に今現在、絶好調なのは「ゲット・アウト」で、今のところ、一番、批評家映画賞の作品賞を受賞していますね。これ、「ホラー」というカテゴリーがないから、コメディに扱われてますけどね。でも、そんな映画じゃないんですけどね(笑)。

 

ただ

 

監督賞

クリストファー・ノーラン(Dunkirk)

ギレルモ・デル・トロ(The Shape Of Water)

スティーヴン・スピルバーグ(The Post)

リドリー・スコット(All The Money In The World)

マーティン・マクドナー(Three Billboards Outside Ebbing,Missouri)

 

 

 ここで、「ダンケルク」のクリストファー・ノーランや、スティーヴン・スピルバーグ。前述のデルトロなどのビッグネームが並んでいます。

 

「ダンケルク」も何を見てもノミネートはされているんですが、受賞はなし。実は僕、この映画はキツ位だろうと思っています。というのは、役者や脚本ではノミネートが見込めない上、技術部門でも「シェイプ・オブ・ウォーター」とことごとくぶつかるでしょ。しかも、役者や脚本でもノミネート確実な分、勢いで上回る気がしますね。

 

 

ここは、「Lady Bird」のグレタ・ガーウィッグ、「ゲット・アウト」のジョーダン・ピールはノミネートを逃しています。さて、これがどう出るか!GGの監督賞ノミネートを逃すと、案外オスカーにも響きますからね。両者ともに長編デビュー作で、ちょっと監督としての実力が見えないとこは否定できないです。あと、正直、「ゲット・アウト」は企画そのものが素晴らしいんですけど、監督の手腕での傑作なのかがどうか、今一つ見えないんですよね。

 

 

 そして、ケヴィン・スペイシーの差し替え問題で大ダメージを受けていたはずのリドリー・スコットの「All The Money In The World」が同情票も集めましたね。

 

 

主演男優賞(ドラマ)

トム・ハンクス(The Post)

ダニエル・デイ・ルイス(Phantom Thread)

ティモテ・シャルメ(Call Me By Your Name)

ゲイリー・オールドマン(Darkest Hour)

デンゼル・ワシントン(Roman J Israel Esq)

 

最初は「Call Me 〜」のゲイの美少年ティモテ君が強かったのですが、トム・ハンクス、ダニエル・デイ・ルイスの強豪が上がってきてますね。個人的にはダニエル・デイ・ルイス、気になります。

 

 

主演男優賞(コメディ)

ジェイムス・フランコ(The Disaster Artist)

アンゼル・エルゴート(Baby Driver)

スティーヴ・カレル(Battle Of The Sexes)

ヒュー・ジャックマン(The Greatest SHowman)

ダニエル・カルーヤ(Get Out)

 

 

 

アンゼル、まさか、ノミネート、区ましたね(笑)!

 

ここはジェイムス・フランコだな〜。歴代ベストの怪演と聞いています。楽しみだなあ。

 

 

主演女優賞(ドラマ)

ジェシカ・チャステイン(Mollys Game)

フランシス・マクドーマント(Three Billboards Outside Ebbing,Missouri)

サリー・ホーキンス(The Shape Of Water)

メリル・ストリープ(The Post)

ミッシェル・ウイリアムス(All The Money In The World)

 

ものすごく実力派が並んでますね、ここは!個人的には大好きなジェシカなんですけど、サリー・ホーキンスとフランシスの争いでしょうね、ここは。

 

 

主演女優賞(コメディ)

シアーシャ・ローナン(Lady Bird)

ヘレン・ミレン(The Leisure Seeker)

エマ・ストーン(Battle Of The Sexes)

ジュディ・デンチ(Victoria And Abdul)

マーゴット・ロビー(I,Tonya)

 

 

「ブルックリン」で受賞できなかった時からシアーシャはすごく応援したいんですけど、スケート界のお騒がせ女王、トーニャ・ハーディングの変人的日常を描いた「I,Tonya」のマーゴット・ロビーも期待したいですね。

 

助演男優賞

ウィレム・デフォー(Florida Project)

アーミー・ハマー(Call Me By Your Name)

リチャード・ジェンキンス(The Shape Of Water)

クリストファー・プラマー(All The Money In The World)

サム・ロックウェル(Three Billboards Outside Ebbing,Missouri)

 

 

 

ここがもう、ウィレム・デフォーが圧勝するデータがもう出ています。この「Florida Project」という映画自体が作品賞の有力候補なんですけど、GGではオミットされました。これが痛手とpなるか。

 

 

助演女優賞

メアリーJブライジ(Mudbound)

オクタヴィア・スペンサー(The Shape Of Water)

ホン・チャウ(Downsizing)

アリソン・ジャニー(I,Tonya)

ローリー・メトカルフ(Lady Bird)

 

 

アリソン・ジャニーとローリー・メトカルフの間で割れてますけど、音楽ファン的にはメアリーJブライジの女優ブレイクですね。本当に歌の上手い人なのでそちらでももう一度注目されて欲しいんですが、これはこれで嬉しいことです。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:アワード, 05:03
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
今年は本命な作品が4つくらいに
割と分かれている感じですね。
個人的にGGでの驚きは
ゲットアウトの脚本賞漏れでした。
批評家賞を見る限りは
ゲットアウトがほぼ獲っていたのに。。
助演男優のウィレムデフォーは
今度こそ!獲って欲しいです。。。
ククメ, 2017/12/13 3:44 AM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3304