RSS | ATOM | SEARCH
今週のアルバム寸評

どうも。

 

 

今週は2週分たまったので多いです。今週のアルバム寸評!

 

 

Skeleton Tree/Nick Cave&The Bad Seeds

 

 いろいろアルバムがあったはずなんですけど、僕の頭の中ではこれ以外、すんなりは入ってこなかったですね。それくらい、このニック・ケイヴの新作はあまりに圧倒過ぎました!!

 

 

 これは、ケイヴ自身の15歳だった息子さんが謎の転落死を遂げたのを受けて作られたアルバムなんですが、すさまじいレクイエムになっていますね。そういう事件があったので、当然のこと、重く緊迫感に溢れた作品にはなっているんですが、ただ単にダークなだけではなく、当然息子に込められている彼自身の愛の思いを、そういった直接的な単一の事情に収めずに、普遍的な次元に広げて「失っても消えることのない愛」を歌いきる姿が、もう涙腺を刺激せずにいられないというか。特にその名も「I Need You」という曲での涙を精一杯こらえているかのような絶唱は聞き物ですね。ケイヴってジョニー・キャッシュの影響を強く得ていて、寓話を語る中でひとつの心理を導き出す歌詞の手法をとるんですけど、今回はより直接的、パーソナルかつエモーショナルに食い込んできます。

 

 

 ただでさえケイヴは2005年の「アバター・ブルース」以降、毎作が傑作とされていて、僕も08年の「Dig Lazarus Dig」以降は毎作抑えててすごく好きだったタイミングだった上にこれだったかガツンときましたね。そうじゃなくても、QOTSAとか近作のアークティック・モンキーズみたいなドス黒いロックンロールの方向性に僕自身が惹かれていたのでそうした流れで漸近線的にも近づいていたのも大きいですね。今、全作聴き倒す勢いで聴いてますが、しばらくブームが続きそうです。

 

 

 評判もすさまじいですよ。Metacriticではビヨンセの「Lemonade」と並ぶ今年のアルバムの最高点となる92点。チャートでも、オーストラリア、アイルランド、ニュージーランド、ノルウェー、フィンランドで1位、イギリス、スウェーデン、イタリアで2位、ドイツ、オランダで3位。こういうの聞くと「そういう国に住みたいよね」と思わず考えてしまいます(笑)。

 

 

My Woman/Angel Olsen

 

 続いて、ケイヴの出た1週前の良いアルバムがこれでしたね。アメリカの、ロックンロールなエッジのある、フォーキーでもある女性シンガーソングライターのエンジェル・オルセン。これ、去年のコートニー・バーネットのアメリカからの回答の趣きありますね。彼女の場合、キャリア自体は長いので、むしろ世に出たのはこっちが先なんですけど。曲もわかりやすいし、冒頭の1曲だけでしたが、エレクトロの要素をちょこっと見せた変化球もあるし。この人の場合、以前のキャリアを全く追えてない状態だったので聴こうと思っていたのですが、その矢先にケイヴが出て吹っ飛んでしまいました(苦笑)。ただ、チャート・アクション的には、このアルバムでやっと全英40位、全米47位なので、これからの存在なのは間違いないと思います。

 

 

Schmilco/Wilco

 

 続いてウィルコの新作。前作はウェブで突然出たことで話題になり損ねた感もなきにしもあらずだったんですが、今回はそれから約1年で正規リリースとなります。今回はアコースティックで、スタジオワークもこりがちな人たちではあるんですが、思ったほど手が込んでいないストレートなアルバムですね。これはこれで味があっていいとは思いますが、いかんせん、ケイヴと同じ週になってしまったことで、聞き込みがあまり深く出来ていないところは否めません。同じくらいリスペクトされるべきアーティストですが、インパクト勝負ではちょっとかなわなかったところはあるのかなあ。

 

 

How To Be A Human Being/Glass Animals

 

 続いて、イギリスはオックスフォードのバンド、グラス・アニマルズの2枚目。これ、セールス的にも好調で、全英23位、全米20位と、足がかりをつかんだ感じになっていますね。成功の秘訣としては、このバンドが、エレクトロのみならず、昨今の北米の先鋭的なR&Bの要素を取り込んだからでしょう。ただ単にエレクトロな路線よりもよりモダンに聞こえます。その点では、全英トップ10に入ったものの2週しか100位に入れなかったバット・フォー・ラッシズやワイルド・ビースツよりも分があります。ただ、正直、「頭は賢そう」な印象があるんですが、アーティストとしての顔がほとんど見えて来ないキャラの薄さがなんか気になるんだよなあ。これはアルトJ以降のイギリスの文科系バンドの課題でもあるんですけどね。

 

 

Wild World/Bastille

 

 

 今週イギリスで1位になったバスティールのセカンド。この人たちはEDMをバンドに取り入れたことで、インディ・ファンからはものすごく叩かれている人たちですけど、ただ、これ、チャラいなりに、曲そのものは良く書けた、意外に良い作品だと僕は思いました。19曲という収録曲数は過剰ではありましたが、曲調もちゃんと計算してバラエティに富ませてあったし、前作とのインターバルもそれほど長くないのにそれだけの曲が量産出来るのは、曲の品はともかく、ソングライティングは出来る人たちなんだなという気はしました。アイドルの裏方の仕事とか来そうな感じがしましたね。少なくともインパクトに残る点では、最近のお行儀のよすぎる洒落たインディ・バンドよりある意味良いですけどね。これが一番に目立って欲しくはないものの、見習うポイントは残した気はしてます。

 

 

 

Glory/Britney Spears

 

 ブリトニー久々のアルバムでしたけど、これは失敗作でしたね。本格派狙って上品な作品作りを目指したのかもしれないけど、逆に誰でも作れるようなアルバムになって、彼女の作品である必然性が全く見えなかったんですよね。臭みを消してしまったがために、逆に誰の作品なのか全然わからない。ある種の軽薄さは逆に武器になるのにそれが使えなかった感じですね。あまりに退屈だったので、残り3曲残して聴くのをやめてしまいました。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:ストリーミング・レヴュー, 21:07
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
「アイドルの裏方の仕事とか来そう」っていうの、笑ってしまいました笑。なんかもはやそんな感じですね。

ニック・ケイヴ、名前自体はずっと知っていたのにちゃんと聞いたことなかったのですが(『シングルズ』に本人出演してたのを見たぐらいです笑)思った以上にクルーナー的で驚いてしまいました。ポストパンクのイメージがあったので。ちょっとイギー・ポップも思い出したんですがこの、呪術的な土臭さみたいなものは確かにジム・モリソンの亡霊かと思わせるものがありますね(個人的にはイギーの声がやはり好きですが笑)。

キングス・オブ・レオンの新作はどうですか?もうレビューされてましたっけ?
sako, 2016/09/19 4:00 AM









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2815