RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績
どうも。


すみません。プロバイダーのメンテナンスで更新ができない時間が続いていました。


では、火曜日恒例、全米映画興行成績、行きましょう(ポスターをクリックするとトレイラーガ見れます)。


1(-)No Good Deed
No_Good_Deed_2014_movie_poster.jpg
2(-)Dolphine Tale 2
Dolphin_Tale_2.jpg

3(1)Guardians Of The Galaxy
4(2)Teenage Mutant Ninja Turtles
5(5)Let's Be Cops
6(-)The Drop
The_Drop_Poster.jpg
7(4)If I Stay
8(5)The November Man
9(7)The Giver
10(9)The Hundred-Foot Journey 

今週はレイバーデイ明けの週ということもあり、ややチャートが動きました。

初登場1位はサスペンスの「No Good Deed」。こういう系が1位になるの、かなり久々な気がします。

これはイドリス・エルバにタラジPヘンソンという、黒人ではかなりの演技派の2人によるサスペンスなのですが、評判は散々で、Metacriticで24点、Rottentomatoesでは13点。やっぱ、善人役の多いイドリス・エルバに連続殺人犯という設定はなんか可笑しく見えますが、それ以前な問題な感じですね。

2位初登場は「Dolphin Tale 2」。これは2011年に公開され、そこそこヒットしたイルカの映画の続編。前作に引き続いて、ハリー・コニックJrとアシュリー・ジャッドが主演です。

こちら評判は悪くありません。Metacriticで58点、Rottentomatoesで73点。ある程度、ファンはつく感じのようですね。


そして6位初登場は「The Drop」。こちらはトム・ハーディ主演のサスペンスです。トム扮するブルックリンのバーテンダーが、ジェイムス・ギャンドルフィーニ扮するマスターの謎を追って行くうちに地下ギャングのトラブルに巻きこまれるというお話。

これ、かなり評判いいですね。Metacriticで69点、Metacriticでは88点。これはギャンドルフィーニの遺作という効果もあったかな。「ソプラノス」ばりにギャングですしね。


さて来週ですが、これもヤング・アダルト系なのかな。少年たちが、仕組まれた迷路からの脱出を目指して戦う「Maze Runner」。こちらのトレイラーでシメましょう。



 
author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 04:08
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/2035