RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

SINGLES

1(2)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

2(1)Funky Friday/Dave feat Fredo

3(3)Happier/Marshmello feat Bastille

4(6)Shallow/Lady Gaga feat Bradley Cooper

5(-)Woman Like Me/Little Mix feat Nicki Minaj

6(5)Let You love Me/Rita Ora

7(4)I Love It/Kanye West feat Lil Pump

8(7)In My Mind/Dynoro feat Gigi Dágostino

9(8)Electricity/Slick City feat Dua Lipa

10(9)All I Am/Jesse Glynne

 

 

 

ALBUMS

1(-)Always In Between/Jess Glynne

2(1)A Star Is Born/Soundtrack

3(4)The Greatest Showman/Soundtrack

4(3)Blood Red Roses/Rod Stewart

5(5)Kamikaze/Eminem

6(7)Staying At Tamaras/George Ezra

7(-)Piano Odyssey/Rick Wakeman

8(2)Trench/twenty one pilots

9(8)Dancing Queen/Cher

10(9)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 13:02
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

では、全英チャート。

 

 

SINGLES

1(-)Funky Friday/Dave feat Fredo

2(1)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

3(2)Happier/Marshmello feat Bastille

4(3)I Love It/Kanye West feat Lil Pump

5(6)Let You love Me/Rita Ora

6(13)Shallow/Lady Gaga feat Bradley Cooper

7(5)In My Mind/Dynoro feat Gigi Dágostino

8(4)Electricity/Slick City feat Dua Lipa

9(7)All I Am/Jesse Glynne

10(9)Lost Without You/Freya Ridings

 

 

1位初搭乗はデイヴ。このデイヴはUKラッパーの、これからかなり大物になるんじゃないかと、今年の前半くらいから言われてた人です。僕も、彼はちょっと楽しみなんですよね。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)A Star Is Born/Soundtrack

2(-)Trench/twenty one pilots

3(1)Blood Red Roses/Rod Stewart

4(3)The Greatest Showman/Soundtrack

5(4)Kamikaze/Eminem

6(-)Vi/You Me At Six

7(6)Staying At Tamaras/George Ezra

8(2)Dancing Queen/Cher

9(7)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

10(9)Sweetner/Ariana Grande

 

映画「スター誕生」のサントラが初登場1位です。

 

もしかしたら、この映画見るの、来週にズレこむかもしれません。1976年版は見たので準備はできてるんですけどね。

 

2位初登場はトウェンティワン・パイロッツ。聞いてみましょう。

 

 

まだアルバム全部聞けてはないんですけど、前作で見せたものよりは実力はありそうですね、この人たち。先行で聞いたシングルの印象はいいです。

 

6位初登場はイギリスのラウド系のバンドですね。ユー・ミー・アット・シックスが入ってきてます。

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 13:57
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

2(4)Happier/Marshmello feat Bastille

3(3)I Love It/Kanye West feat Lil Pump

4(7)Electricity/Slick City feat Dua Lipa

5(8)In My Mind/Dynoro feat Gigi Dágostino

6(14)Let You love Me/Rita Ora

7(9)All I Am/Jesse Glynne

8(2)Eastside/Benny Blanco feat Halsey&Khalid

9(20)Lost Without You/Freya Ridings

10(16)Shotgun/George Ezra

 

キャルヴィン・ハリスの1位は続きます。

 

6位に入ってきたのはリタ・オラのニュー・シングル。

 

9位のフレヤ・ライディングはストレートなピアノだけのバラードですね。まだどういう人なのか、よくわかっていないんですが。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(-)Blood Red Roses/Rod Stewart

2(-)Dancing Queen/Cher

3(3)The Greatest Showman/Soundtrack

4(1)Kamikaze/Eminem

5(-)The Carter V/Lil Wayne

6(11)Staying At Tamaras/George Ezra

7(8)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

8(-)Gold/Chas&Dave

9(9)Sweetner/Ariana Grande

10(-)It's About Time/Nile Rodgers&Chic

 

今週、1、2フィニッシュが両方とも70歳を超えてますね。

 

 

1位はロッド・スチュワート。聞いてみましょう。

 

 

 

最近はライブも限られた時間しかやってないようですが、声はしっかり出てるし、カバーじゃなく新曲なとこに好感は持てますね。

 

2位のシェールも聞いてみましょう。

 

 

シェールのABBA企画というのは、すごく合いますよね。どちらもLGBT的に伝統的にかなり人気だし、もっと早くやってもよかったような気もしますが、やはりウケますね。

 

5位はリル・ウェインのカーター・シリーズの第5弾。

 

 

8位はイギリスで人気ありますね。ベテラン・デュオ、チャス&デイヴのアルバム。10位は、これ何度目の再結成なんだろう、ナイル・ロジャースのシックの新作。今週はやけに平均年齢の高いトップ10ですね。

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 14:04
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

SINGLES

1(1)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

2(2)Eastside/Benny Blanco feat Halsey&Khalid

3(3)I Love It/Kanye West feat Lil Pump

4(5)Happier/Marshmello feat Bastille

5(4)Body/Loud Luxury feat Brand

6(6)Taste/Tyga feat Offset

7(10)Electricity/Slick City feat Dua Lipa

8(8)In My Mind/Dynoro feat Gigi Dágostino

9(11)All I Am/Jesse Glynne

10(-)Falling Dowm/Lil Peep feat XXX Tentacion

 

大きく動きはありません。

 

ただ、9位にはジェス・グリンのニュー・シングル。10位はともに他界したエモ・ラップの人気者、リル・ピープとエクスエクスエクステンタシオンの、これは共演だったのか、マッシュアップだったのか、確認してませんが、入ってきています。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)Kamikaze/Eminem

2(3)The Greatest Showman/Soundtrack

3(-)Chris/Christine&The Queens

4(-)Living The Dream/Slash feat Myles Kennedy

5(-)The Blue Hour/Suede

6(-)Bridges/Josg Groban

7(-)Redemption/Joe Bonamassa

8(4)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

9(5)Sweetner/Ariana Grande

10(2)True Meaning/Paul Weller

 

エミネムが引き続いて1位です。

 

3位初登場は、僕も本当に大好きです。フランスのクリスティーン&ザ・クイーンズ。聞いてみましょう。

 

 

 

前作もイギリスで2位まで上がってるんですが、前作はすごくフレンチなエレガンスで売ってたイメージがあったんですが、今回はコンセプトをガラリと変えてタフな女性像で、すごくユニセクシャルなイメージで、LGBT支持層もかなり刺激する感じでアピールしてますね。また、今回のアルバム、英語ヴァージョンとフランス語ヴァージョンの二つを同時にリリースする凝りよう。曲も確実に進化してるし、本当に才女ですよ。大好きです。

 

4位はガンズ&ローゼズのスラッシュのソロですね。今回はとうとうマイルス・ケネディを正式にフィーチャリング扱いでアーティスト名にしてしまいましたね。

 

 

5位はスエードのニュー・アルバム。6位はセミ・クラシックのジョッシュ・グローバン。7位にはブルースロック・ギタリストのジョー・ボナマッサが入ってきています。スエード聞きましょうか。

 

 

 

らしいといえばらしいのですが、今回のアルバム、どの曲もサビからがエラくゴージャスなアレンジの作風になってますね。そういう気分だったのだとは思いますが、ちょっと大仰すぎるかなあ、という印象も受けました。

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 11:54
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

では、全英チャート、いきましょう。

 

SINGLES

1(1)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

2(2)Eastside/Benny Blanco feat Halsey&Khalid

3(3)I Love It/Kanye West feat Lil Pump

4(4)Body/Loud Luxury feat Brand

5(6)Happier/Marshmello feat Bastille

6(5)Taste/Tyga feat Offset

7(9)Lucky You/Eminem feat Joynor Lucas

8(14)In My Mind/Dynoro feat Gigi Dágostino

9(7)Girls Like You /Maroon 5 feat Cardi B

10(15)Electricity/Slick City feat Dua Lipa

 

 

上位、ほとんど動きないですね。

 

8位のディノロというのは、リトアニアのプロデューサーらしいですね。

 

10位にはドゥア・リパをフィーチャーしたシルク・シティのシングルが入ってきました。すごく真っ当なハウスって感じで、割とよくできた曲だと思います。

 

 

では、アルバムにいきましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)Kamikaze/Eminem

2(-)True Meaning/Paul Weller

3(2)The Greatest Showman/Soundtrack

4(4)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

5(5)Sweetner/Ariana Grande

6(6)Staying At Tamara's/George Ezra

7(7)Scorpion/Drake

8(-)My Mind Makes Noises/Pale Waves

9(-)7/David Guetta

10(-)For Ever/Jungle

 

エミネムは依然1位ですが、2位にポール・ウェラーが入ってきました。聞いてみましょう。

 

 

 

前作はソウルっぽい作風でしたが、今回は一貫してアコースティックでしたね。この人も本当に曲が早く書けるというか、ほぼ毎年新作出してますよね。今年で還暦なのに、すごいなあ。

 

8位初登場はペイル・ウェイヴス。聞いてみましょう。

 

 

 

The 1975の妹分ですね。いいんですけど、あまりにも本家の影がちらつくのが気になるんですよね。あと、アルバムで聴くと、すごく曲が多くて長いんですけど、そこもまんま本家です(笑)。ただ、The 1975自体がやっぱすごく曲が良質なので、楽しんでは聴けるんですよね。あとは、その影響下からいかに少しずつはみ出していくかでしょうね。本人たちに華はある分、期待してしまいます。

 

 

9位にはデヴィッド・ゲッタ、10位にはジャングルのアルバムが初登場しています。

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 20:29
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

気がつけば、1日あとはエミーです。その前に全英チャート。

 

SINGLES

1(1)Promises/Calvin Harris feat Sam Smith

2(2)Eastside/Benny Blanco feat Halsey&Khalid

3(-)I Love It/Kanye West feat Lil Pump

4(5)Body/Loud Luxury feat Brand

5(8)Taste/Tyga feat Offset

6(-)Happier/Marshmello feat Bastille

7(10)Girls Like You /Maroon 5 feat Cardi B

8(9)Fall/Eminem

9(6)Lucky You/Eminem feat Joynor Lucas

10(4)The Ringer/Eminem

 

1、2位は変わりませんが、3位にカニエとリル・パンプのコラボが入ってきましたね。曲そのものよりもミュージック・ヴィデオは、これ、なんだこりゃ(笑)。こっちの方が気になります。

 

 

6位にはバスティールをフィーチャリングしたマーシュメロウが入ってきています。バスティールの人は何歌ってもあのブリティッシュ・アクセントなんですね。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)Kamikaze/Eminem

2(3)The Greatest Showman/Soundtrack

3(-)Egypt Station/Paul McCartney

4(3)Mamma Mia  Here We Go Again/Soundtrack

5(4)Sweetner/Ariana Grande

6(7)Staying At Tamara's/George Ezra

7(8)Scorpion/Drake

8(-)Gold/T Rex

9(11)Let's Go Sunshine/Ed Sheeram

10(-)In The Blue Light/Pail Simon

 

 

1位はエミネム変わらずですが、3位にポール・マッカートニーの新作、きました。聞いてみましょう。

 

 

 

好きなんですよねえ、この曲。1969年からウイングスの初期にかけてのポールの雰囲気が出てて。声はだいぶ年取りましたけど、最近のライブのままといえばそうです。

 

このアルバムもポール、非常に元気かつ感覚さえてます。もう76っていうのにすごいなあ。

 

このアルバムですが、現時点でイギリス3位をはじめ、ドイツ1位、イタリア5位、スウェーデン4位、オーストラリア4位と、70代後半のアーティストのオリジナル最新作がどこの国でも軒並みトップ5に入るというのはすごいことです。

 

 

8位にはTレックスの最新ベスト盤。10位にはポール・サイモンのセルフ・カバー集が入ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:07
comments(0), trackbacks(0), - -