RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

どうも。

 

 

カンヌの結果をどうしても先に入れたかったので、ちょっと不自然な更新になりますが、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(2)Nice For What/Drake

3(3)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

4(4)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

5(5)Feel It Still/Portugal The Man

6(14)This Is America/Childish Gambino

7(8)Answerphome/Ranx&Banx feat Ella Eyre

8(7)Paradise/George Ezra

9(11)Flames/David Guetta feat Sia

10(21)In My Blood/Shawn Mendes

 

今週はトップ10に、こちらでも「This Is America」、そしてデヴィッド・ゲッタとシーアの「タイテイニアム」のコンビの久々のコラボですね、「Flames」、そしてショーン・メンデスのニュー・シングルが入ってきました。ゲッタとシーアのは、なかなかいいんじゃないですか。あんまり期待してなかったんですけど、キャルヴィン・ハリスとドゥア・リパよりは断然好きです。しかし、このカンフー映画はいったい何なんでしょう?

 

4位にはチャーリー・プースのセカンド・アルバム、10位には大ベテラン、ルーツ・ミュージックの大家、ライ・クーダーの新作が入ってきています。ライ・クーダーのトップ10、初めてなんじゃないかな。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Tranquility Base Hotel$Casino/Arctic Monkeys

2(1)The Greatest Showman/Soundtrack

3(2)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

4(-)Voicenotes/Charlie Puth

5(4)Staying At Tamara's/George Ezra

6(6)÷/Ed Sheeran

7(7)Speak Your Mind/Anne Marie

8(10)Dua Lipa/Dua Lipa

9(11)Invasion Of Privacy/Cardi B

10(-)The Prodigal Son/Ry Cooder

 

アークティック・モンキーズの問題作「Tranquility Base Hotel&Casino」が初登場で余裕の1位です。聞いてみましょう。

 

 

 

僕のこないだのこのアルバムに関しての記事はかなりツイートされていたりもするんですが、僕は本当にこのアルバムが大好きでして、とりわけこの曲に至っては歴代の彼らの曲の中でもトップクラスに好きですね。このアルバム、少なくとも僕にとってそういう曲が4曲はあります。確かに変わったし、ギター・ドリヴンなアルバムではないけれど、楽曲クオリティの高さだとか、試みようとしたリスクとか、そうしたものは絶対に評価されるべきだと思います。無難なことやって、そこそこいいみたいなアルバムにはない充実感はありますからね。

 

このアルバム、イギリスだけでなく、オーストラリア、ベルギー、オランダで1位、ノルウェー、アイルランドで2位、イタリアで3位、ドイツで4位、スウェーデンで8位と、ヨーロッパ全般で大ヒットしています。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 15:00
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

遅くなってしまいましたが、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(3)Nice For What/Drake

3(2)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

4(4)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

5(5)Feel It Still/Portugal The Man

6(8)Answerphome/Ranx&Banx feat Ella Eyre

7(7)Paradise/George Ezra

8(10)Lullabye/Sigala feat Paloma Faith

9(6)Psycho/Post Malone feat Ty Dolla Sign

10(9)Better Now/Post Malone

 

トップ10に入れ替えはありませんでしたね。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(2)The Greatest Showman/Soundtrack

2(1)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

3(-)Be More Kind/Frank Turner

4(5)Staying At Tamara's/George Ezra

5(-)Heaven Before All Hell Breaks Loose/Plan B

6(6)÷/Ed Sheeran

7(3)Speak Your Mind/Anne Marie

8(-)Attention Attention/Shinedown

9(-)Singularity/Jon Hopkins

10(9)Dua Lipa/Dua Lipa

 

また、あのアルバムが1位です。本当にイギリス人のミュージカル好きはすごいものです。

 

 

3位にはフランク・ターナーのアルバムが初登場。聞いてみましょう。

 

 

英語の発音こそイギリスっぽいんですけど、サウンドの感じはアメリカのメジャーっぽい感じですね。正直、あんまり好きなサウンドの作りじゃないんですけど、インターナショナルにヒット狙えるんじゃないですか、これ。アルバム聞きましたけど、曲によっては悪くないですからね。

 

5位初登場は、ようやく復活しましたね。bウリティッシュ・ラッパーのプランB。

 

8位は、「アメリカでしか売れてない」印象があったアメリカのニュー・メタル・バンドのシャインダウン。

 

そして9位はアンビエント系のエレクトロ・アーティスト、ジョン・ホプキンスが入ってきました。聞いてみましょう。

 

 

この人は何ヶ月か前からBBCがパワー・プッシュ状態だったので気にして聞いていましたけど、いいですね。すごくスケール感のある雄大なアンビエントと、絶妙な合間で入るグリッチのリズムのグルーヴ感。この系の作品がイギリスでもアルバムのトップ10入るのって珍しいんですけど、そういう異例のことを達成できるだけのポップさと刺激が両方あって僕もすごく好きですね。

 

やっぱり僕はEDMよりはこういうのが好きです。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 13:56
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

すみません。寝過ごしてしまって遅れてしまいました。手短に行きます。全英チャートです。

 

 

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(2)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

3(3)Nice For What/Drake

4(4)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

5(8)Feel It Still/Portugal The Man

6(10)Psycho/Post Malone feat Ty Dolla Sign

7(5)Paradise/George Ezra

8(7)Answerphome/Ranx&Banx feat Ella Eyre

9(-)Better Now/Post Malone

10(6)Lullabye/Sigala feat Paloma Faith

 

上位はほとんど変わりなしですね。9位にアルバムが出た影響でポスト・マローンが入ってきています。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

2(1)The Greatest Showman/Soundtrack

3(-)Speak Your Mind/Anne Marie

4(-)Cool Like You/Blossoms

5(4)Staying At Tamara's/George Ezra

6(8)÷/Ed Sheeran

7(2)KOD/J Cole

8(-)Dirty Computer/Janelle Monae

9(10)Dua Lipa/Dua Lipa

10(6)Golden/Kylie Minogue

 

 

ポスト・マローンがイギリスでも初登場1位です。彼に関してはちょっと語っておく必要があるので、全米でゆっくり話します。

 

まずは4位初登場のブロッサムズ、聞いてみましょう。

 

 

 

今回のアルバム、キャッチーな曲も多く、決して悪いわけではないんですけど、前作と路線が全く同じでバンドとしての幅を見せられてないのが惜しいかなあ。これだと、「いい感じ」は残るんですけど、とりわけ傑作が多い中だと忘れ去られちゃう危険性がある。これがリリースが手薄な1月とかのリリースだったらよかったのかなあ、と言う感じでしたね。でも、悪くはないです。

 

 

では、8位初登場のジャネール・モネエ。これも聞いてみましょう。

 

 

 

今回のアルバム、世間的には大絶賛の嵐なんですけど、僕はそこまでじゃないんですよねえ〜。これの一つ前のアルバムがすごく好きなもんだから、期待が高すぎたのかもしれませんが。

 

 なんかですね、いいんですけど、「プリンスを意識した」ッて本人が認めるパートが、去年出たセイント・ヴィンセントのアルバムと完全にカブっちゃってるんですよね。もしかしたら、あのアルバムを聞いていなかったらものすごく感動したのかもしれないですけど、ここの部分がどうしても感情移入できなかったんですよね。

 

 おしまいの方のスティーヴィー・ワンダーとの共演の方が彼女本来のスタイルには合うし、リリックまで含めてグッとくるんですけどね。もう少し聞き返してみますけど。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 13:55
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(-)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

3(2)Nice For What/Drake

4(3)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

5(4)Paradise/George Ezra

6(7)Lullabye/Sigala feat Paloma Faith

7(18)Answerphome/Ranx&Banx feat Ella Eyre

8(8)Feel It Still/Portugal The Man

9(12)The Middle/Zedd feat Marren Morris

10(9)Psycho/Post Malone feat Ty Dolla Sign

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman/Soundtrack

2(-)KOD/J Cole

3(-)Accidentally On Purpose/Shires

4(3)Staying At Tamara's/George Ezra

5(-)Crop Circle/Nines

6(4)Golden/Kylie Minogue

7(-)Family Tree/Black Stone Cherry

8(6)÷/Ed Sheeran

9(-)44/876/Sting&Shaggy

10(10)Dua Lipa/Dua Lipa

author:沢田太陽, category:全英チャート, 10:38
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

アヴィーチーが亡くなってしまいましたね。いやあ、ビックリです。

 

彼に関しては、ここ数年でアルコール中毒の報道がなされたり、言動もちょっと怪しい感じがあったりはしました。来日も3回キャンセルじてたりね。健康問題はだいぶ深刻だったようですが、今回も「dound dead」、つまり「遺体が発見された」形での死ですからね。気になりますね。

 

それにしても享年が28歳というのはいくら何でも若すぎますね。ご冥福をお祈りします。

 

では、そのアヴィーチーが2曲のナンバーワン・シングルを持つ全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(3)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(1)Nice For What/Drake

3(2)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

4(5)Paradise/George Ezra

5(4)These Days/Rudimental feat Jese Glynne&Macklemore

6(6)Friends/Marshmello&Anne Marie

7(9)Lullabye/Sigala feat Paloma Faith

8(8)Feel It Still/Portugal The Man

9(10)Psycho/Post Malone feat Ty Dolla Sign

10(7)This Is Me/From The Greatest Showman

 

キャルヴィン・ハリスとドゥア・リパのシングルがドレイクから1位奪取です。

 

今回はトップ10に入れ替えはなかったですね。

 

では圏外に行きましょう。81位初登場のこの曲で。

 

 

 

 

フローレンス&ザ・マシーンのニュー・シングルです。「Sky Full Of Song」。スケールの大きな1曲で、今後の彼女のアンセムになりそうな曲ですね。正直、もう少し上の順位を期待したんですけどね。わかりやすい、とってつけたような展開じゃないとキッズが食いつかなくなってるのかなあ。こう言う徐々に盛り上がる壮大感ではわからないというのでは、なんか寂しいですよね。

 

 

ではアルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(2)The Greatest Showman/Soundtrack

2(-)Resistance Is Futile/Manic Street Preachers

3(3)Staying At Tamara's/George Ezra

4(1)Golden/Kylie Minogue

5(6)Invasion Of Privacy/Cardi B

6(7)÷/Ed Sheeran

7(-)Evil Spirits/The Damned

8(11)Dua Lipa/Dua Lipa

9(9)My Dear Melanchory/The Weeknd

10(13)The Thrill Of It All/Sam Smith

 

「グレイテスト・ショーマン」、今週も1位です。

 

そして1位になれなかったのがマニックス。聞いてみましょう。

 

 

 

今回のマニックスなんですが、悪くはないんですが、ちょっと綺麗にまとまりすぎかな。こっち方面の爽やかなマニックスもいいんですが、もう少しエッジが立っても良いのかなあ、と言う気は今回のアルバムにはしましたね。

 

 

そして7位で初登場はUKオリジナル・パンクの勇、ザ・ダムドですよ!これも聞いてみましょう。

 

 

 

 

このダムドですが、なんとこれが初の全英トップ10アルバムですよ!これまでの最高位は1985年の「ファンタスマゴリア」の11位だったんですねえ。

 

今回のダムドですが、イメージとしては80sの時のゴス・イメージの方を継承した感じかな。これはこれで味はありますけどね。本当に去年から復活目立つなあ。

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 11:05
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

来週は子供のバースデイ・ウィークで、そのあとの日曜がレディオヘッドのライブがあります。なので今週末はおとなしくしないといけないことになっています。

 

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(-)Nice For What/Drake

2(1)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

3(-)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

4(2)These Days/Rudimental feat Jese Glynne&Macklemore

5(4)Paradise/George Ezra

6(6)Friends/Marshmello&Anne Marie

7(3)This Is Me/From The Greatest Showman

8(5)Feel It Still/Portugal The Man

9(9)Lullabye/Sigala feat Paloma Faith

10(8)Psycho/Post Malone feat Ty Dolla Sign

 

初登場で1位はまたもドレイクです。「God's Plan」、良い曲でしたけど、僕はこっちの方がさらに好きです。

 

3位初登場はキャルヴィン・ハリスのニュー・シングル。フィーチャリングはドゥア・リパです。悪くはないんですけど、特別よくもなく、という感じでしょうか。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Golden/Kylie Minogu-

2(1)The Greatest Showman/Soundtrack

3(2)Staying At Tamara's/George Ezra

4(-)America/30 Seconds To Mars

5(-)St.Jude Re Wired/Courteeners

6(-)Invasion Of Privacy/Cardi B

7(5)÷/Ed Sheeran

8(-)Geography/Tom Misch

9(3)My Dear Melanchory/The Weeknd

10(-)The Deconstruction?/Eels

 

初登場で1位はカイリー・ミノーグ。聞いてみましょう。

 

 

 

う〜ん・・・。

 

彼女、この前にも「Dancing」って曲も先行で出してるんですけど、それが正直、すごく微妙だったんですよ。で、これもそんなに違わないで同じくらいに・・・。・・っていうか

 

なんでカントリーなわけ、カイリー???

 

なんなんでしょう。テイラー・スウィフトに対して返答でもしたくなっちゃったんでしょうか?しかもこれ、アレンジがことごとくダサいんですけど・・。なんか、誰かから「次はこういうのが来るんだよ」とかそそのかされているうちに信じ切っちゃって作っちゃった感じですね。ちょっと、イタい感じさえあります。

 

う〜ん、個人的にカイリーは2000年代に突入後の「Spinnning Aroundjからハズレがなく、アイドルから完全に脱皮した本格派として成長していただけにこれはなんか残念というか、ズッコけちゃいましたね。固定ファンがかなりいる人なので、その人たちだけが買っても1位にはなると思いますが、その人たちが期待したのもコレではなかったのではと思います。

 

 

4位初登場は俳優との両立は立派ですね。ジャレッド・レトの30セカンズ・トゥ・マーズの新作。

 

5位は、息の長いバンドになってますね、マンチェスターのコーティーナーズの新作。

 

 

6位は個人的には本当に大好きでよく聴いているアルバムです。カーディBのデビュー作。これはアメリカのところでゆっくり語りましょう。

 

そして8位はUKR&Bシンガー、トム・ミッシュのデビュー作。10位はUSインディ・ファンにファンが多い人ですね。イールズの新作。全英トップ10なんて本当に久しぶりですね。

 

 

では、トム・ミッシュ、聞いてみましょう。

 

 

 

UKでR&Bで追い風が吹いているのはわかるし、雰囲気はいいんですけど、なんかもう人押しがない感じなんだよなあ。もう少し個性を強く押し出せないと、波が去った後に残れるかどうか。2枚目以降が問われる感じですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:32
comments(1), trackbacks(0), - -