RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

オスカーの映画、あと1本で見終わります。金曜あたりで終わるかな。

 

 

では。月曜恒例、全米映画興行成績、行きましょう(ポスターをクリックするとトレイラーが見れます)。

 

 

 

1(1)The LEGO Batman Movie

2(2)Fifty Shades Darker

3(-)The Great Wall

4(3)John Wick: Chapter Two

5(-)Fist Fight

6(5)Hidden Figures

7(4)Split

8(6)A Dog's Purpose

9(8)La La Land

10(-)A Cure For Wellness

1位は「LEGOバットマン」が2週目首位。見に行きましたが、今回もいい感じでバカです(笑)。まだ興収、3000万ドル超えてます。

 

「フィフティ・シェイズ・ダーカー」は半減したものの、一応まだ2000万ドルですね。

 

 

3位初登場は「The Great Wall」。中国・宋王朝時代、だから1200年代くらいに、西洋から中国に流れ込んだソルジャーたちの話で主演がマット・デイモンです。

 

そういうわけで話題性もあるわけですが、なんかショボい感が否めないなと思っていたら、やっぱり評判は悪いです。Metacritic42点、Rottentomatoes36点。マット・デイモンって、評判良い作品にもたくさん出てますけど、結構こうやって外す映画もそれなりに多いですよね。

 

 

5位はコメディです。「Fist Fight」。これは高校を舞台にした2人の先生の話で、生徒のいたずらにキレたとこからはじまるお話。キレやすい先生をアイス・キューブ、オタオタする先生を、しゃがれ声コメディアン、チャーリー・デイが演じています。

 

 

キャストはおもしろそうなんですが、評判はかなり悪く、Metacritic24点、Rottentomatoes31点。ちょっとアイス・キューブもので低得点の主演系が続いているのが気になります。

 

 

10位初登場は「A Cure For Wellness」。これはサスペンスで、主演はレオナルド・ディカプリオ似ともよくいわれるデイン・デハーン。かいつまんでいうと、スイスにある恐怖のSPAの謎を突き止める話で、そこにセクシーなファム・ファタールがいる、みたいな話っぽいですね。

 

 

ただ、評判はこれもイマイチ。Metacritic47点、Rottentomatoes38点でした。

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 19:48
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2983