RSS | ATOM | SEARCH
MET GALA 2016 ベスト&ワースト・ドレッサー
どうも。


昨日、言ってた、「2つほど紹介したいものが」って言っていたののもうひとつが、ニューヨークの現代芸術美術館で毎年この季節に行なわれるファッション・イベント、MET GALA。ここでも過去に何度か紹介してますが、今年も盛り上がったようなので、ベストとワースト・ドレッサーをやっちゃいましょう。


他のファッション・イベントに比べ、セレブに奇抜なファッションを求めることで知られるこのイベントですが、今年のテーマは「テクノロジーの時代のファッション」。今年はどんな感じだったのでしょうか。





まずは新作を出したばかりでビヨンセ。この日のわだいをさらってましたね。このベージュのガウン、素敵で、アワードのときだったら文句なしに上位に来たと思いますが、ただ、「テクノロジーの時代のドレス」かというと、そこが疑問が残ります。




続いては話題のカップル。両方とも人気モデルのハジド姉妹絡みです。お姉ちゃんのジジはワン・ダイレクションからソロになったばかりのザインと。一方、妹のベラはザ・ウィーケンドと。今、ファッション誌、カルチャー誌独占状態のふたりは、お相手もポップ・ミュージック界のヒットメイカーだけにこの日もかなり話題でしたが、ドレス自体はあんまり面白くはなかったですね。




続いて、カニエ・ウェストとキム・カーダシアン夫婦。キムは一生懸命、未来感を出そうとしていますが、カニエのそれは一体・・。目にカラコン入れただけじゃないか・・(苦笑)。





一方、キムの腹違いの妹のケンドール・ジェナーですが、僕はこの幾何学的でミニマルなドレスはすごく気に入りましたね。ベストに入れようか迷ったほどです。


では、ベストベスト・ドレッサー,行きましょう。まずは3位から。





ベスト3位はエマ・ワトソン。


MET GALAは、たとえばアワードのレッドカーペットだったら「やり過ぎ」と敬遠されるようなことを思い切ってやるくらいがちょうどいいんですが、これはその意味で冒険してて、かつ、「奇抜だったら何でもいい」って感じの下品さもなくてすごく良いと思います。裾切ったら普通にアワードで通用しつつ、ブラックのクドい裾でちょっと毒も出してる感じがいいです。





ベスト2位はゼンダヤ。


今のディズニー・スターのゼンダヤ。ここ数年はいろんなアワードにも呼ばれてたりしてましたけど、やっとベストに引っかかってきましたね。これ、イメージとしてはクレオパトラのような太古のイメージがありながらも、同時にすごく未来的にも見えるという、時間軸をいい感じで壊した感じが面白いと思いましたね。


では、行きましょう。今年の1位は、僕に限らず、多くの人がこれを選んでました。これです。





ベスト1位はクレア・デーンズ。


いやあ、これは、なかなかすごい服でしたね。一見、アワードとかで見られがちな、薄いブルーのロング・ドレスで、「むしろアワードの方がいいんじゃない」と一見思わせるんですが、これ、暗闇に入ると、中に仕掛けてあるLED電球が光り出す、という仕掛けがあるんですね!いやあ、たしかにテーマはテクノロジーなんですが、ここまで考えてここに参加したセレブは彼女の他には誰もいませんでした。


あと、ベストには入れ損ねちゃいましたけど





テイラー・スウィフトのこのサイバー・ロック少女みたいなのも、僕は好きですね。メイクも含め、かなり思い切ったと思います。かつて一介のカントリー少女だった子がここまで垢抜けるというのはたしかに立派です。あんまり過大評価したくはないですが、こと、ファッション・センスに関しては認めざるをえないとこはあります。





そして今回、「テイラー軍団」も参加してます。LordeにHAIM。Lordeのはそんなに面白くないんですけど、HAIMは3姉妹であることを生かしたコーディネイトで面白いと思います。





そして、なんと今回、グライムスも参加です。なんか、「それ、私服?」って感じなんですけど(笑)。なんかこの人のファッション・センスって、すごく昔の篠原ともえみたいなものを感じるときがあるんですけどね。あと、ブルー好きだね、この人。


今年はインディ・ロック界隈の女性の参加が多くて、フローレンスやFKAトゥイッグスもレッドカーペットにいましたね。


ワーストに行く前にちょっとイントロでも。





ケイティ・ペリー。彼女、毎年参加しては、やり過ぎて評判悪いんですけど、今年も紙一重なんですけど、ただ、服の作り自体は形状のバランスは取れてるし、細部まで凝った感じもあるのでワーストからは外しました。毎年そうなんですけど、今年もなんか小林幸子、入ってますけどね(笑)。




ワースト・スレスレだったのがレディ・ガガですね。彼女、今年のアワード・シーズンは、古典的なエレガンスを狙っててすごく評判良かったんですが、ボウイ・トリビュートもそうだったんですけど、なんか彼女「ロックな雰囲気」を意識すると、とたんにダサくなるんですよね。これも服も勘違いなロック感ですけど、この髪型はなあ・・。つい最近、1990年前後のアメリカのハイスクールの卒業写真集みたいなサイトを見て、当時のアメリカン・ガールたちの爆発ソバージュみたいな髪型見て爆笑(同時代、日本の女子大生にもたくさんいたよ、笑)したばかりなんですが、これ、まんまそんな感じのイタさ。ホワイトスネイクのミュージック・ヴィデオじゃないんだからさ。


では、ワーストに行きましょう。3位はこの人!





ワースト3位はマドンナ。


・・毎年選んでる気がするんですが・・。毎年思うことなんですが、なんでこの人は着こなしがこんなにゴテゴテしてるんでしょうね。この整理されない感じがもう少し直るだけでもだいぶ違う気がするんですけど。あと、意地張って、胸をエッチに強調するの、もういいんじゃないですか、って感じなんですけどねえ。


では、ワースト2に行きましょう。この人です。



ワースト2位はケリー・ワシントン。


彼女、ある時期、僕のベスト・ドレッサーの結構、常連の状態があったんですけど、ここ最近、レッドカーペットで注目されるのがわかるようになって来てから、狙いすぎて外すことが増えてますね。これもなんか、「未来」を意識したはずが、気がついたら「80年代後半のバブルの時代のお水(死語)ファッション」になって終わってしまった感じが残念ながら否めません。


では、ワースト1位に行きましょう。彼女でした!





ワースト1位はデミ・ロバート!


これは何なんでしょうね。これも、ケイティに近いラインでの勘違いというか。未来を狙ったはずが、どういうわけだか、ドレス系の演歌方面に流れて行ってしまっています。なんか、この「黄色、黒、銀」って配色が大阪のオバちゃんくさいというかですね。NHKの歌謡ショーの趣きが出てしまってます。デミはきっぷが良くて個人的には好感持ってるんですが、オバちゃんくさくならないことを願ってます。






 
author:沢田太陽, category:レッドカーペット, 09:50
comments(1), trackbacks(0), - -
Comment
Emma WatsonやZendayaは良かったです。
AliciaやBrieのドレスは個人的に素敵だなと思いました。Emma Stoneの髪がダークカラーになっていたのはビックリしました!
Taylorはあんまりプラチナブロンドは似合わないかなぁ…ナチュラルブロンドの方が彼女らしくて好きです。
Sumire, 2016/05/04 9:00 PM









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。