RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

どうも。

 

ワールドカップ、たけなわですね。僕も毎試合、何かしらの場面はズッと見てますね。目が離せない試合が続いてます。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(2)I'll Be There/Jess Glynne

2(6)Solo/Clean Bandits feat Demi Lovato

3(3)2002/Anne Marie

4(8)Shotgun/George Ezra

5(5)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

6(7)Better Now/Post Malone

7(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

8(16)Leave A Light On/Tom Walker

9(13)I Like It/Cardi B feat Bad Bunny&J Balvin

10(9)Flames/David Guetta feat Sia

 

ジェス・グリンがキャルヴィン・ハリスを蹴落として1位になりました。

 

トップ10入りはまず8位に、これはフォーク系の新人ですね。トム・ウォーカー。どっちかというと、ラグン・ボーンマンみたいなソウルフルにシャウトするタイプですね。これもアレンジが「グレーテスト・ショーマン」入ってて、どっちかというと苦手です(笑)。

 

9位にはカーディBのニュー・シングルですね。彼女は半分ラテン移民の血が流れているんですが、その血筋的なルーツと最近台頭著しいコロンビアのレゲトンの合わせはうまいとこついてると思います。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman/Soundtrack

2(3)Staying At Tamara's/George Ezra

3(-)Lost&Found/Jorja Smith

4(-)The Beach Boys With Royal/Beach Boys

5(7)÷/Ed Sheeran

6(6)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

7(-)Kids See Ghost/Kids See Ghost

8(-)No Shame/Lily Allen

9(5)Wildness/Snow Patrol

10(2)Ye/Kanye West

 

まだ、あのサントラが1位です。大概で飽きないのかな。

 

初登場で3位初登場は、ドレイクも目をかけてるイギリスの21歳の女性R&Bシンガー、ジョージャ・スミスのデビュー作。聞いてみましょう。

 

 

趣味の良いオーガニック系のR&Bではあり評価も高いですね。ただ、僕自身の本音を言わさせていただくなら、正直、期待は上回らなかったんですよねえ。歌はうまいんですけど、歌い方が一本調子で、ややもすると全曲同じよう曲に聞こえてしまうんですよね。ちょっと幅がなさすぎ。

 

 彼女、シングルで諸々単発で出てる時の方がドキドキしましたけどね。「アルバムでの幅のなさ」で期待はずれだったのって、僕にとってはスーパーオーガニズムとかもそうだったんですけど、その意味でやっぱりアルバムのフォーマットって大切だよなあ、とは思いましたね。

 

4位はビーチボーイズですが、これは彼らの往年の代表曲をロイヤル・フィル・オーケストラの演奏をオヴァーダブした、いわば架空の競演盤。

 

7位はカニエ・ウェスとキッド・カディの競演盤。これはアメリカのときに語りましょう。

 

 

そして8位にはリリー・アレンの新作が入ってきました。聞いてみましょう。

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 08:47
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(5)I'll Be There/Jess Glynne

3(3)2002/Anne Marie

4(2)Nice For What/Drake

5(4)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

6(10)Solo/Clean Bandits feat Demi Lovato

7(9)Better Now/Post Malone

8(20)Shotgun/George Ezra

9(8)Flames/David Guetta feat Sia

10(-)Yikes/Kanye West

 

 

上位変わらないんですが、野太い声のアイドル、ジョージ・エズラのニュー・シングルが8位。そしてカニエの新作からの曲が10位で初登場ですね。

 

 

カニエはこないだもちょっと言いましたけど、前の週に出た自分がプロデュースしたプッシャT、自分のアルバムの翌週に出たキッド・カディとのコラボ盤は良かったのに、自分のが一番低い評価になってますね、今回。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman/Soundtrack

2(-)Ye/Kanye West

3(5)Staying At Tamara's/George Ezra

4(-)Moonday Dream/Ben Howard

5(2)Wildness/Snow Patrol

6(6)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

7(8)÷/Ed Sheeran

8(-)As Long As I Have You/Roger Daltry

9(3)Shawn Mendes/Shawn Mendes

10(-)Prequelle/Ghost

 

カニエでさえも「グレイテスト・ショーマン」は抜けず。イギリス、どうしちゃったんだろうな。

 

4位初登場はベン・ハワード。聞いてみましょう。

 

 

 

ここ最近のイギリスのシンガーソングライター、だいぶ甘口になってる印象があったんですけど、このベンはちゃんと踏みとどまってる感じがして好感が持てますね。なんか、トラヴィスとか、あのあたりが流行ったところから精度を下げてない感じがするのがいいです。

 

8位はザ・フーのヴォーカリスト、ロジャー・ダルトリーのソロ。そして10位にはスウェーデンのコスチューム・メタルバンドのゴーストが入ってきました。これも聞いてみましょう。

 

 

 

いや〜、このゴースト、僕、好きなんですよ〜。

 

この風貌で、曲がデスメタルとかニュー・メタルだったら間違い無く聞いてなかったんですが、なんかモコモコした、70sのブルー・オイスター・カルトとか、ソロになりたてのオジー・オズボーンとかの雰囲気があって、純粋に「悪魔ロックのルーツ」を追いかけてる通な感じがなんかすごくツボなんですよね。

 

そんなわけで今回も結構聴きやすいアルバムでして、なんか70sのボストンとかスティクスとか、物によってはミートローフあたりも思い出しますね。メタルというよりはシアトリカル・ロックの方に近い感じですね。それでいて「教皇が死んだ」「次の枢機卿は」とか、「勝手にしてくれ(笑)」な世界を徹底的してコテコテに突き詰めてるのが良いです。

 

このアルバム、本国スウェーデンで1位、ドイツで2位、オーストラリア7位と、かなり世界的な存在になってきていますね。

 

ちなみに彼らのこの一つ前のアルバム、「非英語圏の101枚の重要なロック・アルバム」にも入れてますよ。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 18:30
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

遅くなりましたが、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(2)Nice For What/Drake

3(4)2002/Anne Marie

4(3)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

5(6)I'll Be There/Jess Glynne

6(8)Paradise/George Ezra

7(5)Answerphome/Ranx&Banx feat Ella Eyre

8(7)Flames/David Guetta feat Sia

9(10)Better Now/Post Malone

10(12)Solo/Clean Bandits feat Demi Lovato

 

キャルヴィン・ハリス、もう8週も1位です。最近、Spotifyの影響などもあって、各国のチャートが均一化してますが、アメリカ並みに動かなくなってきましたね。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman/Soundtrack

2(-)Wildness/Snow Patrol

3(-)Shawn Mendes/Shawn Mendes

4(-)MTV Unplugged Live At Roundhouse/Biffy Clyro

5(5)Staying At Tamara's/George Ezra

6(3)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

7(-)Love Is Dead/CHVRCHES

8(6)÷/Ed Sheeran

9(4)Tranquility Base Hotel$Casino/Arctic Monkeys

10(10)Speak Your Mind/Anne Marie

 

1位は「グレーテスト・ショーマン」だったのですが、2位との差はわずか900枚だったそうです。

 

その2位はスノー・パトロール。聞いてみましょう。

 

 

 

地味ながら、ずっとコンスタントに売れ続けますね、この人たち。極端なセルアウトなしに、自分たちのできることを地道にやり続けてるとこは僕も評価します。今みたいな売れるものがすごく限定される時代だからこそ、こういう姿勢はいいと思います。

 

3位初登場はショーン・メンデス。彼はアメリカで語りましょう。

 

4位はビッフィ・クライロのMTVライヴ。

 

 

そして7位でCHVRCHESが入ってきました。聞いてみましょう。

 

 

この曲なんですが

 

もう、大嫌いです!!

 

・・ちょっとねえ、これ、どうしちゃったんでしょうねえ。あの、傑作セカンド・アルバムを作った同じバンドの曲とは思えないですよ。

 

 イントロ・インの時点ですごく嫌な予感がよぎったんですけど、前半静かで「オーオオー」コーラスで徐々に大きくなってヴォーカル加工が入って、サビ前で声だけになって、そのブレイク後から盛り上がる。最近の曲のお約束の寄せ集めじゃないですか。そこいらのアイドルならともかく、CHVRCHES にこんなものは求めませんね。

 

 なんか、ある時期から、こういう「絵に描いたようなセルアウト」の曲って、インディが発達して以降、耳にしなくなってたんですけど、メジャー所属のアーティストのレーベルからの締め付けがきつくなったっていうことなのかなあ。だとしたら最悪ですけどね。

 

 普段、強気な物言いで人気のローレン・メイベリーですけど、これは本人がどう開き直って弁護しようと説得力ないですね。アルバムはここまでの曲はこれだけなんですけど、全体的にポップさに骨がない曲が目立ってますねえ。正直、ものすごく期待の高かったリリースだけに落胆が大きかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 14:52
comments(2), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

遅くなりましたが、全英チャート。

 

 

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(2)Nice For What/Drake

3(3)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

4(5)2002/Anne Marie

5(7)Answerphome/Ranx&Banx feat Ella Eyre

6(13)I'll Be There/Jess Glynne

7(9)Flames/David Guetta feat Sia

8(8)Paradise/George Ezra

9(6)This Is America/Childish Gambino

10(11)Better Now/Post Malone

 

動きが膠着してますが、ジェス・グリンのニュー・シングルが入ってきました。これ、いい曲だと思います。「歌は上手いと思うけど、興味は・・」みたいな人だったんですけど、これはいいと思います。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(2)The Greatest Showman/Soundtrack

2(-)Electric Light/James Bay

3(3)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

4(1)Tranquility Base Hotel$Casino/Arctic Monkeys

5(5)Staying At Tamara's/George Ezra

6(6)÷/Ed Sheeran

7(-)And Justice For None/Five Finger Death Punch

8(-)Love Yourself Tear/BTS

9(-)Tell Me How You Really Feel/Courtney Barnett

10(7)Speak Your Mind/Anne Marie

 

「グレーテスト・ショーマン」が相変わらずの1位です。

 

初登場で2位はジェイムス・ベイ。聞いてみましょう。

 

 

風貌もガラリと変わったかと思ったら、サウンドもですね。元々、期待自体は高くなかったんですけど、今のメジャー・レーベルの悪い意味での型にはめた、アンビエント系のオーヴァー・プロデュースですね

 

 

7位はファイヴ・フィンガー・デス・パンチ。8位は韓国のボーイバンド、BTS。この辺りは全米で語りましょう。9位初登場のコートニー・バーネット、聞きましょう。

 

 

 

 

今の世の中、頑固にロックンロールするのは女の子。なんか、そんな感じですごくカッコいいんだよなあ。周りがどうあれ、好きなものを突き進める感じが素敵です。

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 18:50
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

カンヌの結果をどうしても先に入れたかったので、ちょっと不自然な更新になりますが、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(2)Nice For What/Drake

3(3)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

4(4)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

5(5)Feel It Still/Portugal The Man

6(14)This Is America/Childish Gambino

7(8)Answerphome/Ranx&Banx feat Ella Eyre

8(7)Paradise/George Ezra

9(11)Flames/David Guetta feat Sia

10(21)In My Blood/Shawn Mendes

 

今週はトップ10に、こちらでも「This Is America」、そしてデヴィッド・ゲッタとシーアの「タイテイニアム」のコンビの久々のコラボですね、「Flames」、そしてショーン・メンデスのニュー・シングルが入ってきました。ゲッタとシーアのは、なかなかいいんじゃないですか。あんまり期待してなかったんですけど、キャルヴィン・ハリスとドゥア・リパよりは断然好きです。しかし、このカンフー映画はいったい何なんでしょう?

 

4位にはチャーリー・プースのセカンド・アルバム、10位には大ベテラン、ルーツ・ミュージックの大家、ライ・クーダーの新作が入ってきています。ライ・クーダーのトップ10、初めてなんじゃないかな。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Tranquility Base Hotel$Casino/Arctic Monkeys

2(1)The Greatest Showman/Soundtrack

3(2)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

4(-)Voicenotes/Charlie Puth

5(4)Staying At Tamara's/George Ezra

6(6)÷/Ed Sheeran

7(7)Speak Your Mind/Anne Marie

8(10)Dua Lipa/Dua Lipa

9(11)Invasion Of Privacy/Cardi B

10(-)The Prodigal Son/Ry Cooder

 

アークティック・モンキーズの問題作「Tranquility Base Hotel&Casino」が初登場で余裕の1位です。聞いてみましょう。

 

 

 

僕のこないだのこのアルバムに関しての記事はかなりツイートされていたりもするんですが、僕は本当にこのアルバムが大好きでして、とりわけこの曲に至っては歴代の彼らの曲の中でもトップクラスに好きですね。このアルバム、少なくとも僕にとってそういう曲が4曲はあります。確かに変わったし、ギター・ドリヴンなアルバムではないけれど、楽曲クオリティの高さだとか、試みようとしたリスクとか、そうしたものは絶対に評価されるべきだと思います。無難なことやって、そこそこいいみたいなアルバムにはない充実感はありますからね。

 

このアルバム、イギリスだけでなく、オーストラリア、ベルギー、オランダで1位、ノルウェー、アイルランドで2位、イタリアで3位、ドイツで4位、スウェーデンで8位と、ヨーロッパ全般で大ヒットしています。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 15:00
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

遅くなってしまいましたが、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)One Kiss/Calvin Harris&Dua Lipa

2(3)Nice For What/Drake

3(2)No Tears Left To Cry/Ariana Grande

4(4)Freaky Friday/Lil Dickie feat Chris Brown

5(5)Feel It Still/Portugal The Man

6(8)Answerphome/Ranx&Banx feat Ella Eyre

7(7)Paradise/George Ezra

8(10)Lullabye/Sigala feat Paloma Faith

9(6)Psycho/Post Malone feat Ty Dolla Sign

10(9)Better Now/Post Malone

 

トップ10に入れ替えはありませんでしたね。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(2)The Greatest Showman/Soundtrack

2(1)Beerbongs&Bentleys/Post Malone

3(-)Be More Kind/Frank Turner

4(5)Staying At Tamara's/George Ezra

5(-)Heaven Before All Hell Breaks Loose/Plan B

6(6)÷/Ed Sheeran

7(3)Speak Your Mind/Anne Marie

8(-)Attention Attention/Shinedown

9(-)Singularity/Jon Hopkins

10(9)Dua Lipa/Dua Lipa

 

また、あのアルバムが1位です。本当にイギリス人のミュージカル好きはすごいものです。

 

 

3位にはフランク・ターナーのアルバムが初登場。聞いてみましょう。

 

 

英語の発音こそイギリスっぽいんですけど、サウンドの感じはアメリカのメジャーっぽい感じですね。正直、あんまり好きなサウンドの作りじゃないんですけど、インターナショナルにヒット狙えるんじゃないですか、これ。アルバム聞きましたけど、曲によっては悪くないですからね。

 

5位初登場は、ようやく復活しましたね。bウリティッシュ・ラッパーのプランB。

 

8位は、「アメリカでしか売れてない」印象があったアメリカのニュー・メタル・バンドのシャインダウン。

 

そして9位はアンビエント系のエレクトロ・アーティスト、ジョン・ホプキンスが入ってきました。聞いてみましょう。

 

 

この人は何ヶ月か前からBBCがパワー・プッシュ状態だったので気にして聞いていましたけど、いいですね。すごくスケール感のある雄大なアンビエントと、絶妙な合間で入るグリッチのリズムのグルーヴ感。この系の作品がイギリスでもアルバムのトップ10入るのって珍しいんですけど、そういう異例のことを達成できるだけのポップさと刺激が両方あって僕もすごく好きですね。

 

やっぱり僕はEDMよりはこういうのが好きです。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 13:56
comments(0), trackbacks(0), - -