RSS | ATOM | SEARCH
Met Gala 2015 ベスト&ワースト・ドレッサー
どうも。


昨日も書いたんですけど、昨日からやたらこのブログへのアクセスが多いんですね。ということで、その理由にもなっている、ニューヨーク・メトロポリタン美術館のレッドカーペット、Met Galaのベスト&ワースト・ドレッサー、今年もやります。

まずはどんな感じだったかをイントロで紹介しておきましょう。


rihanna.gif

これ、今年多分一番有名な写真ですね。リアーナです。これ、別名「オムレツ」とも称されたガウンですけど(笑)、ただ、たしかにオムレツには見えつつも、これ、今回のテーマは「中国」なんですね。だと、考えると、この黄色も模様もテーマとしては正しい訳でして。なのでベスト・ドレッサーに選ぶメディアも多かったんですけど、僕には企画かなあ、やっぱ。


Jennifer-Lopez-2015-Met-Gala-Red-Carpet-Fashion-Atelier-Versace-Tom-Lorenzo-Site-TLO-2.jpg

あと、今年は透明のシースルーの、かなりエッチなドレスで臨んだ人も多かったですね。ビヨンセもキム・カーダシアンもそうでしたけど、彼女たちよりはこのJ.Loのヤツの方が良かったですね。この赤の模様が中国っぽくてしっかりコンセプトを守れてもいるのでね。もう少し露出抑えてくれたらベストも考えたんですけどね。


Allison-Williams-In-Giambattista-Valli-Couture-2015-Met-Gala.jpg

あと、最近、このブログのレッドカーペットの常連になりつつあるアリソン・ウィリアムスは今回も良かったですね。この赤の色合いと肩と首のワンポイントが良いです。実質、これが4位かな。

ではベスト・ドレッサーから行きましょう。

rhw.jpg

ベスト・ドレッサー3位はロージー・ハンティントン・ホワイトリー。女優さんとしてはあんまり好きなタイプじゃないんですけど、今回のセクシー系のドレスの中ではこれがベストかなと思いまして。胸の部分の変則的で非対称な型が良いかなと。


では行きましょう。続いては2位です。

met-gala-lawrence-today-150405_93769fa6e0f71409dcd9af218ff08c5b.today-inline-large.jpg

ベスト・ドレッサー2位はジェニファー・ローレンス。普段、アワードものとかだと、フローラルものはワーストの対象になってしまうんですけど、今回のは中国のテーマにあった、それっぽい花を使ったのはポイントとしてはむしろ気が利いてるし、それがくどくなく部分的なポイントで収まっているのも良いです。これはアイデア賞ものですね。ちなみに僕、J-Lawは大好きですけど、ベストに入れたのははじめてのような気します。

では1位行きましょう。この人です。

kate.jpg

ベスト・ドレッサー1位はケイト・ハドソン。彼女も昨年度の映画のアワード・シーズンからずっとレッドカーペットに出てますけど、いずれも着こなしとドレスのセンスが素晴らしいんですよね。彼女の場合、特にゴールドの着こなしは特に良いんですけど、今回のはちゃんと東洋調の模様のゴールドなのも見事です。ただ、ドレスばっかり着てないで「仕事しろ!」とは言いたいですけど(笑)。

zhang.jpg

あと、今回、「裏1位」があって、これがそのチャン・ツィーのドレスです。このホワイトの色合いは思わず見入りますね!ありそうでない光るような白ですね。本当はこれを1位にしようかとも考えたんですけど、「中国がテーマで中国人を選ぶのはちょっと反則かな」、とも思って今回は割愛しました。でも、そういうことを考えなければ、やっぱこれかなあ〜。


では、ワースト方面に移りましょう。Met Galaの場合、「目立ってナンボ」で奇抜な格好をしたがる人が多いので、ワースト候補が毎年ベストの倍くらいに多いのですが、今年もご多分にもれずです。ただ、ここでは数を限定して紹介しましょう。


sjp.jpg

サラ・ジェシカ・パーカーのこれも今回すごく話題を呼びましたね。この人、Met Galaであは毎年張り切りすぎてイタかったんですけど(笑)、今回は「中国」を通り越して、小林幸子の衣装みたいになっております(笑)。なんか全体的に演歌くさい匂いを感じますね。

では、ワーストもトップ3、行きましょう。まずは3位から

sg.jpg

ワースト・ドレッサー3位はセレーナ・ゴメス。なんか、「中国」のイメージを勘違いしてしまったというか、これじゃなんかスイスの農場とか、ドイツのビール・フェスタの売り子さんみたいになってしまいました。しかもドレス自体があまりにもこれじゃ何もない。全体的にツメが甘い感じがしました。

cs.jpg

ワースト・ドレッサー2位はクロエ・セヴィニー。ただ単にチャイナ・ドレスを乱暴に着ただけで、肩を出してても服の型が構造的に弱いから全然セクシーに見えないし、ただメチャクチャに着てみただけの感じしかしないのが欠点ですね。

では行きましょう。いよいよワースト1位です。迷わずこれでした。

solange.jpg

ワースト1位はソランジュ!・・・いやあ、これは一体なにが表現したかったんでしょうねえ(苦笑)。型からして、これが一体何を意味するかは、当の本人しかわからないことの例だと思います。しかし、これは歩きにくいだろうし、実用性がほとんどない点も気になりますけどね。






 
author:沢田太陽, category:レッドカーペット, 12:34
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。