RSS | ATOM | SEARCH
最新全米映画興行成績

1(-)Deadpool 2

 

2(-)Avengers Infinity War

3(-)Book Club

4(2)Life Of The Party

5(3)Breaking In

6(-)Show Dogs

7(4)Overboard

8(5)A Quiet Place

9(7)Rampage

10(10)RBG

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 13:45
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

では、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

1(-)Avengers Infinity War

2(-)Life Of The Party

3(-)Breaking In

4(2)Overboard

5(3)A Quiet Place

6(4)I Feel Pretty

7(5)Rampage

8(6)Tully

9(7)Black Panther

10(-)RBG

 

 

「アヴェンジャーズ インフィニティ・ウォー」が3週連続で1位をキープしています。

 

2位初登場はメリッサ・マッカーシー主演のコメディ「Life Of The Party」。離婚した中年女性が娘の通う大学に通うようになってどうなるかを描いたコメディです。監督はメリッサの旦那さんでもあります、ベン・ファルコンです。

 

メリッサって、「ブライズメイズ」とか「SPY」を監督したポール・フェイグの監督作だと傑作なんですけど、どうもベンの作品だと、ただのB級映画になって途端につまんなくなるんですけど、どうやらそれはこれも同じなようです。Metacriticで46点、Rottentomatoesで40点。

 

3位初登場はガブリエル・ユニオン主演のサスペンス映画「Breaking In」。これは、子供達を連れて父の家にいった女性が強盗に巻き込まれるサスペンス映画にようですね。ガブリエル・ユニオンって、その昔、キルステン・ダンストのチアリーダーの映画でライバルやってた人ですね。

 

ただ、残念なことに、批評は芳しくありません。Metacriticで42点、Rottentomatoesで27点。

 

そして10位ですが、ドキュメンタリーです。アメリカの、ものすごく有名な最高裁判事です。御年85歳の現役判事です。ルース・ベイダー・ギンズバーグのドキュメンタリーです。アメリカでは非常に尊敬されている女性でリベラルの人の支持もすごく高い人です。

 

 

 日本だと、「最高裁判事」なんて誰一人知らなくても不思議じゃないんですがブラジルもそうなんですが、欧米圏では最高裁判事というのはちょっとした有名人で、大臣よりも有名なくらいです。というのは、やっぱり、政府や議会が無理な法案を通そうとしたり、マイノリティの権利のための判断が必要な時があるでしょ。その時、最高裁判事の判断というのは非常に重いんです。10人くらいしかいないのに、その人たちの判断の多数決でその後が決まっちゃうんですからね。すごく大事です。で、その最高裁判事のアメリカ人女性としては、史上2番目なのかな、確か。ビル・クリントンの時に指名されて25年ずっと現役でやってるわけですけどね。すごいことだと思います。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 20:16
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

1(-)Avengers Infinity War

2(-)Overboard

3(2)A Quiet Place

4(3)I Feel Pretty

5(4)Rampage

6(-)Tully

7(5)Black Panther

8(7)Truth Or Dare

9(6)Super Troopers 2

10(-)Bad Samaritan

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 09:52
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

今日、ネタは一つなので、早めにやっちゃいましょう。全米映画興行成績。

 

 

 

1(-)Avengers Infinity War

2(1)A Quiet Place

3(3)I Feel Pretty

4(2)Rampage

5(8)Black Panther

6(4)Super Troopers 2

7(5)Truth Or Dare

8(7)Blockers

9(6)Ready Player One

10(9)Traffik

 

 

というわけで、「アヴェンジャーズ インフィニティ・ウォー」が初登場で1位です。で、予想もされたことですが、興行の新記録作りました!実に2億5000万ドルの売り上げ。まあ、凄いですね。

 

 

 もう、言うまでもなく、マーヴェル・コミックのオールスターが勢ぞろいした第3弾なんですけど、今回はスパイダーマン、ドクター・ストレンジ、ブラック・パンサーあたりが加わったのかな。僕は2012年に長男が生まれるタイミングで見逃して以来、なんか全体を見るのを諦めてしまい(苦笑)、あまり積極的に見なくなっています。第2弾目は映画館で見ましたけど、今回のは、歯のコンディションのこともあり、今週末は見てません。たぶん、長くやると思うので、そのうち見ようかとは思っていますが、「でも、正義のヒーローがこんなにもそろう必要、あるわけ?」という疑問の方が先に湧くタイプなので(笑)、見に行ってもそこまで満足しないような気もしています。

 

 

 今回のコレですが、評判はいつもくらいかな。いいといえばいんですけど。Metacriticで68点、Rottentomatoesで84点。内容的には「ブラック・パンサー」の幸せな熱狂ぶり(今週、これの公開に吊られてまた順位上がってるよ!)はないようですけど、まあ、ブラック・パンサーの方が異例の出来なので、比べるのは酷かもしれませんが。_

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:55
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

 

レディオヘッドの公演、ずっと立ちっぱなしだったので疲れてますね。しかも、結構、会場、駅から遠いところにあったりもしてるので。

 

では、遅くなりましたが、全米映画興行成績、行きましょう。

 

 

 

1(2)A Quiet Place

2(1)Rampage

3(-)I Feel Pretty

4(-)Super Troopers 2

5(3)Truth Or Dare

6(4)Ready Player One

7(5)Blockers

8(6)Black Panther

9(-)Traffik

10(7)Isle Of Dogs

 

 

今週はトップでも2200万ドルという低調な週でしたが、その中を話題の「A Quiet Place」が1位を取り返しています。

 

 

初登場で最高は3位の「I Feel Pretty」。これはエイミー・シューマー主演のコメディ。これは養子に自信のなかった女性が、転んで頭を打った途端に魅力的な女性に変身する、と言った感じのコメディです。エイモーにとってはこれが3作目の主演作になります。

 

 

これ、概して評判は良くありません。Metacriticで47点、Rottentomatoesで34点。・・なのですが、これに関しては「いや、実は良く見るといい映画だ」と反論する声も結構聞きます。ちょっと僕はエイミー好きなこともあるので、確認したい気持ちになっています。

 

 

4位初登場は「Super Troopers 2」。これは2001年にリリースされ、カルト映画化していたコメディのリメイクですね。ヴァーモント州の保安官を主役としたものなんですけどね。僕もこれ、オリジナルはまだ見たことありません。

 

評判自体はパッとしません。Metacriticで41点、Rottentomatoesで35点。ただオリジナルの批評評価もそれに近いので、あてにはならないかもしれませんが。

 

9位初登場は「Traffik」。これはスリラーで、若いカップルが田舎のバカンスの際に暴走族に襲われることを描いたものだとか。主演はポーラ・パットンにオマー・エップス。

 

これも評判がパッとしません。Metacriticで39点。Rottentomatoesで24点でした。

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 12:56
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全米映画興行成績

どうも。

 

手短に行きます。全米映画興行成績。

 

 

1(-)Rampage

2(1)A Quiet Place

3(-)Truth Or Dare

4(2)Ready Player One

5(3)Blockers

6(4)Black Panther

7(10)Isle Of Dogs

8(5)I Can Only Imagine

9(6)Tyler Perry's Acrimony

10(11)Chappaquiddick

 

 

初登場で1位になったのは「Rampage」。ドゥウェイン・ジョンソン。売れっ子ですね。「ジュマンジ」に続いて4ヶ月ぶりに主演作が首位復帰です。内容もなんかそれっぽいですが、これはヴィデオ・ゲームを映画化したもの。「ジュマンジ」は劇中のヴィデオ・ゲームに自分が入り込む話でしたから、なんかイメージ近いですよね。ここで彼は巨大な動物たちと遭遇するようですよ。

 

これ、1週目の週末を3400万ドルとなかなかの成績をあげたんですが、評判は良くありません。Metacriticで45点、Rottentomatoesで50点です。

 

 

3位初登場はスーパーナチュラル・ホラー「Truth Or Dare?」。こちらはCWの青春サスペンス「Pretty Little Liars」のヒロインだったルーシー・ヘイルを主役に起用しています。でも、彼女ももう28なんですけどね。ここでは大学生のユーチューバーを演じ、次々と超常現象に遭遇していく話です。

 

ただ、これも評判は悪いです。Metacriticで38点、Rottentomatoesに至っては15点。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全米映画興行成績, 10:34
comments(0), trackbacks(0), - -