RSS | ATOM | SEARCH
グラミー賞2017のノミネートに思うこと

どうも。

 

 

グラミー賞のノミネート、発表されましたね。主要4部門はこういう感じです。

 

 

最優秀アルバム

25/Adele

Lemonade/Beyonce

Views/Drake

Purpose/Justin Bieber

A Sailor's Guide To Earth/Sturgill Simpson

 

 

最優秀レコード

Hello/Adele

Formation/Beyonce

Work/Rihanna feat Drake

7 Years/Lukas Graham

Stressed Out/twenty one pilots

 

 

最優秀ソング

Hello/Adele

Formation/Beyonce

7 Years/Lukas Graham

I Took A Pill In Ibiza/Mike Posner

Love Yourself/Justin Bieber

 

 

最優秀新人

Kelsea Bellerini

Maren Morris

Chance The Rapper

Anderson Paak

The Chainsmokerss

 

 

こういうことなんですけど

 

 

いや〜、よくないですね。

 

 

だいたい、これはなんですか。

 

 

 

 

いや、確かに良くなったんですよ。これがトロピカル・ハウスを一般的にはやらせるきっかけにもなったのも認めます。だけど、「アイドルには冷たい」というグラミーの伝統を、これは悪い意味で壊しているノミネートですよね。ポップ部門ならともかく、一番メインのアルバム・オブ・ジ・イヤーにノミネートというのは。

 

 

だいたい、他にもあったじゃないですか。ボウイだって、前年のトリビュートの後、改めてアルバム・オブ・ジ・イヤーのノミネートは十分考えられたし、レディオヘッドだって「イン・レインボウズ」に続いて2回目のノミネートも考えられた。両方とも全米チャートで1位だって取ったし、世界的にも売れて、音楽媒体の年間ベストでも軒並み上位ですよ。なんでそれがビーバーごときにノミネート譲って。こういうことされると、せっかく伏兵でスタージル・シンプソンみたいなカントリーのシンガーソングライター(彼はニルヴァーナのカバーで話題になりました)をノミネートさせても意味がない。一般的知名度、国際的知名度があまりに低いですからね。正当なノミネートがされないで、こんな意外なことされても意味がないというか。スタージル、アルバム自体はせっかくいいのに、これじゃ生きていません。

 

 

 それから、トゥウェンティワン・パイロッツにルーカス・グレアムっていうノミネートも、「それで今年のロックを代表されても」という感じですね。いかにもトップ40基準でものが考えられすぎというか。なんかあまりにも、「ヒット」主体でものが考えられすぎですね。アーケイド・ファイアにアルバム・オブ・ジ・イヤーとか、ボン・イベールに新人賞あげたあの思い切りの良さはどこに行ったんだ、という感じですよ。

 

 

 今っぽさでいうと、新人のとこでチャンス・ザ・ラッパーとかアンダーソン・パクがノミネートされたくらいですね。新人は全体的にいなかったので、こんなもんかなと思いますけどね。

 

 

 それにしても、オスカーの方がどんどん批評バロメーターの点数通りに、インディ色の濃厚なガチの方向に「ちょっと行き過ぎてない?」と僕みたいな人まで思えるほど走ってきてるというのに、このグラミーは、一時いい感じでそんな風になってたんですけど、今年の授賞式での視聴率狙いの丸まり方以来、ダメですね。仕切る奴が絶対、「ギョーカイ」なヤツに変わりましたね、これは。批評媒体の評価と必ずしも一緒じゃなくてもいいけど、これじゃ、心ある音楽ファンは付いていかないですね。

 

 

 そうかと思えば、アメリカの方からは、主に子供が中心ですけど、やれ「リアーナがないじゃないか」とか「アリアナやセレーナはどうしてないんだ」という、「キッズ系のアワードじゃないんだからさ・・」な意見も結構見ます。これ、アメリカの業界がいかにティーン前の女の子のマーケッティングに頼りすぎかを物語ってると思うんですね。もう、このマーケッティング体制で10年以上続いているので、そろそろ改善が必要かと思われます。そういう場としてグラミーは使われるべきだと思うんですが、ぬるい、刺激のない妥協はダメですね。

 

 

 どっちみち、結果はビヨンセの圧勝だと思いますけどね。その価値のある作品だったんで良いかと思いますが。

 

 

 

author:沢田太陽, category:アワード, 18:25
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
基本的には同意できる意見ですが、事実関係に誤りがあります。

> レディオヘッドだって「イン・レインボウズ」に続いて2回目のノミネートも考えられた。

レディヘはそれより前に「Ok Computer」と「Kid A」で、最優秀アルバムにノミネートされています。
なので、今回ノミネートされていれば4回目だったということなります。

> 両方とも全米チャートで1位だって取ったし、
今回のレディヘのアルバムは、ビルボードで3位が最高です。

確かに今後のグラミーが心配になるようなノミネートではありましたが。
GM, 2016/12/09 1:00 AM
私はジャスティン・ビーバーの年間アルバム賞ノミネートは割と好意的に受け止めています。良くも悪くも今を代表す1枚だし。これをきっかけにジャスティン・ティンバレークのようにアイドル→アーティストとしてさらにいい方向への舵取りができるといいかな、と。
それよりルーカス・グレアムと21パイロッツに違和感感じまくってます。これがロック代表になるのはあまりにもひどい。。。
私もアルバム賞にはレディオヘッドは入れて欲しかったなあ、と思います。素晴らしいアルバムだったんで。
一番のヒヤヒヤはこれでアルバム賞がビヨンセじゃなくアデルになったら、フランク・オーシャンの辞退理由を裏付けする結果になっちゃうこと。ぜひともビヨンセに年間アルバム賞をとってほしいですよね。
ALI, 2016/12/11 8:08 PM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2900