RSS | ATOM | SEARCH
カブス優勝に湧いたセレブは誰?

どうも。

 

 

そういえば、カブス優勝しましたね。1908年以来だから108年ぶり。元号にすると明治41年だから、すごいことですよね。

 

 

僕は最近はもう、ブラジル生活でサッカー見るようになったから野球にはすっかり疎くなったんですけど、90年代はメジャーリーグ、結構見てましたね。時期的に言うと、ブレーヴスがすごく強かった頃です。選手で言えばロジャー・クレメンスでしたけどね。僕が1991年にボストンにホームステイしたときに、1901年から最新の年までのメジャー・リーグ図鑑という本を買って、すごくハマったのでした。その縁で、ケーブルテレビのメジャー中継の編集のバイトなるものまでやってたことがありました。

 

 

 そうしたこともあって、メジャー・リーグ・カルチャーには興味があってですね。その中でカブスのホームのリグレー・フィールドというのは一度行ってみたい球団で、実際に1996年に1度行きました。あのときちょうど、サミー・ソーサが4番打ってましたけど、彼が60本超えるホームラン打ったのは、その2年後だったような。

 

 

 リグレー、芝が奇麗な、しかも年間の試合のほとんどがデーゲームということで有名でしたけど、やはり平日の昼に見に行きましたよ。あそこで野球みたときに、ボールパークの良さが染みましたね。日本のドーム球場での、なんかパック詰めの空間での野球がすごく人工的に思えた物でした。あと、「ファンが熱狂的」というのは全米規模で昔から有名ですけど、僕が見に行ったときも、リグレーの周囲では、近隣住宅の屋上から試合を望遠鏡で見てる人とかも見れて楽しかったですね。あと、敗れはしましたけど、インディアンズのホームも、前を通り過ぎたことはあります。ロックの殿堂のあるクリーヴランドですけど、殿堂に場所が比較的近いんですね。ちょうど、あのチームが90s後半に補強の成功で強くなってた頃なので、リニューアルして奇麗になってたのが印象的でした。

 

 

 で、そのカブスの優勝、湧いた映画や音楽の関係者、多かったようですね。察しがつきます。ここんとこ、メジャーも相対的に人気落ちてたような感じがしてましたけど、カブスの優勝の話題で久々に一般ニュースが湧いてましたからね。

 

 

 そんなセレブなファンの中でも

 

 

 

 

ビル・マーレーは盛り上がってましたね。これ、映画の中だと仏頂面ですけど、映画のときより表情の動きが見ていて激しかったような気がします(笑)。彼は「サタディ・ナイト・ライヴ」に伝統的に名コメディアンを輩出し続けている養成所「セカンド・シティ」の出身ですけど、セカンド・シティの本部がシカゴにありますからね。その縁でしょう。

 

 それと

 

 

 

パール・ジャムのエディ・ヴェダーですね。グランジといえばシアトルのイメージですが、彼は生まれ故郷がシカゴなんですよね。そこからサンディエゴに引っ越しているんですけど、好きなチームはカブスです。今回のワールドシリーズでもビル・マーレーとならんで注目されていましたね。

 

 

 

 

これ豪華ですよね。エディ・ヴェダーによる7回の「Take Me Out To The Ballgame」。こんなの生で聴ける人、羨ましいですよ(笑)。いいなあ。

 

 

 

 

 

あと、ジョン・キューザックも見に行ったことが話題になっていましたね。彼もイリノイ州生まれの生粋のカブス・ファンで、ワールド・シリーズはスタジアムから生ツイートしてたようですね。

 

 

 あと、スマッシング・パンプキンズのビリー・コーガンですね。彼も熱狂的なカブス・ファンで有名で、カブスの広報関係に記事を記載したか、インタビューに答えたかの物をかなり前に読んだことがあります。あと、地元シカゴのライブでのMCでは、カブスについて長々と話すことでも知られています。その昔、日本でビリーにインタビューすることになった女性の知人が「何聞いたらいい?」と僕に聞くので、「カブスの話、振ったら?」とアドバイスして、実際に彼女がそうしてみたら、案の定、長々と気前よく話してくれた、という実話もあったりします(笑)。

 

 

 このビリーですが、「今回、露出ないな」と思っていたら、なんか今回のカブス・フィーヴァーがお気に召さないらしく「6月のリグレーの試合で見たことのないヤツばかり来やがって」と、例によってまた余計なこと言ってたようなんですが、クリーヴランドでの第7戦はこうやって彼も行ってたようですね。良かったね(笑)。

 

 

 ただ、2007年にレッドソックスが「バンビーノの呪い」を解いたのに続いて、カブスが「ヤギの呪い」を解くべくチャンピオンになったことで、長きにわたった「伝説」が失われるのがちょっと寂しかったりもしますけど。

 

 

 あと、かつての我がホークスの愛すべきショート・ストップ、川崎ムネリンが優勝リングもらえるのも「良かったね。頑張ってメジャー生活続けた甲斐あったね」と、うれしいことではあります。

author:沢田太陽, category:エンタメ・ニュース, 18:40
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
大変ご無沙汰しております。
カブスの調べ物をしていたら、このページに辿り着きました。
ボク、このEddie Vedderが感動的なセブン・イニング・ストレッチを歌った、
2016 World Series Game5を現地に観に行ってました。
オカモト”MOBY”タクヤ, 2018/01/15 10:00 PM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2866