RSS | ATOM | SEARCH
ゴールデン・グローブ2013速報生ブログ〜授賞式編
チャンネル切り替えました。


ティナ・フェイとエイミー・ポーラー出て来ました。


ティナはグリーンのドレスに着替えましたね。エイミーもブラウンの胸の開いたやつに変えました。そうだ、2人ともノミネートされてるんですよね、今年。


ティナがレナ・ダナムに関して言及しました。女性コメディ界にとっては良いことです。エイミーが「ゼロ・ダーク・サーティ」に関してキャスリン・ビグロウの元夫ジェイムス・キャメロンについてジョークを言いました。


ベン・アフレックについて「最初のボストンを舞台にしたのにアウトサイダーの映画だった」というシャレ。アン・ハサウェイに関してはオスカーでのジェイムス・フランコとの司会でギャグなどなど。SNLでの「Weekend Update」のノリですね。「若き日のダニエル・デイ・ルイスはETをやるはずだった」などとも言ってますな。


最初のプレゼンターはブラッドリー・クーパーとケイト・ハドソン。



映画部門  助演男優賞

クリストフ・ヴァルツ(ジャンゴ 繋がれざる者)


いきなり意外なとこ来ましたね。この人、タランティーノにとってのデカい発見だったんだな、やっぱ。


続いてデニス・クエイドとケリー・ワシントンがプレゼンター。


TV部門 助演女優賞

マギー・スミス(ダウントン・アビー)

欠席です。この人、去年もそうでした。


続いてドン・チードルとエヴァ・モンゴリア。


ミニ・シリーズ  作品賞

Game Change


ミニ・シリーズ 主演女優賞

ジュリアン・ムーア(Game Change)


キャサリン・ゼタ・ジョーンズがプレゼンター。「レ・ミゼラブル」の紹介。


ゴールデン・グローブを選ぶ会(Hollywood Foreign Press)の会長が来て挨拶。


ロザリオ・ドーソンが「The Best Exotic Marigold Hotel」を紹介。


サルマ・ハエックとポール・ラッドがプレゼンター。


TVドラマ部門 主演男優賞

ダミアン・ルイス(Homeland)


これが初の受賞ですが、「Band Of Brothers」でミニ・シリーズに2回ノミネートされてたのは知らなかったな。


TVドラマ部門 作品賞

Homeland


主演男優がダミアン・ルイスの時点で「Homeland」だよね。今、やっぱドラマの中じゃ最強に強いね。今回のシリーズ中、クレア・デーンズは妊娠中だったんだよね。スピーチでクリエイターがそのことについて触れてます。


ジョン・グッドマンとトニー・メンデスがプレゼンター。トニー・メンデスって「アルゴ」でベン・アフレックが演じた本人じゃん!「アルゴ」の紹介。


そしてジェイソン・ステイタムとジェニファー・ロペスがプレゼンター。


映画部門 音楽スコア賞

ライフ・オブ・パイ

この映画、スコアの評判いいんだよね。


映画部門 主題歌賞

スカイフォール・アデル(スカイフォール)

これじゃなきゃ、イヤだったね。アデル、スピーチでしゃべると、コッテコテのブリティッシュ・アクセントだよね。で、痩せたよ。


ジェシカ・アルバとキーファー・サザーランドがプレゼンター。


ミニ・シリーズ部門  主演男優賞

ケヴィン・コスナー(Hatfield&McCoys)

エミーに続きましたね。映画界に本格的に戻ってこれるかな。


すげえ!!ビル・クリントンだよ!!!


すごいなあ〜、この人に「リンカーン」の紹介させるのかよ。


エイミーがここで「まあ、すごい。ヒラリー・クリントンのダンナ様だわ!」って(笑)。


ウィル・フェレルとクリステン・ウィグがプレゼンター!!


映画のコメディ部門の5人の映画の演技をでっちあげで言いたい放題言ってます。で、全部「You Getta Outta Here」でシメます。バカ(笑)。この2人、何かで組めば良いのに。


映画コメディ/ミュージカル部門  主演女優賞

ジェニファー・ローレンス(世界にひとつのプレイブック)

こういうデカいとこでの受賞ははじめてですよね。家族への感謝をユーモア交えながら語ってます。すごいね。まだ、22なのにね、この子。


ジョン・クラシンスキーとクリステン・ベルがプレゼンター。

TV部門  助演男優賞

エド・ハリス(Game Change)

欠席です。


ジェイミー・フォックスが自ら「ジャンゴ」を紹介。


メーガン・・フォックスとジョナ・ヒルがプレゼンター。


映画ドラマ部門  助演女優賞

アン・ハサウェイ(レ・ミゼラブル)

「プリンセス・ダイアリー」の際、サリー・フィールドから「女優として型にハマった役柄の選び方をしないこと」を直接教えられたのか、彼女を参考にしたのか、文脈がちょっとわかりにくかったのですが、感謝の意を示していました。大女優ですもんね、サリー・フィールド。


アマンダ・サイフリッドとロバート・パティンソンがプレゼンター。


映画部門  脚本賞

クエンティン・タランティーノ(ジャンゴ 繋がれざる者)


えっ!!「ジャンゴ」、2勝目じゃん!本人自身が全く賞を狙ってなかったので驚いてますね。それであっさり取っちゃうところが、この人のすごいところだけど。やるよね。


ジェレミー・アイアンズが「砂漠でサーモン・フィッシング」の紹介。


デブラ・メッシングとルーシー・リュウがプレゼンター。


TVコメディ部門 主演男優賞

ドン・チードル(House Of Lies)


今のところ、今日一番の番狂わせ!まあ、たしかに名優なんですけどね、この人。でも、シリーズ自身はそこまでヒットしてないんだけどね、HBOものとしては。


シルヴェスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーがプレゼンター。


外国語映画賞

愛、アムール(オーストリア)

ハネケが直接、賞受け取りに来ました!しゃべるハネケ、はじめて見た。


リア・ミッシェルと、あっ名前ど忘れした!「キャッスル」の人だよ。


TVドラマ 主演女優賞

クレア・デーンズ(Homeland)

いや〜、強いね。ファンとしては、このまま受賞続けて行って欲しいよ。


サッシャ・バロン・コーエンがプレゼンター。暴言まき散らしてます(笑)。


アニメ賞

メリダとおそろしの森

圧倒的な内容でこそなかったものの、ピクサーがこの部門を2年ぶりに取り返しました。


プレゼンター、聞き逃した。「ライフ・オブ・パイ」の紹介です。


ジェイソン・ベイトマンとアジス・アンサーリがプレゼンター。


TVコメディ部門  主演女優賞

レナ・ダナム(Girls)

Yes!!!!!


いや〜、すっげえなあ!!!レナ、取っちゃったよ、おい!!やっぱ、才女だね、この人。しかもこれ、自分で書いた脚本でだからな。


ティナとエイミーがやけ酒飲んでます(笑)。


ロバート・ダウニーJrが功労賞のジョディ・フォスターのプレゼンターです。


70年代のカリスマ子役時代と90年代のスーパー・トップ女優だったときが圧倒的ですね。毎年このコーナーのフラッシュみてますけど、例年になく作品が新しい。モノクロが全然ないもの。これだけの女優さんでも、この10年、カミングアウト以降、過小評価されてるのは残念だけどね。


功労賞  ジョディ・フォスター


「私、今、50よ!」と連呼しております。あと、「私は独身です」とも。「カミングアウトは何千年前にしたし、その発言は今さらなしよ」とも。「プライヴァシーを尊重して」とも言ってますね。この話題で、この席でここまで引っ張るというのは、よっぽどその件での報道で苦しんでたってことなんだね。そろそろ、賞争いに戻るくらいの”復活”を果たしてほしいな。


ハリー・ベリーがプレゼンター。注目の監督賞です。

監督賞

ベン・アフレック(アルゴ)


いや〜、やりましたね〜。オスカーでの一件をみんな知ってるので、さすがにスタンディング・オヴェーションです。いやあ、この問題は引きずるよ。


ベン、スピーチで、「ポール・トーマス・アンダーソンをはじめ、ノミネートされていない偉大な監督がいる中、本当に光栄だ」と語っています。


ジョッシュ・ブローリンが「ムーンライズ・キングダム」の紹介。


ジェイ・レノとジミー・ファロンがプレゼンター。


TVコメディ部門  作品賞

Girls


うおおおおおおお!!!!!!!!!!!!


すっげえええっっっっっ!!!!!


やっと20代半ばに手が届くかの女の子が、DIYのスピリットで、手作りの番組で奇跡起こしちゃったよ!!!マジで、本当にすごいよ!!!


クリスチャン・ベールがプレゼンター。「ザ・ファイター」で出演したつながりで、デヴィッドOラッセルの「世界にひとつのプレイブック」を紹介。


ダンナが監督賞取ったあとにジェニファー・ガーナーがプレゼンター。


映画部門 主演男優賞

ヒュー・ジャックマン(レ・ミゼラブル)

この人って、こういう大きい賞、取ったことってあったけ?これで取っちゃったことで、「レ・ミゼラブル」がコメディ/ミュージカル部門作品賞は受賞に近づいたかな。


ジェレミー・レナーが「ハートロッカー」つながりで「ゼロ・ダーク・サーティ」紹介。


ダスティン・ホフマンがプレゼンター。


映画コメディ/ミュージカル部門 作品賞

レ・ミゼラブル

伝統的にミュージカル尊重するアワードだからね。実は12月からの賞レースでこれが初勝利だったりします。ただ、映画だと、今回最多受賞になるのか。この結果だけを見て、日本の新聞あたりが「アカデミー賞最有力」とか言いそうでこわいな。


続いてジョージ・クルーニーがプレゼンター。ベンの受賞を改めてほめてます。


映画ドラマ部門  主演女優賞

ジェシカ・チャステイン(ゼロ・ダーク・サーティ)


まだ見てないけど、当然でしょう。感涙にみせんでますね。無理もありません。この人、あれだけ演技うまいのに、映画でブレイクしたのが34歳になった年だったわけだからね。それからわずか2年でここにたどり着いたわけだから。ビグロウに「女性のジェンダーの枠を破る監督」と賛辞を贈ったのは、これもオスカーのノミネート漏れへの言及ですね。


映画ドラマ部門  主演男優賞

ダニエル・デイ・ルイス(リンカーン)

これも当然でしょうね。「本物の大統領がここに来て、この映画の紹介するなんて。ダニエル・クレイグは女王陛下と共演したけど」と言ってダニエル・クレイグがアップになりました。オリンピックのアトラクション・ネタですな。


さあ、「リンカーン」か「アルゴ」か、もしくは「ゼロ・ダーク・サーティ」か、気になるね!!


最後の作品賞発表はジュリア・ロバーツ。3年前もこの人だったような。


映画ドラマ部門  作品賞

アルゴ!!!


ありゃりゃりゃりゃ〜。オスカー、これじゃヤバいよ!!!


さすがにここまで勝負弱いと、「リンカーン」がオスカーで勝てるか、ちょっと疑いたくなるよね。こないだのクリティック・チョイスでも「アルゴ」とベンが作品、監督の2つを取ったんだよなあ〜。いやあ〜、これはさすがに「失態」というべきか。


author:沢田太陽, category:アワード, 09:58
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://themainstream.jugem.jp/trackback/1366