RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

どうも。

 

 

今日は朝、一家で公園に行くという、ヤング・ファミリーっぽいことをしました。赤ちゃん連れの家庭が多かったですね。その公園、うちの近くなんですけど、すごく大きくて清潔ですごく人気があるんですが、納得でしたね。良いものです。

 

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Shape Of You/Ed Sheeran

2(30)Something Just Like This/Coldplay feat Chainsmokers

3(4)Castle Of The Hill/Ed Sheeran

4(3)Human/Rags N Bone Man

5(5)Chained To The Rhythm/Katy Perry feat Skip Marley

6(17)Big For Your Boots/Stormzy

7(9)It Ain't Me/KYGO feat Selena Gomez

8(6)You Don't Know Me/Jax Jones&Raye

9(8)Paris/Chainsmokers

10(-)Slide/Calvin Harris feat Frank Ocean and Quavo         

                                                                   

エドはあいかわらず1位ですが、2位にコールドプレイとチェインスモーカーズのコラボ、入ってきました。いい評判聴かないんですけどね、これ。なんのためにエレクトロ界の人材と共演したのかが全く見えない感じがすると言うか。

 

 

10位にはキャルヴィン・ハリスのニュー・シングル。共演はフランク・オーシャンにミーゴスのラッパー、クェイヴォと、最近好調のアメリカのR&B/ヒップホップのトレンドに乗ることによってEDMでの生き残りをかけようとしていますね。ただ、そこまで豪華な組み合わせの曲の割に、「フランク・オーシャン、本気度どれくらいだったのかな」と思えるほど、彼の曲のメロとしてはキレがない曲なのはどうなんだろうと思いましたけどね。

 

では、アルバムに行く前に圏外行きましょう。21位初登場のこの曲で。

 

 

 

今週の全英チャートで大旋風を巻き起こしているUKラッパーのストームジーの「Cold」です。彼は今週6位に「Big For Your Boots」を再トップ10入りさせていますが、この2曲のほかに計16曲が全英シングルに入ってます。それだけダウンロードされたといいうことですね。すさまじいです。

 

 

では、注目のアルバムに行きましょう。

 

                                                                                                                                                                            

ALBUMS

1(-)Gang Signs&Prayer/Stormzy

2(1)Human/Rags N Bone Man

3(4)X/Ed Sheeran

4(6)Trolls/Soundtrack

5(5)21/Adele

6(7)Glory Days/Little Mix

7(12)24K Magic/Bruno Mars

8(11)Ladies&Gentlemen/George Michael

9(8)La La Land/Soundtrack

10(10)Starboy/The Weeknd

 

そのストームジーがアルバムも1位です。

 

これ、僕も聴いてますが、素晴らしいアルバムですよ!とにかくストームジー、ラッパーとして優れてます。聴いて一発でわかる裏返りやすい声で、いろんな速さの曲でフローが調節出来て、しかも歌まで歌える。そしてイギリスのヒップホップらしくハウスの影響までしっかりアピールしてね。上手さとエンタメ性が抜群です。これは今年出たアルバムの中でもトップクラスのできですね。

 

 

 あとはまだブリット・アワーズでの影響があって、ブルーノ・マーズ、そしてジョージ・マイケルのベスト盤が再トップ10入りしています。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 14:25
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2997