RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

こっちではロック・イン・リオが終わりました。やっぱ、ガンズの3時間ライブは話題になってましたね。最終日のレッチリは、すごくサクッと終わっていたのとは対照的でした。

 

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(-)Kingsman The Golden Circle

Kingsman The Golden Circle.png

2(1)It

3(-)The LEGO Ninjago Movie

4(2)American Assasin

5(4)Home Again

6(3)mother!

7(-)Friend Request

8(5)The Hitman's Bodyguard

9(-)Stronger

10(8)Wind River 

 

 

初登場で1位は、これ、結構日本でも人気ありましたね、「キングスマン」の続編です。あれからもう、3年も経つんだな。今回はキャストにチャニング・テイタムが加わったりしていますね。今回もコリン・ファースが主演ですね。

 

これ、アメリカでもヒット・シリーズになりつつありまして、初登場の興行は3600万ドルと人気なのですが、批評的にはかなり難しい感じです。Metacriticで45点、Rottentomatoesで51点。僕、実は前作見てないんですけど、今回もこれだと手は出さないかもしれないです。

 

3位初登場はLEGOムーヴィー・シリーズの第3弾「NINJAGO」。これは、LEGOの中の人気シリーズの一つで、2011年からテレビ・シリーズにもなっているんですね。ちょうど来週、うちのトムを連れて見に行く予定なので、僕自身も学んでるとこです。

 

 ただ、批評的にはLEGOムーヴィーの前の2つほどは良くありません。Metacriticで55点、Rottentomatoesで53点。

 

 

7位初登場は「Friend Request」。facebookをやってたら、そのうち確かに思いつきそうなアイデアのホラーですね。

 

ただ、素人目にもすぐに思いつきそうな感じが当たってしまったのかレヴューは散々です。Metacriticで33点、Rottentomatoesで20点。

 

9位初登場は「Stronger」。これはボストン・マラソンでテロにあって足を失った実在の参加選手のその後を追ったヒューマン・ドラマで、ジェイク・ジレンホールが主演しています。

 

これは今年のトロント映画祭にも出展していた映画なので、アワードに参加する意思のある作品なのですが、そういうこともあり、点数はなかなかいいですよ。Metacriticで74点、Rottentomatoesで76点。この点数だと、作品賞はやや難しい気もしますが、ジェイクの主演男優賞ノミネートならありえる数字になっていますね。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 11:49
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
ふさわしくなければコメントを消して下さい。
少し逸れるんですが「Stronger」についてなんですが、このボストンのテロはアメリカがでっちあげたテロと当時相当話題になってて自分も興味を持って調べたことがあるんですが、今年に入ってマークウォルバーグ主演でもこのテロについての映画「パトリオットデイ」が公開され、本作で同じ事件について二本目です。
なんだか凄い圧力やプロパガンダ的思惑を感じるんですが、本国アメリカや近隣の国ではそういう話題や疑惑が再燃したりはしてないのでしょうか?
最近映画好きの仲間と話していてたまたまこの件で議論になったのもあって気になっていてコメントさせて頂きました。
コメントが反映されないようでしたら不適切だったのだと理解して今後このようなコメントは控えたいと思います。もし可能でしたらそういった面での海外での生の声を教えていただきたいです。
長文失礼しました。
しろくろ, 2017/09/26 6:20 AM
なるほどですね。

僕自身としては、「中身を見ていないとなんとも」というのが正直なところです。設定だけで判断はさすがにできないので。でも、興味深い指摘ですね。ありがとうございます。正直、そこまで考えてはいなかったです。


むしろ「アングリーバード」の方に右翼的ニュアンス、感じましたね。あれは侵入してくる豚が確かに悪いんですけど、ニュアンスとして、侵入者に友好的にしようとしてた人を浅はかに描いている上に、主題歌、ブレイク・シェルトンのどカントリーですからね(笑)。これ、僕はかなり意図的だったような気がしてます。
太陽, 2017/09/26 10:13 AM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/3213