RSS | ATOM | SEARCH
最新全英チャート

どうも。

 

本当はこの時間、「ブラック・パンサー」を観に行く予定だったんですが、ちょっと腹痛を起こしてしまい延期しました。明日の晩になるかな。

 

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)God's Plan/Drake

2(2)These Days/Rudimental feat Jese Glynne&Macklemore

3(6)This Is Me/From The Greatest Showman

4(4)IDGAF/Dua Lipa

5(3)Barking/Ramz

6(9)Feel It Still/Portugal The Man

7(5)River/Eminem feat Ed Sheeran

8(18)For You/Liam Payne&Rita Ora

9(7)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

10(11)Breathe/Jax Jonas feat Ina Wroldsen

ドレイクが今週も1位です。

 

8位に入ってきたのは、これ、「フィフィティ・シェイズ・フリード」の中の曲ですね。組み合わせ的にリアム・ペインとリタ・オラってすごくイギリスの「ザ芸能界!」な感じがしますけどね。

 

10位にはジャックス・ジョナスのニュー・シングル。これが彼にとって2局目のトップ10ヒットになります。

 

 

では圏外見てみましょう。38位初登場のこの曲で。

 

 

 

ジェイムス・ベイのニュー・シングルですね。髪切ってイメージ変わりましたけど、サウンドもガラッと変わってます。フォーキーな感じからエレクトロの要素を加えて。う〜ん、どうなんでしょうね。「今、そっち方面のアレンジ」っていうのも、もうちょっと遅いような気もするんですけどね。曲そのものが元々そんなに面白くないタイプなので、変に器用にこういう音やっちゃうと、普通のポップになっちゃうかなと思うんですけどね。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman

2(3)÷/Ed Sheeran

3(-)Beautiful People Will Ruin Your Life/The Wombats

4(-)Diamond In The Dirt/Mist

5(-)Tables Turn/Fredo

6(-)Always Ascending/Franz Ferdinand

7(6)Revival/Eminem

8(2)Man Of The Woods/Justin Timberlake

9(7)Dua Kipa/Dua Lipa

10(9)Beautiful Trauma/P!NK

 

 

3位に初登場はウォンバッツのアルバム。4位、5位はともにUKヒップホップのラッパーですね。ミストとフレド。この2人は知らなかったですね。週明けにでも聴こうかな。6くらいにフランツ・フェルディナンドの新作が入りました。

 

ではウォンバッツ、聞いてみましょう。

 

 

 

 

いや〜、それにしてもウォンバッツがフランツに初登場で勝つ瞬間がくるなんてことは、10数年前には想像だにしなかったですね。方や駆け出しのフォロワー的なバンドで、かたや大スターでしたからね。ウォンバッツってこの曲でもそうなんだけど、「何の変哲も無い」タイプではあるんだけど、しっかりメロディが頭に残る曲を確実に書けるので得してますよね。トゥ・ドア・シネマ・クラブとかもそのタイプだけど、これがブレないのがいいですね。

 

 

 一方のフランツは・・、気づいている人いらっしゃるかもしれませんが、僕は今回、プレイリストに曲を入れてません。う〜ん、なんか曲に冴えがないんだもん。今、中途半端にエレクトロに手を出すのも、「それを2009年のアルバムの時にやるべきだったのでは?」と思うものだし、今はむしろ、取り入れたエレクトロを外しにかかるくらいが本来あって欲しかった姿勢ですけどね。

 

 あと、ニックのカッティング・ギター、あのキレが脱退によって失われたのは本当に痛い。これはちょっと悲しかったですね。

 

 一方、こっちは割に好きな、27位初登場のこの人たちも聞いてみましょう。

 

 

MGMTのアルバム「Little Dark Age」から「Me And Michael」です。

 

 

今回、MGMT、また、彼ら本来のキレのいいポップ路線に戻りましたね!いいと思います。前2作での、なんかアート系の学生が自分が売れたことになんか妙に斜に構えてひねくれたみたいな作品を2つも出した時は正直「幼いね」くらいのことを思ってしまったんですけど、ようやく平静さを取り戻したか、彼らにしか書けないグッド・メロディを書き始めたなと思います。これなんて、いい時のペットショップ・ボーイズみたいだけど、こういうのがスラスラッと書けちゃうところに才能感じます。後の曲も、箱庭的なサイケデリアの中で光る曲が多いです。

 

 

こういうアルバムがセカンドだったらなあ〜、と人気が落ちてしまった今、改めて思うんですけど、これで持ち直したし、まだ若いし、これから挽回して欲しいですけどね。

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 19:40
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

この後、映画見に行くので、手短に行きます。全英チャート。

 

 

SINGLES

1(1)God's Plan/Drake

2(11)These Days/Rudimental feat Jese Glynne&Macklemore

3(2)Barking/Ramz

4(4)IDGAF/Dua Lipa

5(3)River/Eminem feat Ed Sheeran

6(8)This Is Me/From The Greatest Showman

7(9)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

8(6)Tip Toe/Jason Derulo feat French Montana

9(13)Feel It Still/Portugal The Man

10(14)Never Be The Same/Camila Cabello

 

2位にルディメンタルのニュー・シングルが入ってきました。

 

9位にポーチュガル・ザ・マン。イギリスでもヒットになりましたね。カミーラは次の曲もトップ10になりましたね。

 

では、圏外に行きましょう。15位初登場のこの曲で。

 

 

いよいよ来週公開されます、「ブラック・パンサー」の注目曲ですね。ウィーケンドとケンドリックの共演です。

 

もうサントラは昨日出てますけど、すっごくいいですよ!今のR&B/ヒップホップの最もイキのいいとこが集まった出来です。続々シングルにならないか、今から楽しみです。

 

そして映画の方も楽しみです。もう、来週の金曜か土曜に行くべく、準備してます。

 

この曲が、今の僕のスポティファイのプレイリスト「今聴くべき40曲」の最新更新版の1曲目です。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman

2(-)Man Of The Woods/Justin Timberlake

3(3)÷/Ed Sheeran

4(-)Walk Between Worlds/Simple Minds

5(-)Technology/Don Broco

6(5)Revival/Eminem

7(6)he Thrill Of It All/Sam Smith

8(8)Dua Kipa/Dua Lipa

9(11)Beautiful Trauma/P!NK

10(9)Camila/Camila Cabello

 

ジャスティン、酷評レヴューがたたったか、1位取れませんでした。これに関しては全米でゆっくり。

 

4位はシンプル・マインズの新作。5位はイギリスのラウド系のドン・ブロコ。聞いてみましょう。

 

 

 

 

最近のEDMとかR&Bのはやりにラウドロックの側から真正面に向かい合った面白いアルバムでしたね。まだ、ラウドの部分があんまり面白くないとこがあるので完璧ではなかったんですけど、これ、次のアルバムでもう一回練り込むとさらに良くなる気がしました。おもしろい着眼点持ったバンドなので注目したいかなと思ってます。

 

 

今週は18位初登場のこのバンドも聞いてみましょう。

 

 

今年は年明けから、シェイム、ドリーム・ワイフとUKロックの新人バンドの絶賛レヴューが続いてますが、このフックウォームスもそうです。ただ、あんまりチャートの順位に還元されないんですけど、これが一番マニアックなのに一番高い順位という不思議な結果ですね。

 

このバンドは、70sのスーサイドとか、初期のエレクトロ・パンクが出てき始めのエッジを保ったまま今に進化したみたいな趣があり面白かったですね。ライブを早く見てみたいです。このバンド、僕のプレイリストで今3曲めに入ってます。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 11:56
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

今週末は2本映画が見れました。これは来週、反映されることになります。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

SINGLES

1(1)God's Plan/Drake

2(2)Barking/Ramz

3(3)River/Eminem feat Ed Sheeran

4(4)IDGAF/Dua Lipa

5(10)I Know You /Craig David featuring Bastille

6(5)Tip Toe/Jason Derulo feat French Montana

7(9)Breathe/Jax Jones feat Ina Wroldsen

8(8)This Is Me/From The Greatest Showman

9(6)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

10(14)Strangers/Sigrid

 

先週に続いてドレイクが1位です。

 

 

そして期待のシグリッドがトップ10入りです。これでアメリカでも売り出すことになるんじゃないかな。アルバム・タイミングも楽しみです。このトップ10入りを記念して、僕のSpotifyのリスト、今週末はこれが1曲めです。

 

では圏外に行きましょう。22位上昇中のこの曲で。

 

 

このメイベルという女の子は。ネネ・チェリーの娘さんです。「バッファロー・スタンス」とか「7セカンズ」とかのヒットでおなじみの。注目自体は2016年くらいからされていて、その時はさすがにまだ力不足かなというのが正直感じられたんですけど、去年1年でアルバム出すまで行かなかった作戦が成功して、随分良くなってきましたね。今年結構楽しみになってきました。

 

 

ではアルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman

2(-)The Time Is Now/Craig David

3(4)÷/Ed Sheeran

4(-)Culture II/Migos

5(5)Revival/Eminem

6(7)The Thrill Of It All/Sam Smith

7(-)Black Coffe/Bet Hart&Joe Bonamassa

8(9)Dua Kipa/Dua Lipa

9(6)Camila/Camila Cabello

10(3)Ruins/First Aid Kit

 

 

クレイグ・デイヴィッドも1位を取れずに終わりました。「グレイテスト・ショーマン」のサントラが1位です。

 

映画、酷評したんですけど(苦笑)、本当にこれこそが今時の洋楽の典型的ポップ・サウンドの味付けですね。

 

4位にミーゴスが入ってきました。彼らはアメリカのとこで紹介しますけど、このアルバム、イギリスでのこの順位を始め。ヨーロッパで軒並みトップ20に入り始めてきました。

 

 そして7位、これを聞いてみましょう。

 

 

ブルースロック・ギタリストのジョー・ボナマッサは今、世界のクラシック・ロック・マーケットでの売れっ子ですね。アメリカ人で地元でも強いんですが、今。ヨーロッパ市場で非常に強くなっています。

 

このアルバムもイギリスで7位、ドイツで4位、スウェーデンで27位、イタリアで44位と売れています。

 

 

 では、こっちも圏外見てみましょう。23位のこのバンドで。

 

 

 

マーモゼッツのセカンド・アルバムです。これ、僕、今回のアルバム気に入っててよく聞いてるし、ラウド・ロック系のメディアで絶賛出し、加えて硬派の新聞のガーディアンまでが4つ星出してるんですけど、ファーストの時のファンから不満が上がっているようですね。まあ、多分、そっちに戻らない方が良いということでしょう。「ヤーヤーヤーズがメタルやったみたいだな」という印象でより可能性を広げて違うファンがつき始める感じになるんじゃないかな。

 

 

 あと、今数は60位に、今週はこのマーモゼッツと交代で聞いていた女の子バンドのドリーム・ワイフ、73位にジャック・ホワイト以来のアメリカの天才ガレージ野郎タイ・セガール、82位にテキサスの謎のサイケデリック・インストバンドのクルアンビンなど、今週話題性の高かった楽しみなロックの新作が入ってきてましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 13:39
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

気がついたら、もう、こっちの時間の今日、グラミー賞なんですよね。

 

もちろん速報しますので、お楽しみに。

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(-)God's Plan/Drake

2(2)Barking/Ramz

3(1)River/Eminem feat Ed Sheeran

4(14)IDGAF/Dua Lipa

5(8)Tip Toe/Jason Derulo feat French Montana

6(5)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

7(3)Perfect/Ed Sheeran

8(13)This Is Me/From The Greatest Showman

9(12)Breathe/Jax Jones feat Ina Wroldsen

10(10)I Know You /Craig David featuring Bastille

 

 

1位初登場はドレイク。これ、先週、いつものように突然解禁されて世に出ましたね。これは僕のやってるプレイリストにも早速入れてますよ。

 

曲は彼の2013年の「Nothing Was The Same」に入ってそうなタイプの曲ではあるんですが、それでもいい曲だと思います。

 

そして4位は、アメリカで「New Rules」がやっとこさでトップ10入りしたドゥア・リパのニュー・シングル。MVの美的感覚で売る人になってる感じがしますね。

 

 

では今日は圏外も見てみましょう。14位に上がってきてるこの曲で。

 

 

今年、かなり期待の高い北欧の女性アーティストですね。シグリッド。これは1/19、BBCのレイトナイト・トークショウ「グレアム・ノートン」に出演してパフォーマンスしたところ、すごく反響が大きく、それでチャートが一気に上がったんですって。こう言う話、いいですよね。ちゃんとした生のパフォーマンスで、アピールして上がるというのは本物ですよ。

 

この曲は僕もお気に入りの曲で、プレイリスト始めた時からずっと入ってますね。

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman

2(-)MANIA/Fall Out Boy

3(-)Ruins/First Aid Kit

4(3)÷/Ed Sheeran

5(4)Revival/Eminem

6(2)Camila/Camila Cabello

7(5)The Thrill Of It All/Sam Smith

8(6)Human/Rag N Bone Man

9(10)Dua Kipa/Dua Lipa

10(8)Beautiful Trauma/P!NK

 

「グレーテスト・ショウマン」が引き続いて強いですね。

 

初登場で2位はフォールアウト・ボーイ。全米の時に語りましょう。

 

3位初登場はスウェーデンの女の子フォーク2人組のファースト・エイド・キット。聞いてみましょう。

 

 

70年代後半のテレビ・シリーズみたいで可愛いですね(笑)。

 

彼女たちはこれが初の全英トップ10。3位は上出来だと思います。あと本国スウェーデンでは3枚目の1位。オーストラリアで13位など、なかなか上々の成績です。

 

 このアルバム、この曲がまだかなりポップな方で、あとは、今やアメリカでもやらなくなったような、すごく古いタイプのカントリーを真正面からやってますね。それを人は「アメリカーナ」とも呼ぶんですけど。ちょっと生真面目すぎる印象も持ったんですけど、まあ、テイラー・スウィフトがこの路線に戻りそうにないことを考えると、これはこれですごく貴重なものでもあるなとは思いましたね。

 

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:21
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

今日は、僕の今やってるSpotifyのプレイリストの効果的な説明ができる週です。全英チャート。

 

 

SINGLES

1(2)River/Eminem feat Ed Sheeran

2(4)Barking/Ramz

3(1)Perfect/Ed Sheeran

4(5)I Miss You/Clean Bandits feat Julia Michaels

5(7)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

6(3)Anywhere/Rita Ora

7(29)Never Be The Same/Camila Cabello

8(12)Tip Toe/Jason Derulo feat French Montana

9(6)Let You Know/NF

10(10)I Know You /Craig David featuring Bastille

 

 

エド・シーランの曲を、エミネムがエドをフィーチャーした曲で抜きましたね。

 

トップ10入りはカミーラ・カベーロのアルバムからの直前の先行シングルになった曲です。ここであちょっと置いといて、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(1)The Greatest Showman

2(-)Camila/Camila Cabello

3(2)÷/Ed Sheeran

4(5)Revival?Eminemu

5(3)The Thrill Of It All/Sam Smith

6(4)Human/Rag N Bone Man

7(8)Reputation/Taylor Swift

8(7)Beautiful Trauma/P!NK

9(10)Glory Days/Little Mix

10(20)Dua Kipa/Dua Lipa

 

 

カミーラのアルバム、ここで2位初登場です。では、先ほどの曲、聴いてみましょう。

 

 

 

 アルバム、この曲を除けば、すごくいいアルバムなんですよね(苦笑)。いや、すごく評価していて、去年のケシャやらデミ・ロバートよりは格段にいいアルバムだし、アイドルのアルバムとしてはかなり秀逸です。ただ、アルバムが全編、大ヒットした「ハヴァナ」を基調としたラテン・コンテンポラリーで統一されてるのに、アルバムの冒頭を飾るこの曲だけが、割とありきたりなエレクトロ・アレンジなんですよねえ。歌詞は人生を振り返っていて思い入れはあるんだとは思うんですけど、なんか聴いててこれだけが浮いてるんですよねえ。

 

 そういうこともあり、彼女の曲、僕のSpotifyの現在なら頭から数えて3曲めに置いてあるんですけど、違う曲を入れています。

 

 

 ただ、カミーラ、ラテン・フレーバーの活かした個性は他のアイドルと一線を画した確かなキャラを確立しているし、後、The 1975の熱烈なるファンなんですって!これは是非マット・ヒーリーにも前向きにプロデュースを検討していただきたいものです。

 

 

 そして、僕のSpotifyの最新曲プレイリスト「Songs You Should Listen To By Now 」で冒頭を飾っているバンドが初登場32位で入っています。Shameです。聴いてみましょう。

 

 

 

 

この曲なんかは、初期のオアシスのいい時の感じがなんとなく感じられる曲ですよね。これなんかは去年の年末から今もそうですけど、BBCでかなりのヘヴィ・ローテーションなんですよね。

 

 

 ただ、全体聞くともっとダークでアグレッシヴです。特にこれなんてそうですね。

 

 

 これなんてエコー&ザ・バニーメンの曲のスピード上げてジョー・ストラマーが歌ったみたいですごくカッコいいんですよね。

 

 ただ、ここまでの力がありながら、注目されたのが遅れてしまったがために、アルバムは32位でしたけどね。ただ、レビューは絶賛続きでNMEで5つ星、ガーディアンで表紙になったことから、それで知名度が一気に上がっています。ピッチフォークでさえ7.5点付けて、メタクリティックで88点。すごいでしょ!

 

 

この感じだと、フェスのシーズンで注目されて、マーキュリー・プライズにノミネートの頃に改めてプロモーションかける感じになると思いますよ。

 

 

 

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 12:22
comments(0), trackbacks(0), - -
最新全英チャート

どうも。

 

 

こないだ公表したSpotifyの通年のプレイリスト、結構な人に利用いただいていて嬉しいです。毎日、新曲を足したり、あるいは引いたりすることが楽しくなります。今週はジャック・ホワイトとかカミーラ・カベーロとか足したりしましたけど、僕の今のいちばんのオシはイギリスのシェイムってデビュー・アルバム出したばかりのバンドだったりします。

 

 

では、全英チャート、行きましょう。

 

 

SINGLES

1(1)Perfect/Ed Sheeran

2(2)River/Eminem feat Ed Sheeran

3(4)Anywhere/Rita Ora

4(8)Barking/Ramz

5(6)I Miss You/Clean Bandits feat Julia Michaels

6(10)Let You Know/NF

7(-)Finesse/Bruno Mars feat Cardi B

8(7)17/MK

9(3)Man's Not Hot/Big Shaq

10(15)I Know You/Craig David feat Bastille

 

 

トップ10内への初登場が2曲ですね。一つはこないだ紹介したブルーノ・マーズとカーディBのコラボですね。そしてもう一つが、バスティールをフィーチャーしたクレイグ・デイヴィッドのニュー・シングル。クレイグ、完全復活ですね。

 

 

では、アルバムに行きましょう。

 

 

ALBUMS

1(4)The Greatest Showman

2(1)÷/Ed Sheeran

3(2)The Thrill Of It All/Sam Smith

4(3)Human/Rag N Bone Man

5(5)Revival/Eminem

6(6)Together Again/Michael Ball&Alfie Boe

7(7)Beautiful Trauma/P!NK

8(8)Reputation/Taylor Swift

9(9)The Architect/Paloma Faith

10(12)Glory Days/Little Mix

 

 

「グレイテスト・ショーマン」、世界的に強いですね。子供ウケはしてると思いますけどね、あの曲調だと。ただ、古くさくなるのもすごく早い気がしますけど。

 

author:沢田太陽, category:全英チャート, 11:56
comments(0), trackbacks(0), - -