RSS | ATOM | SEARCH
Apple Musicで聴くMTV のEMAノミネートの非英米のアーティスト
どうも。

昨日に続いて今日もApple Musicを使った実験です。今回はこんな話です。




ノミネートが発表になったばかりのMTVのヨーロッパ・ビデオ。ミュージック・アワード(EMA)。このアワードはその名の通り、ヨーロッパのアーティストを対象に行なわれもしますが、同時にアメリカもオセアニアも南米もアジアもアフリカも対象にした世界的な規模でのアワードとして有名です。今回はそんなEMAで地域別のカテゴリーで選ばれた人立ちの中で僕が気に入ったものをApple Musicで探してみて、音が見つかったものをYoutubeで見つけて音をアップしてみる、という企画です。


基本的に今MTVは子供向けの曲なので,どこの国でもラッパーやEDMのDJ、リアリティ・ショーのオーディション番組出身者が強かったりはしますが、その中で稀に点在しているロック系のアーティストを見つけるとうれしいものです。


では、まず最初は、今回の開催地、イタリアはミラノを拠点にしている、このバンドから行きましょう。



これ、今イタリアで爆発的に人気のバンドです。名前をThe Kolorsといいます。キラーズと一字違いですが、サウンドもそんな感じです。ポスト・パンク・リヴァイヴァルっぽいサウンドをベースに、そこにワン・ダイレクション的なポップさと、ブルーノ・マーズ的なソウル・フィーリング、そしてワム!やデュラン・デュラン、a-haみたいな80sニュー・ウェイヴ・アイドルの感覚が加わった感じですね。僕、彼らは英語詞だし、ちゃんと国際的に売り出せば結構行けると思うんですけどね。すっごくスター性もあるし、いろんなファン層、掴めそうな感じがあるので。




ルックスもこれですからね。フロントの,彼はスタッシュって名前なんですけど、華ありまくりの美形で、この髪型ですからね。こういう特殊な訴え方をする人は瞬間的な爆発力がいつの時代も強いものですけどね。そしてメンバーも、この手のサウンドであからさまにゲイなメンバーがサイドにいるところも、80sのニュー・ウェーヴ・ポップ的ですよね。


では続いてフランス見ましょうか。




最近のフランスのインディ・ロック周りの人の多くがこの人を薦めますね。クリスティーン&ザ・クイーンズ。フローレンス&ザ・マシーンみたいな名前ですが、この名前が功を奏したかわかりませんが、本国ではかなり売れてて、長期でチャート上位に入ってます。今回のフランスからのノミネートでは、もうひとつTHE DOという、女の子がヴォーカルを取るこれもエレクトロのユニットがあるんですけど、そっちも良いですよ。




続いてはベルギーのオスカー&ザ・ウルフというエレクトロ・バンド。この人たち、ちょっと影のある、マニアックなタイプの音楽性ですが、本国ではチャートのトップ狙えるくらいの人気バンドです。国際的に売り出せば面白いと思うんですけどね。




ただ僕として一番の発見はこのスペインのバンドでしたね。ネウマンというバンドなんですけど、すごく趣味の良いシューゲイザー・ギター・ロックですね。ヴォーカルがイアン・マカロックみたいのも説得力ありますしね。今、スペインってプリマヴェーラ・サウンドとかに代表されるインディ・ロックの国際的フェスが多い国なんですけど、国産のインディのシーンも活発のようでして、彼らの所属するレーベルもスペインではかなり大きなインディ・レーベルらしく、質も数もかなり豊富です。すごく興味湧いてます。


では続いてオセアニア、行きましょう。




男性シンガーソングライターのアヴァランチ・シティ。ニュージーランドの人ですね。オセアニアだとSiaみた異な自作自演派そう熱いですね。

では、ラテン・アメリカに行きましょう。




メキシコでは国民的人気の女性シンガーソングライターです。ナタリア・ラフォルカーデ。メキシコはバンドもシンガーソングライターも層が厚い国で、ラテン・グラミーのオルタナティヴ・ロック部門はいつも独占してるんですが、その関係でナタリアのことも何年か前から知ってました。ただ、風貌、すっごいイメチェンしたんですよ。前はすごくガーリーっぽいタイプだったんですけど、髪をバッサリとヴェリーショートにして雰囲気かなり変わりましたね。




そしてアルゼンチンからはインディオス。まだアルバムは1枚しか出していませんが、ロックの盛んなアルゼンチンでは注目を浴びてるバンドのようですね。この国からはタン・ビオニカというエレクトロ系のバンドもエントリーされてましたね。

ちなみにブラジルからのエントリーは・・今年は正直微妙なので割愛します(苦笑)。


あと、アジア、アフリカは正直今回はグッとは来ませんでしたね。日本からはBABYMETAL、電波組Inc、三代目J Soul Brothers、ONE OK ROCK、SEKAI NO OWARIがエントリーされてましたが、このあたりは僕より皆さんの方がご存知だと思うのであえて語りません。ただ、日本のアーティストがApple Musicに全然ないんだよなあ〜。


 
author:沢田太陽, category:CDレヴュー, 11:32
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2430