RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績とBAFTAの結果

どうも。

 

 

グラミーのタイミングだというのに、語らなきゃいけないことが多いです。

 

では、全米映画興行成績から。

 

 

1(-)The LEGO Batman Movie

2(-)Fifty Shades Darker

3(-)John Wick: Chapter Two

4(1)Split

5(4)Hidden Figures

6(3)A Dog's Purpose

7(2)Rings

8(5)La La Land

9(8)Lion

10(9)The Space Between Us

 

 

注目の今週の1位は「LEGOバットマン」。2014年のLEGOムーヴィーの続編で、あれに出てたバットマンが今回の主役ですが、大好評で5500万ドルと好調の出だしです。

 

 

評判も今回もすごくいいです。Metacriticで75点、Rottentomatoesで91点ですからね。前作はオスカーのアニメ部門のノミネート逃したのを惜しむ声が多かったんですけど、今回はどうでしょう。

 

 

予想を覆され2位に終わったのが「フィフティ・シェイズ・ダーカー」。あの超話題だったエロ・ロマンス「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」の続編ですが、さすがに前作のラジー賞独占は効いたか、初週は4600万ドルと、前作の8500万ドルから45%暗い大幅に下がってます。

 

 

ただ、今作で挽回は、これは相当苦しいです。Metacriticで33点、Rottentomatoesでは9点!僕も見てますけど、これはホントにひどい!前作で良かったとこまで悪化してますからね、日本公開は今回は遅れそうですけど、それでいいです。世界同時公開の価値はないですね。僕もワイフが「見はじめたからには」と説得されてみたわけですけど、これ、第3弾は2000万ドルくらいになるんじゃないかな。

 

 

逆に大健闘で3位は「ジョン・ウィック」の続編。これ、前作のアクション、覚えてますけど、キアヌが落ち目だったこともあって期待値低かったんですよ。興行でも、トップ10の下の方だったはずですが、レヴューは良く、じわじわヒットしたんですよね。特にレンタル後の評判が良くてカルト化してたんですね。その後押しを受けて今回、強敵多い週に3000万ドル以上の興行で堂々3位。来週は「フィフティ」は抜くでしょうね。

 

 

そして評判は今回もすごく良いです。Metacriticで76点、Rottentomatoesでは91点!これ、僕のとこでもオスカー映画満載の来週はじまるんで困ってます。たぶん、終わった直後の週に見に行きます。

 

 

では、今日発表だった,英国アカデミー賞こと、BAFTAの結果、行きましょう!

 

 

BAFTA  2017

作品賞 ラ・ラ・ランド

監督賞 デミアン・チゼル(ラ・ラ・ランド)

主演男優賞 ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー)

主演女優賞 エマ・ストーン(ラ・ラ・ランド)

助演男優賞 デヴ・パテル(ライオン) 

助演女優賞 ヴァイオラ・デイヴィス(Fences)

英国作品賞 わたしは、ダニエル・ブレイク

脚本賞   マンチェスター・バイ・ザ・シー

脚色賞   ライオン

撮影賞   ラ・ラ・ランド

アニメ賞  Kubo And The Two Strings

編集賞   ハクソー・リッジ

録音賞   メッセージ

衣装賞   ジャッキー

音楽賞   ラ・ラ・ランド

 

 

「ラ・ラ・ランド」が予想したより少なくはあったものの、5冠で勝利。これでPGA、DGAときて、BAFTAも穫ったので、もうオスカーは、「何部門受賞か?」に注目するべきだと思いますね。特に、エマがゴールデン・グローブ、SAG、BAFTAと勝って来たので、主演女優賞、これで決まりかな。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 07:54
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2974