RSS | ATOM | SEARCH
「ストレンジャー・シングス」第2シーズンを見終わって

どうも。

 

 

やっと、この話をしますね。

 

 

 

はい。「ストレンジャー・シングス」の第2シーズンです。実はこの投稿を書き始めている段階で最終話がまだ見れてません(苦笑)が、今日アップしないと他にあげる日がないので、最終話を見たら後で書き足すのでご了承を。

 

 

 では、気になったポイントを。

 

 

.Εルが迫真の演技

 

 

「呪われた(?)少年」、ウィルの迫真の演技が見事ですね。前シーズンは、囚われの身だったのでほとんどその姿を見なかったのですが、今回、実質上の主役ですね。すごく話を引っ張ってて、この色白の痩せ身と、錯乱状態に入った時の顔一つで話をけんいんしてますね。

 

 今回の「ストレンジャー・シングス」、本音を言ってしまうと、「前作ほどストーリーのネタ数が少ないな」という感じで、登場キャラクターの持つドラマ性が薄いなと思ってしまったのですが、彼はよかったです。

 

 

▲泪奪スがすごく可愛い!

 

 

 あと、この新キャラクター、マックスが可愛い!すごくキュートな赤毛ちゃんって感じで、イジメられっ子の4人と、アウトサイダーで気が合う、という設定もナイス。イレヴンのライバル・キャラとしてうまく機能できてたのもよかったですね。

 

 

マックスのヤバい兄貴とメタルがエイティーズ過ぎ(笑)!

 

 あと、この

 

 

ビリーが笑えるキャラでしたね(笑)。

 

 この髪型といい、表情といい、エイティーズにすごく制作された青春モノに出てくる典型的な体育会系の乱暴者って感じで、ウケました。このマレットな髪型と青いジーン・ジャケットね。

 

 で、今回、彼の影響もあって、サントラがメタRう色が濃くなってます。部屋にメタリカの1stアルバムのポスター貼ってあって、劇中でも、彼からみじゃなく、ボン・ジョヴィの「ラナウェイ」なんかもかかるんですが、一番印象深いのはこれでしたね。

 

 

 

 

ラットを聞きながら自宅で筋トレ(笑)。これがもう、あまりにもエイティーズのアメリカのヤンキー少年とメタルの相関関係が示されててウケました。このせいで、今週、僕はラットのベスト・アルバムを繰り返して聴くハメになりました(笑)、

 

 

ぅ好謄ーヴが「いいヤツ」化してた

 

 

 あと、ナンシーのカレ氏のスティーヴですね。彼、シーズン1では単なるイヤなヤツでしかなかったのに、なぇか今シーズン、「いいヤツ」化してるんですね(笑)。これを今シーズンの意外な収穫とする意見が多いですね。なぜか、ダスティンといい関係になってたりします。

 

で、たった今、最終エピソード、耳終わりました。

 

 

ゥぅ譽凜鷂果がやや後退

 


 そして番組の目玉、イレヴンなんですが、今シーズンは使われ方がずっと隠れた感じだったので、やや割り食ってますね。あと、第1シーズンでの「坊主の美少女」のインパクトが薄まって、かつ、代用になるファッションが上の写真見たいな感じだったので、あんまり目立たなかったかな。最後の2エピソードでは、しっかり存在感残したんですけどね。
第3シーズンでは、もっと髪も伸びててより変化がつけられるはずなので、どうなるかさらに期待ですけどね。
Ε轡瓩すごくキレい!
 今シーズン、全体的に「話が薄いな」というのと、ウィノナ・ライダーをはじめとした大人の見せ場がほとんどなかったので、ちょっと個人的には物足りなかったんですが、最後は良かったですね。
 そして、最後の最後のロマンティックな選曲!これは良かった!1984年という時代設定を考えたら、あれ以上ベストな曲、ないですからね。
 ・・と、そんな感じでしょうか。来年、また、ハロウィンで会いましょう・・ってとこでしょうかね。
author:沢田太陽, category:海外TVドラマ, 21:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3263