RSS | ATOM | SEARCH
TVドラマ「アトランタ」 コメディアン兼ラッパー、ドナルド・グローバー制作主演のゴールデン・グローブ受賞作

どうも。

 

 

今日はひさしぶりにテレビドラマの話でも。これです。

 

 

 

 このブログをよく覗いている方なら「ああ」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。「アトランタ」。はい。今年1月のゴールデン・グローブのTVドラマ部門で第1シーズンにしていきなり最優秀コメディを受賞したテレビ・シリーズです。これ、僕も去年からすごく見たかった作品ですが、先週、ようやく全話見たので、今日、ここで紹介しますね。

 

 

 あらすじはこんな感じです。

 

 

 

 主人公・アーネスト・マークス、通称アーン(ドナルド・グローバー)は、元はプリンストン大学に通っていたエリート候補だったんですが、訳あってドロップアウト。今は郷里のアトランタで生活していますが、人生を不器用にしか生きられない彼は仕事を失っている状況。そんな彼には、別れたカノジョのヴァネッサ(通称ヴァン)(ザジ・ビーツ)と、まだ赤ちゃんに近い一人娘がいました。儲かる仕事もないうえに、両親との仲も良好と言えず、苦しい生活が続いています。

 

 

 

 

 一方、地元アトランタでは、アーンのいとこのアルフレッド、通称ペイパーボーイ(ブライアン・タイリー・ヘンリー)がラッパーで、制作しているミックステープがウケて、地元ではそこそこ人気です。アーンは彼のマネージャーをつとめることとなり、ペーパーボーイがアコで使ってるパシリのダリウス(キース・ストランフィールド)と共にペイパーボーイを支えます。ただ、ラップのリリックの中で歌われる世界と現実が区別出来ないタイプのペイパーボーイと、お調子者でトラブルを巻き込むタイプのダリウスに挟まれ、アーンは舌打ちしたくなるような毎日を続けます。

 

 

 

一方、別れたヴァンとはまだ完全に終わったわけではなく、つかず離れずの生活を続けていて・・。

 

 

 といった感じで、シーズン1は10話ありました。

 

 

 これはですね、コメディと言っても、コメディアンが集まって強引に笑いを取りに行くというタイプではなく、日常の中でなんかうまく行かずにカッコつかないトホホさを描いている感じですね。

 

まあ、これもひとえに

 

 

 

ドナルド・グローバー、、あってのものですけどね。

 

彼は、この「アトランタ」を主演するのみならず、制作、脚本に至るまで自分でやっています。その結果、

 

 

 

彼はゴールデン・グローブのテレビ部門で、作品賞のみならず、主演男優賞も取っています。

 

 

 というか、もともと彼、脚本家、役者としての経歴はまだ30代前半の年齢の割に長い人です。この人のキャリアは大学生のときからはじまっています。彼はアトランタ出身で、ニューヨーク大学に通うという、まさにこのドラマと同じような経歴を持っているんですが、そのときにNBCに売れ込みに行き、いきなり脚本家としてティナ・フェイの「30ロック」でデビューします。

 

 そして、

 

 

2009年から数シーズン、NBCのカルトなコメディ番組「Community」に主演キャストのひとりで出演します。僕が彼のことを知ったのはこのときですね。このドラマ、すっごく視聴率が低いのにカルト・ファンは多く、毎年打ち切りの危機があったのに、ファンの嘆願運動で逃れていたような作品です。これ、日本でもhuluで「コミュカレ」の名で放送されていたようですね。

 

 

 そして、そこからドナルドの役者としての仕事が結構増えますが、おそらく日本でも知られてるのは

 

 

リドリー・スコットの「オデッセー」の後半から出てくる、謎のコンピューターの名手じゃないかな。彼を役者として余り知らないという人でも、これで見たことがある人が結構多いようです。

 

 

 あと、彼、脚本家としてもやはりうまい人で、この「アトランタ」でも2話、ほぼ出て来ずに、ヴァンとペイパーボーイが出ただけの回があります。そこでは、黒人社会における女性の生き方だったり、無理して黒人に進歩的に理解を示そうとする白人の虚栄心とか、黒人専門チャンネルで見受けられるちょっと笑える光景とか、そういうのを風刺していたりもして、そのエピソードの回が結構おもしろいのも注目に値しますね。

 

 

 そんな優秀なドナルドですが、彼、もうひとつの顔でも有名です。それは

 

 

 

彼はラッパー、チャイルディッシュ・ガンビーノとしても有名です。

 

 

 

 

2014年に出たこの「Because The Internet」はビルボードのチャートに2年以上ランクインされているロングヒット作です。

 

 

そして、去年の暮れに出たこの新作「Awaken My Love」も全米トップ10に入りましたね。上の動画の曲はここからのシングルですが、結構いろんな国のチャートにも入っていて国際的な知名度も上がっています。

 

 

 そんなさなかに「アトランタ」がヒットしたわけで、今、一番ホットな黒人エンターティナーのひとりなのは間違いないんですけど、ただ、売れ過ぎて、第2シーズンの放送が来年、2018年になりそうなんですよね。というのも彼、スター・ウォーズのスピンオフ「ハン・ソロ」に主要キャストで出演することが決まったんですね。それによって、「アトランタ」の撮影の時間が取れないみたいです。ちょっと残念ではあるんですけどね。

 

 

 この「アトランタ」、当然ヒップホップには強い作品なので、そっちの方向が好きな人はそれだけでも楽しめますよ。

 

 

author:沢田太陽, category:海外TVドラマ, 12:20
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
こんばんは。ATLANTA。いま一番楽しみに見ているドラマです。力の抜けた笑いがクールで好きです。ところでシーズン1、8話のエンディングに流れている曲ってご存知でしょうか?お洒落なファンク?がカッコいいのでもしご存知でしたら教えてください。そう言えばドラマの監督とプロデューサーをやっているのが日本人というのもびっくりしました。
ベン, 2017/11/22 11:58 PM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2970