RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート
どうも。

今日から夏時間が終わり、日本との時差がまだ12時間になりました。日本との連絡などのバランスがこれでまたしやすくなります。11時間ってすごく中途半端なんだよね。

あと、週末に雨が降ったのはいいんですけど、なかなか貯水池の水がたまらないようです。マズいなあ〜。


では、月曜恒例、全英チャート、行きましょう。


SINGLES
1(1)Rather Be/Clean Bandit feat Jesse Glynne
2(-)Stay The Night/Zedd feat Hayley Williams


3(2)Happy/Pharrell Williams
4(-)Shot Me Down/David Guetta feat Skylar Grey


5(7)Crying For No Reason/Katy B
6(3)Dibby Dibby Sound/DJ Fresh feat JayZ and Ms.Dynamaite
7(4)Feelin' Myself/Will I Am feat Miley Cyrus&Whiz Khalifa
8(5)Timber/Pitbull feat Kesha
9(6)Ready For Your Love/Gorgon City feat Mnek
10(11)Dark Horse/Katy Perry



クリーン・バンディットが4週目の1位です。

初登場は2曲。2位は「Clarity」のヒットで一躍注目のドイツのDJ、Zedd。フィーチャーリングにはパラモアのヘイリーが起用されてます。彼女がフィーチャリング・シンガーでヒットを飛ばすのはBoB以来じゃないかな。ヘイリーの場合、キャラも立ってるし、声も太いからフィーチャリングさせがいがありますね。


4位初登場はデヴィッド・グエッタのニュー・シングル。フィーチャリングはエミネムの「Love the Way You Lie」のソングライターで注目されたスカイラー・グレイ。彼女の歌うフレーズは、かのシェールが60年代にヒットさせた「Bang Bang」ですね。そのフレーズと前後のトラックにさんまり繋がり感じないんですけどね。


では、アルバムに行きましょう。


ALBUMS
1(-)Little Red/Katy B
2(3)Halcyon/Ellie Goulding
3(4)If You Wait/London Grammar
4(5)Beyonce/Beyonce
​5(2)True/Avicii
6(13)Moonlanding/James Blunt
7(-)Sun Structures/Temples
8(1)So Long See You Tomorrow/Bombay Bicycle Club 
9(15)Since I Was Your Last/Gary Barlow
10(11)Bad Blood/Bastille



ケイティBが初登場で1位です。イギリス国内では完全にセレブ化してますね。

今週は初登場で、今年のUK期待のギターバンドのひとつですね。テンプルズのデビュー作が入ってきました。

ちょっと聞いてみましょう。



聴いてすぐに「Tレックスみたい!」と思われた方も少なくないと思います。僕も「そのまんまやんけ(笑)」とは思ったんですけど、でも、曲の背後にしっかりとテイム・インパーラや初期のMGMTみたいなサイケデリック感覚という今日的な感覚がしっかりあるところが「進化系」たるゆえんかな、と思っています。バンドの見た目的にもすごく華がありますしね。僕も結構気に入っています。

Hard To Explainの最新号は、このテンプルズが表紙になっています。



こんな感じです。どこかで見かけたら是非チェックしてみてください!
author:沢田太陽, category:全英チャート, 06:33
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/1808