RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績

どうも。

 

noteだと初の全米映画興行成績ですね。レイアウト見やすいので、noteで読まれる方が増えるかと思いますが、そういう方は是非一つ、フォローの方、お願いします(笑)。
 

 

1(-)The Upside

2(1)Aquaman
3(-)A Dog's Way Home

4(5)Spider Man Into The Spider Verse
5(2)Escape Room
6(3)Mary Poppins Returns
7(4)Bumblebee
8(16)On The Basis Of Sex

9(6)The Mule
10(6)Vice

 

初登場で1位は「The Upside」。こんな映画です。

 

 

これ、想像できる人も少なくないかと思われますが、

 

2011年に世界的に大ヒットしたフランス映画「最強のふたり」のリメイクです。すごく有名で人気のあった作品だけに内容、気になるところですが、下半身付随の大富豪役に「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストン、そして黒人介護士に、先日、オスカーの司会をLGBTをからかう発言が元で辞退して話題のケヴィン・ハートが勤めています。

 

 

この時期なので、興行的数字も1900万ドルと低いんですけど、評判んも芳しくありません。Metacriticで44点、RottenTomatoesでも40点。ただ、RTのオーディエンス採点は良くて89点あるんですよね。見ると案外、楽しめる作品なのかもしれません。

 

 

3位初登場の「A Dog's Way Home」はこんな感じです。

 

 

これはどうやらアメリカでベストセラーになった小説が元になったもののようでして、ストーリーは単純。可愛がってた犬が間違って逸れてしまい、戻ってくるまでの話です。人間側の主役は飼い主のアシュリー・ジャッドなんですが、犬がナレーターになっているようでして、それをブライス・ダラス・ハワードが勤めています。

 

 

こちらなんですが評判はまあまあですね。Metacriticで50点、RottenTomatoesで60点ですが、こちらもオーディエンス採点が89点と客ウケがいいですね。

 

8位の「On The Basis Of Sex」はこんな感じです。

 

 

 

これは、現在も健在で活躍中のアメリカの最高裁判事、

 

 

 

ルース・ベイダー・ギンズバーグ、イニシャルでRBGとも呼ばれている、アメリカ国内で絶大な尊敬を受けている彼女の伝記映画です。年齢、85歳ですよ!彼女に関しては昨年もドキュメンタリー映画が公開されて、それが週間興行でトップ10に入るほどの異例のヒットになっていました。そのことはこのブログでも紹介しています。

 

 

この映画では、演技派として注目されています、フェリシティ・ジョーンズ、以前はホーキング博士夫人を演じてオスカーにもノミネートされた、僕も好きな女優さんなんですが、彼女がRBGを演じて話題となっていました。

 

 

評判なんですが、そこそこいいんです。Metacriticで60点、Rottentomatoesで71点。ただ、この内容でオスカーにかからなかったということは、ちょっと押しが弱かったのかなあ、という感じなのでしょうかね。

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 03:17
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

今年も早速レギュラーものから行きます。全米映画興行成績。

 

1(1)Aquaman

2(2)Mary Poppins Returns

3(3)Bumblebee

4(4)Spider Man Into The Spider Verse

5(5)The Mule

6(-)Vice

7(-)Holmes And Watson

8(7)Second Act

9(8)Ralph Breaks The Internet

10(6)Dr.Seuss The Grinch

 

トップ5は先週と変わりません。やっぱ年末なので、そこまで大きな動きはありません。

 

6位初登場はオスカー候補の映画でもあります。「Vice。これはジョージ・ブッシュ父で国防長官、そしてジョージ・ブッシュ息子で文字どおりヴァイス、副大統領を務めたディック・チェイニーの伝記映画です。チェイニー役をクリスチャン・ベールが体重を増量させて演じていることでも話題です。

 

すでに映画賞関係でかなりノミネートされている映画ではあるんですが、評判は実はそんなに良くありません。Metacriticで61点、Rottentomatoesで64点。これがRTのオーディエンス採点だと55点とさらに悪い。僕ですね、これ、ノミネート漏れ、あるんじゃないかと見ています。ちょっと業界の忖度だけでこれまで多めに見られてきてたと思うので。

 

 

7位に初登場は「Holmes&Watson」。これはシャーロック・ホームズと助手ワトソンという、伝統的なイギリスの話を、なぜかウィル・フェレルとジョンCライリーの、2009年のカルト・コメディ「俺たちステップ・ブラザーズ」の思いっきりアメリカンなコンビがコメディにするという、どういう狙いなのだかよく分からない映画です。

 

 

で、これが評判がひどいんです。Metacriticで24点、Rottentomatoesで8点。いやあ、ウイル・フェレル、これでラジー、決定的だし、今後の主演映画、継続できるか、ちょっと苦しくなってきましたね。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 13:02
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

タイミング的にメリー・クリスマスですね。今、まだこっち、25日になったばかりなんですけどね。

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(-)Aquaman

2(-)Mary Poppins Returns

3(-)Bumblebee

4(1)Spider Man Into The Spider Verse

5(2)The Mule

6(3)Dr.Seuss The Grinch

7(-)Second Act

8(4)Ralph Breaks The Internet

9(-)Welcome To Marwen

10(17)Mary Queen Of Scots

 

 

初登場で1位は「アクアマン」。DCの新シリーズですね。筋肉モリモリのジェイソン・モモアが主人公を務めます。

 

もうすでにジャスティス・リーグに出てる関係もあり期待度は高く。6700万ドルという高い数字での初登場担っています。ブラジルではこの1週前から先行して始まっています。

 

ただ、評判はそこまでじゃないんですよね。Metacriticで55点、Rottentomaoesで63点。

 

初登場で2位は「Mary Poppins Returns」。これは1964年の大名作「メアリー・ポピンズ」の続編で、大人になったマイケルとジェーンの元にメアリーが突然戻ってくる、というお話。主演はエミリー・ブラント。

 

これですが、オスカー・ノミネートの期待がかかる中、Metacriticで65点、Rottentomaoesで77点。いい点数ではあるんですが、ノミネートを狙うにはやや低いかな。これ、僕、すでに見ているので近いうちにレビューしますね。

 

 

3位初登場は「バンブルビー」。これは「トランスフォーマー」のスピンオフ、正しくはプリクールで、ヘイリー・スタインフェルドが主演です。

 

これですが、なんと評判、かなりいいんですよ。。!「トランスフォーマー」乾み。評判悪いんですけどね。見てみようか思ってます。

 

7位初登場は「Second Act」。ジェニファー・ロペスがビジネスの世界でサクセスをあげながら気になる恋の展開もあるロマンティック・コメディ。昔、彼女がよく出てたタイプですね。

 

レヴューですが、Metacriticで49点、Rottentomaoesで41点と今ひとつのようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:44
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

こちらは今、夏に入るとこなんですが、エラい猛暑で溶けそうです。

 

今日はこの後、年間ベスト総括やりたいので、ササッと行きます。全米映画興行成績。

 

 

1(-)Spider Man Into The Spider Verse

2(-)The Mule

3(2)Dr.Seuss The Grinch

4(1)Ralph Breaks The Internet

5(-)Mortal Engines

6(3)Creed II

7(5)Bohemian Rhapsody

8(6)Instant Family

9(4)Fantastic Beasts The Crimes Of Grindewald

10(7)Green Book

 

 

初登場で1位はスパイダーマンのアニメですね、「スパイダーマン スパイダーヴァース」。これは、「LOGOムーヴィー」で当てたフィル・ロードがプロデュースした作品で、漫画の可能性をすごく極めたタイプの映画だそう。映像、面白そうですね。

 

興行は3000万ドルでの初登場とまずまずの感じですが、ウケは抜群にいいです。Metacriticで87点、Rottentomatoesで97点。これ、一部でオスカーのアニメ部門狙えるんじゃないかという声もあるほどです。僕も「インクレディブル2」が個人的にはやや今ひとつだったので、ちょっとこれ、気にしてます。

 

 

2位初登場は「The Mule」。これはクリント・イーストウッドの役者引退撤回作にして、彼の監督による最新作です。今回は邦題がそのままズバリ「運び屋」。老齢のドラッグ・ディーラーをイーストウッド御大が演じています。

 

これ、「オスカー狙うか?」の声も一時期あったんですが、ちょっとそういうわけには行かなそうです。Metacriticで58点、Rottentomatoesで61点。オーディエンス採点でも72点。これではオスカー、ないですね。

 

僕、前から言ってることなんですけど、イーストウッドは正直苦手意識あるので(苦笑)、これは見ないで終わっちゃうかなあ。題材的には今回は行けそうな感じもしたんですけどね。

 

5位初登場は「Mortal Engines」。これはいわゆるディストピア系のアドベンチャー映画で、2002年に出た、これはYAには入るのかな。まあ、それ系ですね。

 

ただ、役者が全く有名じゃない時点ですでに嫌な予感がしたのがその通りでして、Metacriticで44点、Rottentomatoesで28点でした。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 11:39
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

1(1)Ralph Breaks The Internet

2(2)Dr.Seuss The Grinch

3(3)Creed II

4(4)Fantastic Beasts The Crimes Of Grindewald

5(5)Bohemian Rhapsody

6(6)Instant Family

7(10)Green Book

8(8)Robin Hood

9(7)The Possession Of Hannah Grace

10(9)Widows

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:14
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

書くことが少ないのと、今日中にもう一つ投稿がしたいので、手短に全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(1)Ralph Breaks The Internet

2(3)Dr.Seuss The Grinch

3(2)Creed II

4(4)Fantastic Beasts The Crimes Of Grindewald

5(5)Bohemian Rhapsody

6(6)Instant Family

7(-)The Possession Of Hannah Grace

8(5)Robin Hood

9(8)Widows

10(9)Green Book

 

今週、アメリカの映画界、新作に動きませんでした。来週はアニメ版の「スパイダーマン スパイダーヴァース」、これ、かなり評判いいみたいですが、再来週が「アクアマン」、「バンブルビー」、「メアリー・ポピンズ・リターンズ」と人気作があるんですけどね。「アクアマン」、ブラジルは1週先行なのかな。

 

「シュガーラッシュ オンライン」が2週目も2500万ドルと高い数字です。邦題イマイチですけど、ブラジルでも「WiFiラルフ」と、これも如何なものかなタイトルです。

 

今週は7位にしか初登場がありません。「The Possession Of Hannah Grace」は超常現象ホラー。ヒロインは「プリティ・リトル・ライアーズ」にでてた女の子だったりしますが、むしろ裏の主役はこのタイトルにもなったハナ・グレイスを演じる、呪われた女の子。まあ、ティーン狙いの青春ホラーな感じでしょうか。

 

このパターンだとまず良くないんですが、予想通りでMetacriticで37点、Rottentomatoesで17点。オーディエンス票でも37点でした。

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 04:38
comments(0), trackbacks(0), - -